• 分譲マンション
  • 愛知県岡崎市
  • 三交不動産・長谷工コーポレーション・住友林業

住宅ライターの「グリーンゲートレジデンス」取材レポート

五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

そのうちTOP > グリーンゲートレジデンス > 便利をシェア!充実の共用施設で、リッチ&合理的な暮らし
2015年12月25日

便利をシェア!充実の共用施設で、リッチ&合理的な暮らし

2ggr-kyouyou (88) 3ggr-kyouyou (153)

 

グリーンゲートレジデンスの取材に訪れて、他のマンションと圧倒的な違いを感じているのが、共用施設の充実度。
荘厳さを感じるほどのスケールを誇るメインエントランス、広々としたラウンジ、緑豊かな中庭「グランドガーデン」。そして子育てや生活に役立つ「スタディルーム」「キッズルーム」「パーティールーム」といった専用ルームも備えられています。

単なる集合住宅を超え、憩う、集う、遊ぶ、学ぶ、買う、などの“街の機能”も取り込んだマンションだからこそ、家の中はスリム化することも可能。
『書斎やゲストルームは「家の外、マンションの中」に確保し、その分リビングを広々使う』など、合理的な住まい方ができるのも魅力です。

そんな共用施設を、一部ご紹介しましょう!

上写真・・・・・※メインエントランスとクリスマスイルミネーションの様子

子育てファミリーを強力サポート!キッズ&パーティールーム

まずご紹介したいのが、パーティールーム。
お子さんの誕生日会などで、とても重宝しそうです。ママ同士で、得意料理の持ち寄り会や教え合いをしても楽しいかもしれませんね。

4ggr-kyouyou (96)
▲広い室内に、ビビッドなカラーのキッチン&チェアが印象的です。
この季節はクリスマス会や鍋パーティーで盛り上がりそう。また、窓を開け放つとグランドガーデンに出られるので、暖かいシーズンはオープンエア感覚で過ごせます。

5ggr-kyouyou (105) 6ggr-kyouyou (98)  
▲キッチンには、備え付けの食器や調理器具があるので、食材以外は手ぶらでOK。
誰かの自宅へ行くとなると、ホスト役は忙しく、お邪魔する側は手を貸しづらく・・・ということになりがちですが、こうしたパーティールームならみんなで気兼ねなく作業を分担することができます。
みんなでワイワイやると、調理や片付けの時間も楽しいから不思議!

そしてこちらの「キッズルーム」も、子育てママの強い味方。
雨で外へ遊びに行けない日も、ここへ遊びにくることができます。
未就園の小さい子も、マンション内でお友達ができるかもしれませんね。

7ggr-kyouyou (139)
▲クッション性のあるプレイスペースだから小さい子も安心。ベンダー(自動販売機)やテーブルもあって、ちょっと休憩したり絵本を読んだり、落ち着いた時間をすごすこともできます。
※写真撮影をご了承くださった皆様、ありがとうございました!

8DSC03292 9DSC03290  
▲さらに来春、キッズルームに隣接して完成するのが「キッズガーデン」。(写真右・・・・・キッズガーデン完成予想CGの一部を撮影したもの)
緑に囲まれたスペースに、カラフルなすべり台付き遊具が誕生します。マンションから徒歩1分(約10m!)の場所にも「座生公園」がありますが、敷地内でも外遊びが楽しめるんです。

子どもが小さいうちは、自宅で母子二人きりの時間が多くなりがちですが
マンション内にこんな場所があると、楽しく気分転換もできて良いですね。

ゲストのおもてなしに!ゲストルームとカフェラウンジ

さて来客時に心強いのが、ゲストルームとカフェラウンジ。
ゲストルームは和洋2タイプありますが、今回は洋室タイプを見学させていただきました。
セミダブルが2台と、ゆったりとしたつくりのツインルームです。

10ggr-kyouyou (127)
▲窓の外には緑が。気持ちの良い朝を迎えられそうです。

11ggr-kyouyou (129) 12DSC03282  
▲洋室タイプのゲストルームには、豪華なジャグジーバスが!非日常のひとときを楽しめそうですね。これなら、ゲストのみならずマンションに住んでいる方も、お泊り会をしたくなってしまうかも(笑)?

一泊していただいた翌朝は、カフェラウンジで待ち合わせてブランチというのもアリ。
爽快な吹き抜けの空間で、カフェサービスを利用することができるのです。

 
13ggr-kyouyou (108)

14ggr-kyouyou (115) 15ggr-kyouyou (113)
▲カフェラウンジはガラス張りになっていて、グランドガーデンを一望できます。

16ggr-kyouyou (110) 17ggr-kyouyou (109)  
▲カフェとミニストアの営業は10時から18時。クロワッサンには、なんとイズニ―のAOP発酵バターが使われているんですって。こだわりを感じます。

「うちに遊びにきて!」というとき、プライベート空間だけで出迎えるのではなく
共用施設をフル活用することで「グリーンゲートレジデンス」ならではのおもてなしができそう。
ゲストがびっくりすること、そして喜んでくれること間違いなしですね!

便利をシェア!「家の外・マンションの中」にあるから合理的なのです

「グリーンゲートレジデンス」には、その他にも多くの“みんなでシェアする空間や設備”が用意されています。

 
 
18ggr-kyouyou (136) 18ggr-kyouyou (119)

19ggr-kyouyou (146) 20ggr-kyouyou (145)
▲(左上)勉強や仕事に集中したいときにはスタディルーム。インターネットに接続することも可能です。
(右上)ジョイルームには、50インチの大型モニターが設置されています。
防音対策が施されているので、映画を迫力の大音量で鑑賞することも可能!ゲームもできます。
(左下)カーシェアリングが導入されている点も注目。
(右下)敷地内で使えるカート。大きなものや重いものを買ったときも、車から住戸までスイスイ運べます。

 

いかがですか?共用施設というとつい豪華さばかりに目がいってしまいますが、そんなステイタス感とともに「シェアすること」の合理性の高さもポイントです。

●自宅に書斎コーナーを持たずに、マンションのスタディルームを利用する
●2台目の車をやめて、カーシェアリングを利用する

など、ライフスタイルに合わせた最適な選択をすることも可能になります。

充実の共用施設という、大規模マンションでしか実現しづらいメリットを、ぜひ現地で体感してみてくださいね。

五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

出版社勤務時代は数々の女性誌やweb編集に携わる。
流行りものが好きで、もちろん住宅にも興味あり!
様々な業界でフリーのエディター&ライターとして幅広く活動中。

PAGE TOP