• 分譲マンション
  • 大阪市城東区
  • 名鉄不動産

住宅ライターの「グランメイツ関目」取材レポート

森下 裕美子

住宅ライター
森下 裕美子

そのうちTOP > グランメイツ関目 > 家族で一日楽しめる「イオンモール鶴見緑地」
2016年12月29日

家族で一日楽しめる「イオンモール鶴見緑地」

1024px-AEON_MALL_Tsurumi_Ryokuchi3

食料品や日用品、有名ショップで衣料品のお買いもの。子どもたちとお出掛け・・・といった感じで、
休日に家族みんなで楽しめるのが大型ショッピングモール。
「グランメイツ関目」からも自転車で7分というほど近い場所に「イオンモール鶴見緑地」はあります。
※以下すべてイオンモール鶴見緑地・・・現地から約1,680m/2016年12月2日撮影

こちらでは小さなお子様がいても快適に過ごせるように、たくさんの工夫がされているそうです。
今回は、そんな「イオンモール鶴見緑地」をご紹介しましょう。

子どもたちにも嬉しいお店がいっぱい!

「イオンモール鶴見緑地」は2006年にオープンした、4階建てのショッピングモール。
  
「イオン鶴見緑地店」をメインに、イベントスペースや約650席もの広いフードコート、数多くの専門店があります。
その中でも今回は特に、お子様と一緒に楽しめるお店をご紹介しましょう。

05:ファサード1

まず最初にご紹介するのが、「トイザらス・ベビーザらス」。
玩具・こども用品の総合専門店「トイザらス」とベビー総合専門店「ベビーザらス」が一緒になった店舗で、
一度に両方でお買い物ができるのも魅力の一つ。「トイザらス・ベビーザらス」といえばたくさんの
おもちゃやベビー用品、キッズ・ファミリー向けの楽しい商品が置いてあるので、お子様や妊娠中の方、
赤ちゃんがいらっしゃるご家族にとっては夢のような空間ですね。

駄菓子店  館内画像(解像度低) (1)

その他にも「1丁目1番地」という昔なつかしの駄菓子屋さんなど、家族みんなで楽しめるお店や工夫がいっぱいありました。

お子様連れに配慮された充実の設備

3階にあるのが「KIDS FOREST キッズフォレスト」。
お子様が楽しめる遊び空間の中、ママが安心してゆっくり授乳できる設備です。ちなみにこの「KIDS FOREST キッズフォレスト」は「あそびと教育」のボーネルンドが監修しています。このようなところからも「イオンモール鶴見緑地」がお子様連れに配慮されていることが感じられるのではないでしょうか。

DSC_0030-690x461 

キッズレストスペース  DSC_0023-690x461

次に注目したのがフードコート。家族それぞれが食べたいものを買って、一緒に食べられるフードコートはお買い物に疲れたときに、またお腹が空いたときに少し休憩するのにピッタリです。「イオンモール鶴見緑地」のフードコートは、ゆっくりくつろげるソファ席140席を始め、約650席が用意されています。また、子ども向けの高さの椅子や机を配した「キッズスペース」もあり、お子様連れでも落ち着いてゴハンを食べることができそうですね。

キッズトイレ 3階授乳室2

その他にも、お子様連れに配慮された設備がこんなところにもありました。2・3・4階のママ・パパも一緒に利用できるベビールームや、3階のフードコート、4階のレストラン街のキッズトイレは、子どもが使いやすい高さ、大きさで、幼児がひとりでもトイレができるようになっていました。大人がお手伝いしやすいよう、広いスペースも確保されているので、まだひとりでトイレができなくても安心して利用することができそうです。

もちろん食料品も充実な品揃え!

品揃えが豊富な売り場だといろんな発見もあり、ワクワクします。
広々とした敷地を誇る「イオンモール鶴見緑地」は、まさにそんなお店。
色とりどりの野菜や鮮魚、お惣菜やお酒まで、ついつい買い物が増えてしまいそうです。

DSC_0048-690x461

DSC_0054 DSC_0053-690x461

「グランメイツ関目」の近くにはライフやコーナンもありますが、忙しい平日のふだんのお買い物はそちらを利用し、休日には少し足を伸ばして家族そろって「イオンモール鶴見緑地」へお出かけして1日遊ぶ、というのはいかがでしょうか?
多くのイオンモールの店舗の中でも、「イオンモール鶴見緑地」は、特に小さな子ども連れに配慮した作りになっているので、子育てファミリーにとっては、より利用しやすい施設といえそうですよ。

イオンモール鶴見緑地
大阪市鶴見区 鶴見4-17-1
9:00~21:00
駐車場台数:2170台
06-6915-8600
http://tsurumiryokuchi-aeonmall.com/
森下 裕美子

住宅ライター
森下 裕美子

住宅パンフレット、販売サイトなど、マンション・戸建てに関わらず数多くの物件における広告、PRなどに携わる住宅ライター。
京阪神を中心に、滋賀県から和歌山まであちこちに出没。関西を知り尽くしている。「大阪市内に新築マンションを購入した経験をもとに、購入者目線でレポートしたいと思います!」

PAGE TOP