• 分譲マンション
  • 愛知県蒲郡市
  • エイディーノウビ

住宅ライターの「アルバックス蒲郡レジデンス」取材レポート

小林かほり

住宅ライター
小林かほり

そのうちTOP > アルバックス蒲郡レジデンス > あらかじめ採用されているから嬉しい!【アルバックス蒲郡レジデンス】の設備仕様に注目します
2019年07月29日

あらかじめ採用されているから嬉しい!【アルバックス蒲郡レジデンス】の設備仕様に注目します

以前のレポートでは、【アルバックス蒲郡レジデンス】に新たにオープンしたモデルルームをご紹介しましたが、
今回注目するのは、住まいの設備や仕様について。

キッチンやバスルーム(浴室)など、毎日使用する住まいの設備の充実度は、日々の暮らしの快適性にも繋がってきますから、「住まい選びをする際には重視したい!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自分で設備を設置しようとすると、何が必要か考えたり、多額の費用がかかったりと大変なことも…。
その点、新築分譲マンションには、“毎日の暮らしやすさ”を考えて、適材適所に最新の設備があらかじめ採用されているのも嬉しいポイントです。

それでは、【アルバックス蒲郡レジデンス】に採用されている設備仕様について
詳しくチェックしていきましょう!

「浴室暖房換気乾燥機」や「食器洗い乾燥機」「床暖房」など、年中通して快適に暮らすための設備が充実!

まずご紹介するのは、バスルームに設置されたこちらの「浴室暖房換気乾燥機」。
つい先日まで梅雨の雨続きで、なかなか洗濯物が干せずに困った…という方も多いのではないでしょうか?

 
▲写真左:「浴室暖房換気乾燥機」は寒い冬などに入浴前に浴室を温めておくことができるだけでなく、
乾燥機能を使って衣類乾燥もできるスグレモノ!!
梅雨や花粉の時期にもバスルームで洗濯物を干して乾燥させることができるので、年中通して大活躍しそうですね♪
写真右:浴槽には手すりも付いているので、足が不自由な方や年を重ねてからの入浴も安心ですよ。

 
続いてチェックするのは、家族団らんのスペースとなるリビング・ダイニング・キッチン。
キッチンには、ビルトインタイプの「食器洗い乾燥機」も設置されていました。


▲大容量の「食器洗い乾燥機」は家族みんなの食器をしっかりと洗い、乾燥まで行ってくれます。
家事の時短に繋がり、食器洗いの時間も家族団らんの時間に当てられそうですね♪
ビルトインタイプの食洗機は、卓上式と違って作業スペースが狭くなることがないのも良いと思います。

また、リビング・ダイニングの床には「床暖房」も設置。


▲床暖房には、寒い冬場などに足元から部屋全体をムラなく温めてくれるだけでなく、ハウスダストが舞ったり、部屋が乾燥することを防いでくれる効果もあるんですよ。

また鉄筋コンクリート造のマンションは、木造・軽量鉄骨造の住まいと比較して、断熱性・気密性に優れていると言われています。

 
▲バルコニーに面している窓には「複層ガラス」も採用されていて、さらにお部屋の断熱性をUP!
窓の結露も発生しにくくなっています。

お部屋の断熱性が高いと、室温が外気温の影響を受けにくくなるため、エアコンなどの冷暖房効率を高くすることにも繋がります。省エネ効果も期待しながら、夏は涼しく・冬は暖かく過ごせるなんて嬉しいですよね!

様々な設備を便利に使いこなすことで、年中通して快適に暮らすことができそうだと感じました♪

安全に暮らすための「セキュリティ性」を高める設備もチェック!

それから、安全に暮らすためにチェックしておきたい「セキュリティ」に役立つ設備についても注目してみましょう。

 
▲共用廊下に面した窓には、「可動ルーバー面格子」が設置。
昼間は開けて太陽の光や風を通し、お出かけ時や夜は閉める…のように使用することで、廊下を歩く人の気配が気になりにくく、セキュリティ性も高めることができます。


▲セキュリティ面では24時間管理システムの「アウル24」が採用されていることも大きなポイント!
火災時やガス漏れなどの非常時には、各住戸に設置されているリモコンから非常通報をすることが可能です。

一戸建ての住宅でもホームセキュリティを導入することはできますが、どうしても警備料金などのコストが割高になったりしてしまうもの。
マンションでも管理費は発生しますが、「アウル24」のようなシステムがあらかじめ導入されていることは大きな安心に繋がりそうです。


▲車を利用する方なら、“車のセキュリティ”を気にしている方もいらっしゃるのでは?
駐車場には「チェーンゲート」や防犯カメラも設置されているので、盗難などの心配も少なく済みますよ。

長く快適に暮らすために、こんな部分にも注目!

マンションの特徴の1つとして挙げられるのが、「お部屋の中に段差が少ない」こと。
階段などの目立った段差がなく、最近はバルコニーやバスルームもフラットな、バリアフリーに配慮されたマンションも増えてきました。

これから年を重ねて、将来的にもし、足腰が弱くなったり車椅子生活をすることになったりしたら…。
長く住む住まいだからこそ、そんな将来も見据えた上で検討をしたいですよね。


▲玄関から見ると、お部屋はこのようにフラットで、段差もほとんどありません。
料理・洗濯などの家事や、お出かけの準備といった全ての生活動作が同じフロアでできるので動線もスムーズ!忙しい毎日に時短が叶うのも嬉しいポイントになりそうです。

 
▲1階の共用スペースのメールコーナーには、大きな「宅配ボックス」も設置。
各住戸のノンタッチキーをかざすことで簡単に荷物を受け取ることができます。
日中お家に居ることが少ないご家庭や共働きの方でも、通販などを便利に利用できそうですね♪

 
いかがでしたか?
最新の充実した設備仕様があらかじめ備えられているのは、新築分譲マンションならではのポイント!
ぜひ、実際に現地を見学する際には、このような“細かな設備のポイント”にも目を向けてみてくださいね。

※掲載の写真は、2019年7月取材時のものです。
小林かほり

住宅ライター
小林かほり

地元名古屋での新生活を機に、その土地の良さ・町自慢などの取材にハマり、住宅ライターに。不動産内覧受付としても活動中。
「その街に住む人の目線」と「第三者の感性」を大切に、楽しくレポートします!

PAGE TOP