• 分譲マンション
  • 神奈川県横浜市西区
  • 丸紅

住宅ライターの「グランスイート横濱 翠の丘」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > グランスイート横濱 翠の丘 > 自転車で「横浜」駅へ!実際に乗って検証してみました
2016年10月28日

自転車で「横浜」駅へ!実際に乗って検証してみました

これまで、「グランスイート横濱 翠の丘」現地から「横浜」への路線バスや徒歩でのアクセスを紹介してきましたが、今回は自転車に乗って「横浜」駅へ向かってみようと思います。

時間を気にせずサッと乗って出かけられ、徒歩よりもスピーディな自転車は、日々の強い味方になってくれるかもしれません。
自転車で駅へ向かうルートや所要時間に加えて、駐輪場のことなどもレポートしたいと思います。

スイスイ走ってバス通りへ。天気がいい日は気持ちよく走れそう

自転車で「横浜」駅へ向かう際も、出発点は「グランスイート横濱 翠の丘」のノースエントランス。
マンションの駐輪場も、ノースエントランスから出入りしやすい位置に設けられるそうです。


▲前回紹介した徒歩ルートと同じ道を進んでいきます。
徒歩の場合、この先は階段を利用しましたが、今回は自転車のため、階段を通り過ぎて直進。

 

 


▲すると市営バスが通るルートと同じこちらの道に出ます。
真っすぐでとても走りやすい道!
時間帯(6時~22時)指定で一歩通行になる道なので、通勤時間帯は逆方向から走ってくる車に遭遇することがないのもいいですね。

「沢渡」バス停がある交差点まで来たら、右に曲がります。

 

 
▲するとこのような見晴らしのいい道に出ます。青い空が気持ちいいですね~。
次の交差点まで信号がないので、スイスイ進めました。

 

今回の取材では、横浜のコミュニティサイクル「ベイバイク」の電動アシスト付き小型自転車を利用しましたが、マンションから「横浜」駅へ向かう際には下り坂が多いので、アシストが必要だと感じた箇所はほとんどありませんでした。

帰り道(横浜駅からマンションへ)は、アシストがあった方が快適に走れそうだな、と思いました。

 
▲「沢渡」交差点を右に曲がると、「横浜」駅へと続く道路に出ます。
ここからは徒歩ルートと同じ道を進んでいくことになります。

歩道橋には自転車OKのエレベーターがあります。駐輪場もチェック!

さて、自転車で進んで行くとちょっと気になるのが「鶴屋町3丁目」交差点の歩道橋。
自転車を押して歩道橋を渡るのは少し大変かも……と思っていたのですが、実はこちらの歩道橋にはエレベーターが設置されており、なんと自転車も一緒に乗せることができるんです。

 

 エレベーター内
▲マンションから「鶴屋町3丁目」交差点までにかかった時間は3分59秒。
自転車なら約4分でここまで来られちゃうんですね。早い!

歩道橋のエレベーターは自転車も乗せられるようになっていて、西側のエレベーターの扉が前後両側に付いているので、乗ってから自転車の向きを変えることなく、そのまま直進する形で降りることができるんです。
これは楽だな~と思いました。

 

横浜駅西口第十自転車駐車場(駐輪場) 横浜駅西口第十自転車駐車場(駐輪場)
▲ちなみに、こちらの歩道橋の下は定期利用専用の自転車駐車場(駐輪場)になっていますから、ここに自転車を停めて、後は歩いて駅へ向かってもいいかもしれません。

 

南12出口前
▲エレベーターに乗った時間も含めて、「南12」出口まで来るのにかかった時間は6分6秒。
エントランスを出てから6分ちょっとでここまで来られますから、なかなか便利ですね!

歩道橋を利用しない迂回ルートも。みなとみらい方面へも行けます

また、「鶴屋町3丁目」交差点の歩道橋を利用せず、少し大回りをして「ジョイナス横浜」の「北6」出口の方へ向かうルートもあります。


▲上の地図の、緑のラインが歩道橋を利用するルート。
オレンジ色のラインが歩道橋を迂回するルートです。

 

 

 
▲環状1号線を少し走って、「横浜」駅西口へ向かいます。
このルートを通って「北6」出口の前に来るのにかかった時間は6分14秒。歩道橋を利用するのとほぼ変わらない時間でした。

 

環状1号線を通って「神奈川」駅の方へ回ると、みなとみらい方面へも自転車で行くことができます。
海辺をサイクリングできるのも横浜に暮らす醍醐味のひとつ。休日はみなとみらいへサイクリングに出かけてみるのも楽しそうですね。

 

これまでに、「グランスイート横濱 翠の丘」からは、路線バスの2つのルート(翠嵐高校前&三ツ沢総合グランド入口)、徒歩でも2ルートを歩いて「横浜」駅へ行ってみた私ですが、自転車が一番気軽な交通手段だったように思います。
乗るまでの待ち時間がなく、所要時間はバスと同程度ですから、時短を心がけたい方にもぴったりかもしれません。バスやタクシーに比べて経済的なのも嬉しいですね!

 

天気がいい日は自転車で、雨が降ったらバスで、お散歩気分が味わいたい時は徒歩で……など、ケースバイケースで使い分けてみても良さそうだと思いました。

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

PAGE TOP