• 分譲マンション
  • 愛知県岡崎市
  • 三交不動産・長谷工コーポレーション・住友林業

住宅ライターの「グリーンゲートレジデンス」取材レポート

五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

そのうちTOP > グリーンゲートレジデンス > マンションからお城も花火も楽しめる! 「岡崎城下家康公夏祭り 花火大会」に行ってきました
2018年08月17日

マンションからお城も花火も楽しめる! 「岡崎城下家康公夏祭り 花火大会」に行ってきました

毎年8月第1週の土曜日に開催される岡崎の花火大会…といえば、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

元は、江戸時代に行われていた菅生神社の祭礼であり、現在は「岡崎城下家康公夏祭り」と相まって、三河花火の技が集結した全国でも有名な大花火大会になっています。
昨年(2017年)は、45万人以上の人が訪れたそうですよ。

そんな大人気の花火が、【グリーンゲートレジデンス】からもバッチリ観ることができる!という情報を聞きつけ、張り切っていってきました!

会場から見上げる花火は、さすがの大迫力!

今年(2018年)は、8月4日(土)に開催された「岡崎城下家康公夏祭り 花火大会」。
三河、いや全国屈指のこの花火大会の魅力は、なんと言ってもそのロケーションの良さとバラエティに富んだ花火たちではないでしょうか?
会場となるのは、岡崎城のすぐ足下を流れる乙川(殿橋下流)と矢作川の河畔。
ライトアップされたお城と花火はとても絵になり、「岡崎の夏」を心から楽しめますよ!


▲私が会場についたのは、花火打ち上げ開始前の18:30頃。
殿橋周辺には多くの屋台が立ち並び、たくさんの人がお祭りの雰囲気を楽しんでいました。


▲花火の打ち上げ開始は、まだ空が少し明るい18:55~。2時間ほどの間に、仕掛け花火や地元の花火師たちによる百花園コンクール、金魚花火、銀滝、各種スターマイン…など、様々な花火が次々に打ち上げられます。

会場から、間近で観る花火は、色・形・音がどれも大迫力で感じられ、お祭りの雰囲気や沢山の人たちの歓声とともに花火を楽しむことができました。

北側にバルコニーのある「Dタイプ」なら、お部屋から花火が楽しめる!

まだまだ花火の打ち上げが続く会場を後にして、【グリーンゲートレジデンス】にやってきました。

賑やかな会場で楽しむ花火も良いですが、場所取りや電車・駐車場・道路の混雑…など、大変なことが多いのも正直なところ。
そうするとやっぱり、自宅という「自分だけの特等席」から、のんびりとビール片手に花火鑑賞というのも憧れます!


▲特別に14階のDタイプのお部屋から花火を見学させてもらいました!
Dタイプの洋室(1)には北側にバルコニーがついているので、そこからこんなに綺麗に花火を楽しむことができるんです♪ 打ち上げ音もばっちり会場から届くので、花火の迫力をそのままお部屋でも楽しむことができますよ。

 
▲写真左:ライトアップされた岡崎城や、会場では遠くからなかなか見づらい水上花火なども楽しめるのは上層階ならでは♪
写真右:15階の共用階段に出てみると、矢作川の方で上がる花火も観ることができました。

5階からでも花火鑑賞可能!お友だちと楽しむのも◎。

上層階からの花火の眺めをご紹介しましたが、「花火が見えるのって、やっぱり上の階からだけでしょう?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、5階に移動して、先ほどと同じくDタイプの北側バルコニーから花火を見てみると…

▲とっても綺麗に見えました!
賑やかな会場から離れて、静かに目の前に広がる花火を眺めていると、本当に“特等席”だなぁ~と。
毎年の花火大会が待ち遠しくなってしまいそうです。

さらに、1人やご家族だけで花火を楽しむのも良いですが、私がいいな~と思ったのは、こちら。


▲バルコニーからマンションの駐車場を見ると、なにやら沢山の人だかりが!
住民の皆さんがレジャーシートや折りたたみ椅子などを広げて、花火鑑賞を楽しんでいらっしゃいました。
楽しげな子どもたちの歓声が沢山聞こえてきていましたよ♪

非日常の雰囲気の中、同じマンションに住むお友だちと感想などを言い合いながら、次々と打ち上げられる花火を愛でるなんて、なんて贅沢な時間!
夏休みの思い出の作文や絵に書きたくなっちゃうくらい(笑)とっても素敵な思い出になりそうですよね。
 

こうして、花火大会が終了したのは21時頃。
自宅マンションから花火を鑑賞することができれば、電車や道の混雑の心配がなく、そのまますぐにお部屋に入って寝ることができますし、小さなお子さんがいるご家庭でも人混みの中で迷子になってしまう心配もありません。
さらに、花火大会中に暑いな~と思ったら、すぐにクーラーの効いたお部屋の中に入ることもできますね。

こんな素敵な花火大会を楽しむことができる【グリーンゲートレジデンス】が、とても羨ましく思いました。

掲載の写真は、すべて2018年8月に撮影したものです。
五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

出版社勤務時代は数々の女性誌やweb編集に携わる。
流行りものが好きで、もちろん住宅にも興味あり!
様々な業界でフリーのエディター&ライターとして幅広く活動中。

PAGE TOP