• 分譲マンション
  • 東京都品川区東品川
  • 積水ハウス

住宅ライターの「グランドメゾン品川シーサイドの杜」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > グランドメゾン品川シーサイドの杜 > バスで白金・目黒エリアへも直行! 週末のお出かけにも利用できそう
2017年09月24日

バスで白金・目黒エリアへも直行! 週末のお出かけにも利用できそう

前回の記事では、「グランドメゾン品川シーサイドの杜」から徒歩1分の場所にある「都立八潮高校前」バス停から、「品川」駅方面へ路線バスに乗って向かってみました。
新幹線が利用でき、羽田空港へのアクセスも便利なターミナル駅へバス1本で行ける便利さを実感しましたが、今回は「品93系統(目黒駅前行き)」のバスに乗り、JR「目黒」駅方面や、途中の白金エリアへ遊びに行ってみたいと思います。

通勤時間帯だけでなく、日中の本数も多い「品93系統」のバス

 
▲利用するのは、前回も乗車した「都立八潮高校前」バス停。
「目黒駅前」行きの「品93系統」に乗ります。

 

「品93系統」の目黒駅前行きは、平日の朝7~8時台は6~8分間隔で運行していますが、日中や土日でも、約10分間隔でバスがあります。
ショッピングやグルメを楽しみに出かける際も、不便さを感じなくて済みそうです。

 
▲今回は、「都立八潮高校前」から「目黒駅前」までの所要時間を計測してみたいと思います。

 

乗車したのは、日曜日のお昼ごろ。ちょっと遊びに出かけるのにちょうどいい時間帯といったところでしょうか。

思いのほか乗客数も多く、立っている方もいらっしゃいましたが、途中の「品川駅高輪口」でたくさんの方が下車。
そこからは空席もあるくらいの状況でした。

 
▲「目黒駅前」までの所要時間は28分29秒。
電車を利用すると、「品川シーサイド」駅から「目黒」駅までは乗車9分(東京臨海高速鉄道りんかい線利用、「大崎」駅でJR山手線に乗り換え)ですから、マンションから駅までの徒歩分数を含めても、早さを重視する場合は電車を利用した方がいいかもしれませんね。

 

 

 
▲「目黒駅前」バス停は、JR「目黒駅」の東口側にあります。
「目黒」駅には生鮮食品からスイーツ、ファッション、雑貨のお店などが揃う駅ビル「アトレ目黒」が隣接していて、ショッピングに便利。
2017年3月にオープンしたばかりのインテリアショップ「ニトリ」が入っています。
お馴染みの緑色ではなく、シックな色彩の外観が印象的。食器や家具、カーテンなどがリーズナブルな価格で手に入ります。

目黒通りを挟んだ南側には、「成城石井」や洋菓子店の「ダロワイヨ」、「タリーズコーヒー」などが入る別館の「アトレ目黒2」も。

 

また、「目黒」駅周辺は、グルメスポットとしても人気のエリア。
西口から80mほど歩くと権之助坂に差し掛かりますが、ここは小さめの飲食店が立ち並ぶグルメストリートでもあります。

 
▲権之助坂は“ラーメン激戦区”としても知られていて、お昼どきには行列ができているお店が何軒も。

 

 
▲行列ができるのはラーメン店だけではありません。
「目黒」駅に近い場所にあるフルーツパーラー「果実園リーベル」も、お店の前にいつも長蛇の列ができている有名店。
フルーツパフェや季節のフルーツミックスパンケーキ、フルーツサンドなどが評判で、各種メディアにも取り上げられています。

 

権之助坂を下りきると、目黒川があります。
目黒川といえば両岸を埋め尽くす桜が有名ですが、緑に覆われた夏の目黒川もまた違った風情で、良いものだなと感じました。


▲お花見スポットでもある「目黒新橋」からの眺め。
鮮やかな緑と川面のコントラストが綺麗で、いつまでも眺めていられそうでした。
権之助坂でグルメを楽しんだ後、目黒川沿いをお散歩してみるのも気持ちが良さそう!

プラチナ通りに近い「白金台五丁目」バス停も通ります

今回乗車した「品93系統」のバスは、終点は「目黒駅前」ですが、「白金台駅前」バス停や「白金台五丁目」バス停も通ります。
白金周辺のおしゃれなお店やレストラン、カフェなどを巡るのにも便利なんですよ。

 
▲「白金台五丁目」バス停で降り、目黒通りに沿って東へ100mほどのところに「白金台」交差点があります。
そこから北へ延びる道が「外苑西通り」なのですが、この道は「白金=プラチナ」にちなんで通称「プラチナ通り」と呼ばれています。

 

「プラチナ通り」は、イチョウ並木沿いに素敵なお店が立ち並ぶ洗練された雰囲気。


▲「白金台」交差点から「プラチナ通り」を眺めると大きなイチョウ並木が。
秋になると通り全体が黄色く色付いたようになり、また違った印象になります。

 

「プラチナ通り」沿いに並でいるのは、外観に緑を配していることが多く、街に馴染みつつもセンスの良さを感じさせるお店ばかり。
一見して敷居が高そうに見えるお店もありますが、ランチタイムやティータイムはリーズナブルなメニューが用意されていることもあり、気軽に入れるところも多いんですよ。

 

  
▲オープンテラスがあったり、一軒家風の贅沢な造りだったり、パッと目を惹くポップな色使いだったり……お店の外観もさまざまで、歩いているだけでも楽しい「プラチナ通り」。
ちょっとおしゃれをして歩くと、なんだか自分もこの街並みの一部になったような、心弾むひとときが味わえます。

 

 
▲洋風のお店ばかりではなく、和食の名店もあるのが白金の素敵なところ。
野菜鮨で人気のお店や、行列ができるお蕎麦屋さんなど、大人が楽しめるお店が揃います。

 

「プラチナ通り」は、一歩入った路地裏にも素敵なお店を見つけることができます。
隠れ家的なお気に入りを見つけてみるのも楽しそうですね。

 

また、白金エリアには「東京都庭園美術館」や「国立科学博物館附属自然教育園」といった、自然と調和した文化施設もあります。

 
▲古くは、武家屋敷や宮邸であった歴史を持つ「東京都庭園美術館」や「国立科学博物館附属自然教育園」。
現在では、貴重な建造物や、自然環境、美術品などに親しめるスポットとして公開されています。
ショッピングやグルメと一緒に、また、身近にある学びの場としても活用できそうですね。
(「東京都庭園美術館」は改修工事のため2017年11月中旬(予定)まで全面休館中です)

 

JR「目黒」駅へも、白金エリアへも、バス一本で行けると、暮らしの幅が広がりそう。
通勤や通学にはもちろん、休日のショッピングやレジャーに、路線バスを利用してみてもいいかもしれませんね。

※掲載の写真は2017年9月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP