• 分譲マンション
  • 神奈川県横浜市西区
  • 丸紅

住宅ライターの「グランスイート横濱 翠の丘」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > グランスイート横濱 翠の丘 > 「三ツ沢総合グランド入口」からのバス便をレポート
2016年10月07日

「三ツ沢総合グランド入口」からのバス便をレポート

DSC02060

前回の記事では、「グランスイート横濱 翠の丘」現地から徒歩1分の場所にある「翠嵐高校前」バス停からのアクセスについて紹介しましてが、今回は、徒歩6分の「三ツ沢総合グランド入口」バス停からについて紹介したいと思います。

「三ツ沢総合グランド入口」バス停は、発着するバスの本数が多いのが特徴。「横浜駅西口」バスターミナルからの深夜バスもあります。

現地からバス停まで歩いた際の所要時間などもレポートしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

バス停まで歩いてみました。ハイヒールでもOKの歩きやすい道です

まずは、再度「グランスイート横濱 翠の丘」と、利用できる2つのバス停の位置関係を見てみましょう。

「翠嵐高校前」バス停・「三ツ沢総合グランド入口」バス停 MAP
▲マンションに一番近いのは、前回の記事でレポートした「翠嵐高校前」バス停ですが、徒歩6分の「三ツ沢総合グランド入口」バス停も便利。
バス停までの道のりも、マンションのノースエントランスが面している道路を真っすぐ進み、バス停手前で右折するだけというシンプルなルートです。

 

では早速、「三ツ沢総合グランド入口」バス停まで実際に歩いて、徒歩分数や歩きやすさなどをチェック。

「三ツ沢総合グランド入口」バス停までの道のり 「三ツ沢総合グランド入口」バス停までの道のり

「三ツ沢総合グランド入口」バス停
▲「グランスイート横濱 翠の丘」のノースエントランスを出たら、右手に「横浜翠嵐高等学校」のフェンスを見つつ、閑静な住宅街の中を歩いていきます。
「三ツ沢公園」の前を右折すると、県道13号沿いに「三ツ沢総合グランド入口」バス停があります。

 

DSC02100
▲マンションから「三ツ沢総合グランド入口」バス停(横浜駅西口行き)までの所要時間は、女性の私の足で5分7秒でした。
急な坂道や階段などもなく、ハイヒールの靴でも歩きやすい道だと感じましたよ♪

 

ちなみに、逆方向のバス停は県道13号を挟んだ向かい側にあり、「グランスイート横濱 緑の丘」へ帰る際は、歩道橋を渡る形になります。

市営バスと相鉄バスが利用可能。通勤時間帯の本数の多さに注目!

「三ツ沢総合グランド入口」バス停は、バスの発着本数がとても多いのが特徴。

横浜市営バスの44・50・83・87・291系統と、相鉄バスの浜1・浜7・浜10・浜11・浜13系統が利用できるんです。
いろいろな系統のバスがこちらのバス停を経由するため、本数も多いんですね。

横浜市営バス「三ツ沢総合グランド入口」時刻表 相鉄バス「三ツ沢総合グランド入口」時刻表
▲横浜市営バスの時刻表(左)を見てみると、朝7時台は9本、8時台は8本のバスがあります。
相鉄バス(右)は、7時台に20本、8時台に19本。
つまり、7時台には合計29本、8時台には合計27本の「横浜駅西口」行きのバスが、こちらのバス停から発車することになります。

 

これだけ本数が多ければ、目の前でバスが発車してしまっても、少し待てばすぐ次のバスが来るといった感じで、時刻表いらずの快適さ。

普段はマンションからすぐの場所にある「翠嵐高校前」バス停から、市営バス(34系統)を利用し、乗り遅れてしまった場合や混雑が予想される日などは、少し歩いてこちらの「三ツ沢総合グランド入口」バス停を利用するというのもいいかもしれません。

横浜市営バスも相鉄バスも、「三ツ沢総合グランド入口」から「横浜駅西口」までのルートや料金は同じ(※)ですから、バスの系統を気にせず、来たバスにサッと乗れるというのも嬉しいポイントです。
(※大人片道220円・ICカード利用時216円。ただし定期券の共通利用は不可)


▲実際に「三ツ沢総合グランド入口」から「横浜駅西口」バスターミナルまで乗車してみたところ、乗車時間は6分51秒。約7分といったところでしょうか。
私が利用したのは平日の日中でしたが、特に渋滞もなく、スムーズに「横浜駅西口」まで来ることができました。

 

マンションからバス停までの徒歩分数と合わせても、15分以内で「横浜」駅に行けるということですね!
“ちょっとそこまで”の感覚で、「横浜」駅を利用できそうです。

バスターミナルは分かりやすい仕組み。深夜バスもあります

これだけ利用できる系統が多いと、帰りのバスのりばが複雑になってしまうのでは……? と思ったのですが、「横浜駅西口」バスターミナルののりばはとても分かりやすく、初心者の私でも利用しやすかったのが好印象でした。

横浜駅西口バスのりば 横浜駅西口 6~10番バスのりば
▲「三ツ沢総合グランド入口」を通るバスは、横浜市営バス・相鉄バス合わせて全11系統あり、バスのりばも3番・6~10番のりばと複数に分かれています。
ただ、6~10番のりばは同じ通路上にあるので、「今どこにバスが来ているか」がすぐに分かり、のりば間の移動も楽々。
バスの乗り間違えも起りにくく、親切な配置になっているな~と思いました。

 

さらに、「横浜駅西口」から「三ツ沢総合グランド入口」までは、深夜バスも運行されています。

横浜駅西口 深夜バス 深夜バス
▲深夜バスは「横浜駅西口」バスターミナルの16番のりば(エキニア前)から発車します。
毎週月~金曜の23:43発、「三ツ沢総合グランド入口」着は24:08となっており、料金は440円(ICカード利用時432円)です。

 

残業や飲み会などで遅くなってしまった時も、深夜バスが利用できると、安心感がありますね!

 

次回は、「横浜」駅の利便性を“交通アクセス”と“商業施設”の面から再チェックしてみたいと思います。
どうぞお楽しみに。

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

PAGE TOP