• 分譲マンション
  • 大阪市城東区
  • 名鉄不動産

住宅ライターの「グランメイツ関目」取材レポート

森下 裕美子

住宅ライター
森下 裕美子

そのうちTOP > グランメイツ関目 > 子育て環境をチェック!「関目東小学校」までの通学路や、周辺の保育施設は?
2016年10月28日

子育て環境をチェック!「関目東小学校」までの通学路や、周辺の保育施設は?

1DSC05417

「グランメイツ関目」の通学指定校「関目東小学校」までは、約500メートル。7分で通える距離にあります。

そこで気になるのは、どんな道のりを歩くのか?ということ。
実際に小学校まで歩いて行ってみると
・碁盤の目状でわかりやすい道のり
・緑が多い心地よさ
そして
・歩行者保護に配慮された道路ならではの安心感
を感じることができました!

今回は、小学校への道のりや規模、マンション周辺の保育施設など、子育てファミリーにとって気になる情報を取材してみました。

楠並木から、歩行者を守る「ゆずり葉の径」を通る通学路  

まずは、通学路や周辺の様子をマップで確認しましょう。

2img01
▲「グランメイツ関目」から北東方向にある「関目東小学校」。地図を見るだけでも、大通りへ出ることもなく、曲がり角は1か所というシンプルな道のりであることがわかります。
マンション建設地から小学校への道のりを歩きだしてすぐに出会うのが、見事な楠並木。

3DSC05187
▲緑の気持ちよさもさることながら、道の両脇に広々とした歩道があるのもポイント。車道の幅と、ほぼ同じくらいの幅があります。

4DSC05413
▲楠並木が途切れたところで、右へ。この道も一方通行なので安心です。

5DSC05415
▲車道のところどころに、このような植え込みが飛び出ています。
つまり、車が通り抜ける際にはハンドル操作をしてジグザグに走行する必要があるということ。
直線道路と違って、自然とスピードが抑えられるつくりになってます。
大阪市で整備が進められている歩行者保護を考慮した道路「ゆずり葉の径」のひとつです。

1977年開校の「関目東小学校」は、まもなく40周年

「ゆずり葉の径」を抜けると、広々とした校庭を持つ「関目東小学校」に到着です。

6DSC05418
▲南向きの日当たりのよさそうなグラウンド。開放的な雰囲気でありながら、高いフェンスと植栽で子どもたちの安全が守られていることが伺えます。
見守り隊
▲学校付近の交差点には毎朝7:30~8:30の間「関目東パトロールの皆様」が子供たちの安全を守っています。

「関目東小学校」は、周辺が住宅街として整備され人口が増加したことにともない500mほど離れた場所にある「関目小学校」から分離独立。1977年に開校しました。

現在の児童数は500名ほどで、学年ごとのクラス数は2~3学級となっています。
校長先生はいわゆる「公募民間人校長」の方で、学校ホームページでこんなコメントをされています。

一年間本校の子供たちをみていて感じましたことは、総じて「真面目で素直な子」であるということです。そんな子供たちが「規律規範意識を持った」「力強い子」に育ってもらいたいと願っておりまして、それを「教育目標」としております。
大阪市教育委員会「関目東小学校」サイトより引用

8月には「盆踊り大会」「城東まつり」、9月には「校庭一泊キャンプ」「敬老お祝い会」が開かれるなど、学校で開催される地域行事もさかん。校庭にテントを張ってキャンプなんて、楽しそうですよね!飯盒炊さんやキャンプファイヤーなどもおこなうのだそうです。“真面目で素直な”関目っ子たちがすくすく育つ環境を、地域の方たちが熱意を持って守っていらっしゃることが伺えます。

マンション周辺の保育施設をチェック

子育てファミリーを取り巻く環境としては、マンション周辺の保育施設も大事なポイント。
「グランメイツ関目」の周辺には、いくつかの保育施設があります。
その中でも今回は「大阪信愛女学院幼稚園」「きらら保育園」「鯰江(なまずえ)幼稚園」を紹介します。

IMG_0398 IMG_0402

IMG_0410

▲こちらは「大阪信愛女学院幼稚園」
開所時間は8:30~14:30までで、18:00まで預かり保育も対応してもらえます。

※大阪信愛女学院幼稚園ホームページ:園の生活より引用。
※現地より徒歩12分/約890m/2016年10月21日撮影。
こちらの「大阪信愛女学院」は幼稚園(幼稚園のみ男女共学)・小学校・中学校・高等学校・短期大学を同一敷地に併設しており、自主性を高める教育方針を取り入れています。

IMG_0415
▲こちらはマンションまでのアクセスルートの途中にある「きらら保育園」
ご出勤の際に一緒に登園も出来ますね。
開園時間は7:30~19:00(延長・長時間含む)

※社会福祉法人松輪会 きらら保育園ホームページ:園の概要より引用。
※現地より徒歩8分/約560m/2016年10月21日撮影。
IMG_0428

▲こちらは「大阪市立鯰江(なまずえ)幼稚園」
心豊かに遊び、生きる力をもった子どもに! 幼児期にふさわしい教育的な環境の中で、子どもたちの心身の発達を助長し、 主体的に活動する子どもの育成をめざし、日々教育にあたっています。

開所時間は8:40~14:30(水曜日は11:30)までで、17:00まで預かり保育も対応してもらえます。

※大阪市立鯰江幼稚園ホームページ:子育て支援より引用

※現地より徒歩11分/約880m/2016年10月21日撮影。

小学校や保育施設へ足を運んでみて実感したのは「とにかく子どもが多い街なんだなあ!」ということ。自転車でかけまわり、公園でのびのび遊んでいる子どもたちをたくさん見かけました。
既にたくさんのファミリーに選ばれている街である、ということも、関目に住みたいと思う要因のひとつなのではないでしょうか。

子育て環境を優先したいという方にとって、関目は魅力的な街だといえそうですね。

森下 裕美子

住宅ライター
森下 裕美子

住宅パンフレット、販売サイトなど、マンション・戸建てに関わらず数多くの物件における広告、PRなどに携わる住宅ライター。
京阪神を中心に、滋賀県から和歌山まであちこちに出没。関西を知り尽くしている。「大阪市内に新築マンションを購入した経験をもとに、購入者目線でレポートしたいと思います!」

PAGE TOP