• 分譲マンション
  • 東京都新宿区
  • 阪急不動産

住宅ライターの「四谷津の守坂ツインプロジェクト」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > 四谷津の守坂ツインプロジェクト > 「四谷三丁目」駅からマンション現地までの道をレポート!
2016年03月04日

「四谷三丁目」駅からマンション現地までの道をレポート!

はじめまして。住宅ライターの熊谷です。

今日から新築分譲マンション「四谷津の守坂ツインプロジェクト」について、“第三者目線”で徹底レポートするサイトがスタートします。

「どんな雰囲気の街なの?」「近くにお買いものしやすいスーパーはある?」「自分たちに合った住戸選びのコツは?」……など、実際に現地やモデルルームに足を運ばないとなかなか分からない部分を、写真や図面を使いながらじっくりしっかりと解説していきますので、どうぞよろしくお願いします。

さて、連載第1回目となる今回は、「四谷津の守坂ツインプロジェクト」の最寄駅である東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」から現地までの道のりを紹介。

街並みや道の歩きやすさ、途中にどんなお店があるか、といったことに加え、実際にかかった分数もストップウォッチで計測してみたいと思います!

「四谷三丁目」駅の第一印象は、「何でもあって暮らしやすそう!」

「四谷津の守坂ツインプロジェクト」は、第一弾となる「ジオ四谷荒木町」と第二弾の「ジオ四谷三栄町」、2棟のマンション。
どちらも最寄駅は東京メトロ丸ノ内線の「四谷三丁目」駅で、「ジオ四谷荒木町」が徒歩5分、「ジオ四谷三栄町」が徒歩6分となっています。

それでは早速、「四谷三丁目」駅に行ってみましょう。

四谷三丁目駅

四谷三丁目駅の周辺 四谷三丁目駅の周辺
▲マンションの現地に一番近いのは、こちらの4番出口。
駅の周りをぐるっと見回してみると、「四谷消防署(消防博物館)」あり、スーパーの「丸正食品総本店」あり、カフェなどの飲食店やコンビニあり……と、さまざまな施設やお店が建ち並んでいて、便利そうな街! という印象です。

 

四谷のポジションをざっくり説明すると、“新宿駅と皇居のちょうど真ん中あたりに位置する街”。
山手線の内側ということもあり、実際に訪れる前は「都心すぎて、生活するのにはちょっと不便な場所なのでは……?」なんて思っていたのですが、そんな心配はいらなさそうですね!

徒歩分数を実測! フラットで歩きやすく、賑わいのある道です

「四谷三丁目」駅の4番出口を出たら、新宿通りを東方向(JR『四ツ谷』駅方向)へ歩いて行きます。

「ジオ四谷荒木町」徒歩ルート
▲「四谷三丁目」駅からマンション現地までの道のりは、このようなルートです。
公式サイトでは「ジオ四谷荒木町」まで「徒歩5分」となっていますが、歩幅の小さい女性の私でも、本当に5分で辿り着けるのでしょうか!?

 

新宿通り 新宿通り
▲こちらが新宿通り。
歩道の幅が広く、きちんと舗装されているので、ベビーカーや子連れでもゆったりと歩けそうだと感じました。
こういった大通りは夜間も明るさがあり、人通りや車通りも多いので、安心して帰宅できるのではないでしょうか。

 

新宿通り

新宿通り みずほ銀行四谷支店前 新宿通り 大角玉屋
▲新宿道路沿いには、コンビニや金融機関、和菓子屋さんなどがずらりと並んでいます。

ちなみに、「四谷三丁目」駅を出てすぐの場所にある「和菓子処 大角玉屋 四谷店」は、いちご大福の“元祖”として知られる和菓子屋さん。
創業から100年以上を数える老舗和菓子店の前を通って帰るなんて、ちょっと楽しいですね♪

 

新宿通りを真っすぐ歩いたら、「津の守坂入口」交差点を左折し、マンションが面する津の守坂通りに入ります。

津の守坂入口
▲角の「三菱東京UFJ銀行 四谷支店」が目印です。

こちらの「三菱東京UFJ銀行 四谷支店」のATMは平日・土日を問わず深夜24:00まで、先ほど前を通った「みずほ銀行 四谷支店」のATMは平日26:00まで(土曜は22:00、日・祝は~21:00まで)と、夜遅くまで営業していますから、残業帰りでも利用できますね。

 

津の守坂通り 津の守坂通り
▲こちらが津の守坂通り。
「坂」という名前が付いていますが、まだまだフラットな道が続きます。
ベーカリーカフェや郵便局などがあり、新宿通りと比べると穏やかな雰囲気の道です。

「津の守坂(つのかみざか)」という名前は、江戸時代、荒木町一帯に上屋敷を持っていた美濃国高須藩主・松平摂津守家(まつだいらせっつのかみけ)に由来しているそう。この津の守坂通りは、マンションの現地辺りを頂点にして、北へ向かって下り坂になっています。

その昔は大名のお屋敷があったエリアなんですね~。

 

実は、地下鉄の出口を出てからここまで、信号はゼロ!
信号待ちの時間ロスがないので、サクサク快適に歩くことができました。

「ジオ四谷荒木町」「ジオ四谷三栄町」現地
▲少し先に見えている白いフェンスのある場所が「ジオ四谷荒木町」と「ジオ四谷三栄町」の現地です。
都心部に建つマンションですが、明るさがあり、圧迫感の少ない立地という印象です。

 

さて、あっという間に現地に到着!

ストップウォッチのタイムを見てみると……

ジオ四谷荒木町 徒歩分数 ジオ四谷三栄町 徒歩分数
▲「ジオ四谷荒木町」までが4分05秒、信号をひとつ渡って「ジオ四谷三栄町」までは4分18秒という結果。

ハイヒールの靴を履き、道沿いのお店などを眺めながら歩いたのですが、それでも5分以内で駅から現地まで歩くことができちゃいました。

 

今回、「四谷三丁目」駅から実際に歩いてみた印象をまとめると、

★女性の足でも、「ジオ四谷荒木町」と「ジオ四谷三栄町」まで5分以内!
★急な坂などがなく、フラットで歩きやすい道
★コンビニや飲食店などがあるので、便利で夜も明るそう

……といったところです。

新宿通りは賑やかでしたが、現地が面している津の守坂通りに入るとぐんと静かになるのも印象的でした。

 

次回はこの現地から、今度はJR「四ツ谷」駅に向かって歩いてみたいと思います。
飲食店やお菓子屋さんに加え、クリーニング店やスーパー、100円ショップなど、生活に密着したお店もたくさん発見しましたよ!

どうぞお楽しみに♪

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

この記事を読んだ方へのオススメレポート
PAGE TOP