• 分譲マンション
  • 大阪市城東区
  • 名鉄不動産

住宅ライターの「グランメイツ関目」取材レポート

野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

そのうちTOP > グランメイツ関目 > ライフマネージャー(管理人さん)にインタビュー①
2018年03月23日

ライフマネージャー(管理人さん)にインタビュー①

既に多くのご家族が心地よい暮らしを謳歌されている【グランメイツ関目】ですが、
ご入居者の快適マンションライフをさまざまな面でサポートしているのが管理人さんです。

マンションによって管理人さんの勤務形態は異なるのですが、
一般的には、日勤・住込・巡回・無人(自主管理)などがあって
【グランメイツ関目】は、管理員さんが通勤して業務を行う日勤管理。

勤務時間が長く、丁寧にマンション管理をしていらっしゃいます。

※余談ですが、私の住むマンションは巡回管理。
管理人さんが複数のマンションを担当しながら決められた日数だけ勤務するスタイルです。
週3日(しかも半日ずつ)しか居ないので、すぐ解決したい用事がある時などは不便な場合も・・・

そんな管理人さんは、日々どんなお仕事をされているのでしょうか??

「ライフマネージャ」と呼ばれる管理人の浅村さんにお話を伺いました!

住む方の暮らしをサポートするライフマネージャー


▲【グランメイツ関目】の管理を行うのは名鉄コミュニティライフ株式会社。そして、株式会社長谷工コミュニティで優れた技術とコミュニケーション能力を身につけたライフマネージャーの方が管理人を務めています。同マンションの管理人はお二人いらっしゃるのですが、そのお一人である浅村さんにお話を伺いました!

Q:まずは、管理人さんのお仕事内容を伺います。
  いつ勤務されて、どんな業務をしていらっしゃるのですか?

A: 平日は朝9時~夕方5時で、お昼の12時~13時までが休憩時間。
   土・日曜日は朝9時~お昼12時までで、祝日は平日と同様に勤務しています。
  
   このマンションには2人のライフマネージャーがいて、
   日~火曜日が私、水~土曜日をもう一人が担当して、365日管理しています。

   仕事内容としては、
   朝出勤したら、まずはメールボックスを確認します。


▲こちらが同マンションのエントランスにある“壁面”メールボックス。とってもお洒落ですよね!!リーダーにキーをかざすと自宅メールボックスが開くスタイルになっています。ちなみに、宅配ボックスもここにあってスムーズに荷物を取り出すことができるんですよ。

 

   その後は、マンション敷地内の清掃や、植栽への水やりです。

   清掃を専門に行うクリーンスタッフも1名いて
   日曜以外の毎日、共用施設を中心に掃除をしているのですが、
   それに加えて、管理人の私たちも敷地内の清掃を行っています。


▲優雅なコミュニティサロン(集会スペース)もそうですが、同マンションはいつ訪れてもキレイ!!入居されているご家族の意識はもちろんのこと、ライフマネージャーさんやクリーンスタッフさんの管理で美しくキープされているのですね。

▲ご入居者が自由に使えるコミュニティサロンにはミニキッチンも。出たところ(エントランス内)にも上質なソファが置いてあってひと休みできます。

 

   ほかにも、各フロアの点検も日々行っています。
   必要に合わせて業者を手配したり、点検業務に立ち会うなどはもちろん、
   例えば、共用部の電球が切れていたら取り替えるなど
   細かな備品のチェックや対応などは私たちがしています。 
     
   ここには「ゴミ置場」もありますので、その掃除や整頓もしますよ。

 
▲建物北側の駐車スペース内に設けられた大きなゴミ置場。庫内は、普通ごみをはじめ容器包装・プラスチックや資源ごみ、ダンボールなど…入居者はお持ちの鍵で出入りして、分別したごみを出せるようになっています。

 

   もちろん、入居されているご家族の
   相談ごとなどを受ける窓口業務も行っています。

Q:管理人さんとして心掛けていることは何ですか?

A: まだ新しくキレイなマンションですからね。
   建物内は当然ですが、周囲もゴミのないよう注意を払っています。
 
   敷地内にたくさんの木々がありますから落葉の季節は掃除も大変ですが(笑)
   至るところに緑がある、植栽の豊かさがとても魅力的なマンションなので
   植栽の管理も含めて、建物や敷地の美しさを保てるように努めています。

  

 
▲浅村さんの仰る通り、“至るところに”植栽が施されている同マンション。四季の移ろいを緑からも感じられて心豊かに住まえるのではないでしょうか?自動散水や管理人さんのお掃除・水やりに加えて、季節毎に植木業者さんも入って肥料やりや剪定などの手入れが行われているんですって。

 

 
   若いご家族がたくさん暮らしていらっしゃるマンションで、小さいお子さんも多く、
 「いってきます」と声を掛けてくれたり「バイバイ♪」してくれるのも嬉しいものです。
   話しかけやすい、親しみのある管理人でいたいとも思っています。

「特に表玄関(建物南側)の植栽を眺めるのが好きですね。」と浅村さん。

豊かな植栽に彩られた【グランメイツ関目】は、
思わず見惚れる佇まいも魅力のマンションです。

いよいよ販売住戸も少なくなってきましたので、検討はどうぞお早目に!
春休み中の入居も可能ですから、お子さんの新学期にも間に合いますよ。

※掲載写真はすべて2018年3月撮影
野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

ラジオレポーター時代に“取材の面白さ”にハマり、フリーライターに。構成作家、住宅情報誌のライターとして活動中(かれこれウン年)。100以上の物件を取材した経験を基に楽しくレポート!
住宅ローンアドバイザーでもある。

PAGE TOP