• 分譲マンション
  • 東京都品川区東品川
  • 積水ハウス

住宅ライターの「グランドメゾン品川シーサイドの杜」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > グランドメゾン品川シーサイドの杜 > 安くて新鮮な魚や、おしゃれなスイーツも買える!青物横丁エリアの商店街をレポート
2017年06月30日

安くて新鮮な魚や、おしゃれなスイーツも買える!青物横丁エリアの商店街をレポート

現地から徒歩3分の場所に「イオン品川シーサイド店」や「品川シーサイドフォレスト オーバルガーデン」があり、買い物には事欠かない印象の「グランドメゾン品川シーサイドの杜」ですが、青物横丁エリアに広がる商店街も、日常のショッピングスポットとして利用価値が高いんです。

今回の記事では、昔ながらの味わいや人情味もありつつ、イマドキのニーズにもぴったりなお店もそろう「青物横丁商店街」をレポートしたいと思います。

ジュネーヴ平和通りと旧東海道は、ショッピングストリートでもあります

京急本線「青物横丁」駅から、「グランドメゾン品川シーサイドの杜」への帰り道でもあるジュネーヴ平和通りと交差する旧東海道沿いには、生活に密着したさまざまなお店が建ち並んでいます。


▲ジュネーヴ平和通りのお店については以前の記事でも紹介したので、今回は旧東海道を中心にレポートしたいと思います。
旧東海道には、「青物横丁商店会」のほか、「品川宿場通り商会」、さらに「新馬場」駅方面へ歩くと「北品川商店街」が繋がっていて、お店の種類も数も、かなりの充実度なんですよ。

魚屋や花屋、金物屋、自転車店など、頼れる専門店があります


▲旧東海道はあまり道幅の広くない道路ですが、その分車通りが少なく、のんびりと買い物を楽しみながら歩けます。
駅やオフィスビルへ急ぐサラリーマンの方などはジュネーヴ平和通り、食事や買い物をする方は旧東海道と、道行く人の雰囲気が少し違うように感じました。

 

大型スーパーやショッピングモールももちろん便利ですが、地域密着型の商店街のいいところは、専門店ならではの商品が買えたり、びっくりするような掘り出し物にも出会えること。
レジに並んだり、店内をあちこち歩き回る必要がなく、必要なものだけをサッと買える便利さもポイントですね。

魚富士 魚富士
▲たとえば、いつ訪れても大賑わいの人気店「魚富士」。
店内には、スーパーではなかなかお目にかかれないような、新鮮でちょっと珍しい魚が所狭しと並んでいます。
私が購入したクロダイは1匹200円、ホウボウは2匹で200円、生ホタルイカは1パック300円という安さでした。
他にも、ヒラマサやタチウオ、マコガレイといった鮮魚がズラリ。三枚おろしなどの下処理もしてもらえますよ。

 

ヒロセ花店

木庭印房 井川自転車店
▲品質のいい切り花や鉢植えが手に入る「ヒロセ花店(写真上)や、明治40年創業で、手彫りの印鑑を作ってくれる「木庭印房(写真左下)」、修理や部品の取り寄せにも対応してくれる「井川自転車店(写真右下)」など、昔ながらの専門店も軒を連ねます。

こういった商店街での買い物は、店員さんやお店の常連さんとの交流も楽しみのひとつ。
店員さんの専門知識も豊富なので「これはこうやって料理するといいよ」とか「こうやって使うと長持ちするよ」と、気さくに教えてもらえるんですよね。
(私も、電動自転車のバッテリーを長持ちさせるコツは地元の自転車屋さんに教えてもらいました!・笑)

 

また、旧東海道にある複数の商店街では、毎年9月に開催される「しながわ宿場まつり」や、新春の獅子舞、ハロウィンのキッズパレードなど、季節ごとのイベントも開催しています。
お友達や家族と一緒に参加してみても楽しそうですね。

手土産にもなるスイーツや、名店ゆかりのパンも買えちゃいます

そんな昔ながらの商店街の中にも、おしゃれな雰囲気のお店があり、「やっぱり、さすが品川だなぁ」と感じます。

Les Cinq Epices(レ サンク エピス)
▲こちらはスイーツ店の「Les Cinq Epices(レ サンク エピス)」。
見た目も味も素敵なケーキは、テイクアウトはもちろん、店内のイートインスペースで食べることもできます。
ジュネーヴ平和通りにあるイタリアンレストラン「KOUJI cordiale(コージコルディアーレ)」の姉妹店で、イタリアンのお惣菜を販売しているコーナーも。

 

La vie en Claire(ラヴィアン クレール)

La vie en Claire(ラヴィアン クレール) La vie en Claire(ラヴィアン クレール)
▲天然酵母を使用したこだわりのパンが買える「La vie en Claire(ラヴィアン クレール)」。目移りしてしまいそうなくらい、華やかで美味しそうなパンが並んでいます。
こちらのチーフシェフは、あのフランス菓子の名店「ダロワイヨ」出身なのだとか。デニッシュやクロワッサンのサクサク感と豊かなバターの風味は、一度食べたらやみつきになりそう!

la fée claire (ラフェクレール)

la fée claire (ラフェクレール) la fée claire (ラフェクレール)
▲洋菓子店の「la fée claire (ラフェクレール)」でも、可愛いケーキや焼き菓子が手に入ります。
いろんな表情をした「品くまくんクッキー」や、「品川ロールケーキ」などの“ご当地スイーツ”もありますから、手土産にもできそうですね。

 

この他にも、靴、傘、時計などの専門店や、多種多様な飲食店などもそろっています。

ローソンストア100 青物横丁店 ローソンストア100 青物横丁店

ツルハドラッグ 品川店
▲コンビニやドラッグストアもあるので、日用品や化粧品、医薬品の買い物もできますよ。

 

次回は、青物横丁エリアで歴史探訪を楽しんでみたいと思います。どうぞお楽しみに!

※掲載の写真は、すべて2017年6月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP