• 分譲マンション
  • 大阪府吹田市
  • アートプランニング

住宅ライターの「グランカサーレ北千里」取材レポート

森下 裕美子

住宅ライター
森下 裕美子

そのうちTOP > グランカサーレ北千里 > ワイドスパンのメリットと、こだわり派納得の水まわり
2016年10月04日

ワイドスパンのメリットと、こだわり派納得の水まわり

グランカサーレ北千里のモデルルームレポート第2回目。今回は、改めてワイドスパンの設計に注目しながら、リビング、洋室、そして洗面室とバスルームを見ていきたいと思います。

ワイドスパンって何が良い?南面がワイドなプランの魅力

「グランカサーレ北千里」の特色のひとつ“南面ワイドスパンのプランニング”は、他のマンションではなかなか手に入らないうえ、リフォームなどでも実現できないメリットですから、ぜひ注目したいポイント。
一般的なファミリーマンションのスパン(間口)は、6m台となることが多いと思いますが、同マンションでは全戸約7.9m以上というワイドな南面間口が実現されています。

ではワイドスパンの良さとは、具体的にどんなところなのでしょう?
間取り図を見ると、一般的なマンションと違って、南面に“プラスアルファ”の空間があることがわかります。

2kitasenri_madori (1) 3dtype_plan  4kitasenri (2)
▲左から、「グランカサーレ北千里」Aタイプ(※モデルルーム)、Dタイプの間取り。
一番右の一般的なマンションの間取り図と比べてみると、ワイドな南面を活かし「リビング+キッチン」、「リビング+洋室」といったプラスアルファ空間があることがわかります。

 
皆さんは、南面にどんな空間があったらいいなと思われますか?
ぽかぽか日当たりのいい洋室?バルコニーに出られる明るいキッチン?それとも・・・?
南面に“プラスアルファ”の空間があるため間取りも多彩で、他ではなかなか見つからないプランも用意されていますので、良い意味で迷う楽しみがありそうです!

5DSC06165
▲モデルルーム【Aタイプ】は、南に出入り口があるキッチン。さっとバルコニーに出られるので、空き缶などの分別ゴミを外で一時管理したりするのにも便利そうです。
昼間なら、キッチンで照明をつけなくても自然光で十分かもしれませんね。

約8.0帖の広々主寝室も、ワイドスパンの恩恵を受けていた!

主寝室は、縦滑り出し窓が2つ並んだお洒落な空間。
約8.0帖という広さを活かして、大型のベッド、夫婦それぞれのナイトテーブル、さらに十分な幅を持ったデスクを置くことができます。

6DSC06125
▲ベッドを中心に、シンメトリーにナイトテーブルを配置。さらにデスクコーナーが設けられています。
お好みによっては、ここへテレビを置いたりしても良いかもしれないですね。

7kitasenri_madori-(1)
▲ここでいま一度、モデルルーム【Aタイプ】間取り図をチェック。
洋室(1)を見てみると、たっぷりワイドなクローゼットが設けられていることがわかります。
ワイドスパン+角住戸だからこそお部屋をヨコ型に配置することができ
これだけの収納スペースを確保できているんですよ。

8kitasenri (1)
▲ウォークインクローゼットも人気ですが、中のものが取りだしやすく管理しやすいクローゼットは、どちらかというと収納が苦手・・・という方にオススメ。これだけワイドな収納なので、容量もたっぷりあります。

9morishita (33) 10morishita (35)
▲ちなみにモデルルームでは、お隣の約5.1帖の洋室(2)を、まるで女優の“衣装部屋”のようにコーディネート!
思わずうっとり・・・子どもが独立した後は、こんな使い方をしてみたい!なんて考えてしまいます。

 
さてそんな“美意識高い系”のモデルルームとなっている「グランカサーレ北千里」ですが、水まわりの設えも
毎日の美と健康をしっかりサポートしてくれそうです。

洗面室とバスルームで注目!話題のライン照明やミストサウナ、細やかな収納計画 

水まわりの「美」仕様、まずひとつ目は、洗面室の照明です。

11morishita (24) 12morishita (22)
▲3面鏡の鏡と鏡の間に、縦に入っている照明は「ツインラインLED照明」。上から照らす場合と比べて影を作らないのがポイントです。あごの下や頬など、上からの照明では影ができやすいところもしっかりチェックできて、メイクや髭剃りなど身支度がしやすそうですね。
もちろん、3面鏡の裏側はすべて収納スペース。ドライヤーを吊るして収納できたり、ティッシュ収納スペースやアクセサリーをかけて収納できるフック、アメニティが落ちないようバーが付いていたりと細部にまで使いやすさにこだわっています。

13morishita (65)
▲洗面台から少し段差を付けたスペースがあるのもポイント。歯ブラシなど濡れたものを置くのに便利なウエットスペースです。段差があり水を流して洗えるので清潔に保つことができます。

 
洗面台の下は、2段に分かれた収納スペース。

14morishita (25)
▲棚とスライド式のバスケットが付属しているため、効率的に収納ができます。

15morishita (21) 16-3
▲Aタイプの場合、トールサイズのリネン庫(写真左)も完備。洗濯機置き場上部にもキャビネットがあり、その下にはタオル等をかけられるハンガーが。洗面室は、タオル類や洗濯用品、化粧品をはじめ、シャンプーや洗剤などの買い置きを置いたり家族分のパジャマや下着をしまっておきたいという方も多いはず。これだけ収納スペースが充実していれば、いろんなものをきちんと収納できそうです。

17morishita (10)
▲バスルームの照明も、天井から全体を照らすフラットラインLED照明。
浴室暖房乾燥機能に加え、ミストサウナも付いているので、バスタイムを利用した美肌づくりもできるかも!
ちなみにあたたかなミストが頭の先からつま先までを包み込むミストサウナは、身体をすばやくあたためる効果も高いとのこと。寒い時期にシャワーだけでは身体があたたまりにくいですが、そんなときもミストサウナを活用すると良いそうです。

18morishita (13)
▲モデルルームのバスタブは弓形浴槽ですが、長方形のストレート浴槽も選べます。
いずれも温度低下が少ない保温浴槽です。

まとめ
今回は、ワイドスパンの魅力と、「駅前優雅」をコンセプトとする「グランカサーレ北千里」らしい、美と健康をバックアップしてくれる最新の設えについてご紹介しました。

住宅ライターとして再度お伝えしたいのは「後から変えられないこと」には、特に注意して物件選びをしてほしいということ。
立地はもちろんですが、南向きワイドスパンという間取りプランも「元々の敷地が東西に長い形状だった」という恵まれた条件の賜物でもあり、リフォームでは実現できないのはもちろん、いくら人気があるからと言ってどこのマンションでも採用できるものではありません。
そういう意味で、駅前の便利さと、プランの良さが両立されている「グランカサーレ北千里」は、特筆すべきマンションといえそうですね!さて次回は、子育て環境についてのレポートをお届けします。
森下 裕美子

住宅ライター
森下 裕美子

住宅パンフレット、販売サイトなど、マンション・戸建てに関わらず数多くの物件における広告、PRなどに携わる住宅ライター。
京阪神を中心に、滋賀県から和歌山まであちこちに出没。関西を知り尽くしている。「大阪市内に新築マンションを購入した経験をもとに、購入者目線でレポートしたいと思います!」

PAGE TOP