• 分譲マンション
  • 愛知県岡崎市
  • 三交不動産・長谷工コーポレーション・住友林業

住宅ライターの「グリーンゲートレジデンス」取材レポート

五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

そのうちTOP > グリーンゲートレジデンス > 棟内(建物内)モデルルームがオープン!人気の設備仕様をくまなくチェック!!
2018年05月14日

棟内(建物内)モデルルームがオープン!人気の設備仕様をくまなくチェック!!

【グリーンゲートレジデンス】の5つの棟を締めくくる「ブライトウイング」。
こちらの棟内モデルルームが先月末にOPENしました!
実際のお部屋を見学することができる棟内モデルルームは、広さや間取りの使い勝手など、
お部屋の”リアルな長所”を体感するにはうってつけ!

今回は、現在公開中の1階の3タイプの棟内モデルルームのうち、「E-D’g」タイプのお部屋をご紹介したいと思います。

子育てファミリーにピッタリ!
余裕の広さとたっぷりの収納を兼ね備えた「E-D'gタイプ」

子育てをしていると、なにかと子どもを優先した生活になりがちなもの。
間取りもそうで、子ども部屋を確保するために書斎や趣味のお部屋を諦める…なんてこともありがちですよね。
そんな時、プラス1のお部屋や十分な収納があるととっても便利です。


▲こちらは今回ご紹介する、棟内モデルルームにも使用されている「E-D’g」タイプの間取り図。
4LDK/92.70㎡(※トランクルーム面積0.43㎡含む)、バルコニー面積/15.20㎡、アルコーブ面積/3.23㎡とファミリーで住むのに十分な広さが確保されています。

※1階住戸以外の「E-D’タイプ」はバルコニー面積/21.17㎡、アルコーブ面積/7.51㎡になります。


▲リビング・ダイニングは優しい色合いの家具でまとめられ、明るく落ち着いた雰囲気。
カウンターキッチンなので、お料理をしながらでもリビングで過ごす家族とコミュニケーションが取れ、たくさんの会話が生まれそうですね。

こちらの「E-D’g」タイプはリビング・ダイニングのほか、洋室が4つもある4LDK。
間取り図を見ているだけだと、「何のお部屋にしようかな?」なんて迷ってしまいそうですが、モデルルームのコーディネートを見ると、空間の使い方のイメージも具体的になりますよ。


▲洋室(4)は子ども部屋にコーディネートされていました。キッチンからも近いので、家事をしながら子どもたちが勉強や遊んでいる様子を見ることができるのも良いですよね。
リビング・ダイニングと洋室(4)は引き戸で簡単に仕切ることもできるので、テスト前などで勉強に集中させたい時やお子さんが成長して“自分だけのお部屋”を持ちたくなったときなどは、引き戸を閉めて個室として使うことができる点も嬉しいポイント。

さらに洋室(1)を主寝室に、洋室(2)を子どもの寝室にしても…4LDKなのでまだ1部屋の余裕があります!

▲こちらのモデルルームでは、書斎にコーディネートされていました。
子育てを頑張る日々の中で、こんな風にほっと一息つける自分のお部屋を1つ確保できるのもいいですよね。

使い勝手の良いたっぷりの収納で、お部屋をスッキリ広く使う!

家族の人数が多いと、どうしても物が増えてしまいがち。特に小さなお子さんがいるご家庭では、おもちゃや子ども用の家具、お洋服に幼稚園や学校で作ってきた工作などなど…とにかく物が増えていくんですよね。

こちらのお部屋には、それらをスッキリとしまっておけそうな収納がきちんと各部屋に用意されています。


▲先ほどの間取り図の収納部分を分かりやすく赤色で囲ってみました。
リビング・ダイニングのほか4つのお部屋にもそれぞれきちんと収納が設けられていますね!

お部屋に収納がなく、あとでタンスなどを買ってきて置く…ということになると、これが意外とスペースをとったりするもの。あらかじめお部屋に収納が用意されていると、空間を広く使えることにも繋がりますよ♪

 
▲洋室(1)だけでなく、洋室(2)にも、たくさんの洋服などをしまうことができるウォークインクロゼットが設置。
ハンガーパイプのほか、可動式の棚も設置されているので、常時使うもの・あまり使わないものを区別して、しまう場所をきちんと決めて収納できそうですね。

 


▲リビング・ダイニングと廊下にもこの通り、物入れ(写真左)とマルチクローク(写真右)が。
それぞれ十分な奥行きが確保されているだけでなく、マルチクロークは2枚の棚板で高さのほかに奥行きも調整することができるようになっています。
マルチクロークの中には網カゴや、足下には引き出し(写真下)もありましたよ。

さまざまな種類の収納がお部屋の適材適所に設けられているので、
家族が増えて物が増えても、使いやすい場所を考えてスッキリ収納して暮らすことができそうだと感じました!

快適性とエコを兼ね備えたキッチンで毎日のお料理も楽しくなる♪

エコロジー&エコノミーな生活スタイルを重視している【グリーンゲートレジデンス】では、「オール電化」が採用されています。
IHクッキングヒーターは火を使わないので小さなお子さんがいるご家庭にも安心でありながら、しっかりとお料理ができるパワフルな火力を持ち合わせているんですよ♪


▲ガスコンロのハイパワーと同等の200ボルトのパワーを持つIHクッキングヒーター。お湯もあっという間に沸かすことができるそうですよ!
ガスコンロと違ってトップブレードもフラットでお手入れがしやすいだけでなく、火力調整もスイッチで簡単にすることができるので、IHクッキングヒーターでその快適さを実感してしまうと、もうガスコンロには戻れなくなってしまうかも…。


▲シンクには、キッチンの排水溝内に生ゴミを入れてスイッチを入れるだけで、その場で生ゴミを粉砕・下水道に流すことができる「ディスポーザー」が標準装備されています。 生ゴミ処理の必要がなく、シンクに三角コーナーを置く必要もなくなり、ゴミの量も減らせて環境にもやさしい!
これは、すでに入居されている方々にも「あって良かった!」と大好評の設備だそうですよ。

 

いかがでしたか?
将来を見据えた間取りの使いやすさから、収納の充実度、人気の設備仕様まで、棟内モデルルームではチェックしたいポイントがたくさん!

今回ご紹介しきれなかった他の2タイプのモデルルームでは、「E-D‘g」タイプとは全く違ったコーディネートのお部屋や面白い間取りのお部屋も見ることができますので、
ぜひ皆さんもお出かけして、自分たちにピッタリのお部屋を見つけてみてくださいね。

次回は、【グリーンゲートレジデンス】の入居者の方々がみんなで利用できる、人気の共用施設をレポートします。お楽しみに。

※掲載の写真、情報は2018年4月取材時のものです。
五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

出版社勤務時代は数々の女性誌やweb編集に携わる。
流行りものが好きで、もちろん住宅にも興味あり!
様々な業界でフリーのエディター&ライターとして幅広く活動中。

PAGE TOP