• 分譲マンション
  • 大阪府吹田市
  • アートプランニング

住宅ライターの「グランカサーレ北千里」取材レポート

森下 裕美子

住宅ライター
森下 裕美子

そのうちTOP > グランカサーレ北千里 > 見た目も機能性も重視したハイグレード仕様をモデルルームで体感!
2016年09月20日

見た目も機能性も重視したハイグレード仕様をモデルルームで体感!

阪急千里線の始発駅である「北千里」駅。
その北千里駅前に広がる商業街区で、唯一の新築マンション【グランカサーレ北千里】。

現地では着々と工事が進んでいます。
実際にどんな部屋になるのかが気になるところ。
マンションギャラリーのモデルルームをもとにご紹介します。

リビング・ダイニングは想像以上の開放感!その理由は天井の高さにあり

モデルルームは南西角住戸のAタイプ、3LDK 89.31㎡のタイプです。

2kitasenri_madori
▲Aタイプの特徴は、3面採光による日照や風通しの良さ。
それに加え、90㎡弱という広さを活かした大容量の収納を確保しています。

 
さっそく、中へはいってみましょう。

DSC06808[1] DSC06794[1]
▲重厚感ある玄関扉をあけると、正面にはシューズボックス。棚が可動式なので、ブーツなどシーズン外れの靴も収納できますし、
一部棚を取り外せば、ゴルフバック、子どもの遊び道具など
玄関まわりの荷物もすっきり片づけられますね。

 
家族がもっとも長い時間を過ごすリビング・ダイニングをチェックしましょう。
リビング・ダイニングは約15.8帖の広さです。

★DSC06142
▲大きなソファを置いてもゆったりしていて、家族団らんのスペースにふさわしいくつろぎ感です。
リビングは、バルコニーに面した南側と西側に窓を設け、
あたたかく明るい空間が印象的です。

★DSC06150
▲ダイニングスペースもバルコニーに面した南面の窓から光がさしこみ、
あたたかみのある家族の食卓を演出してくれます。

 
リビング・ダイニングは約15.8帖という面積以上に広く感じられます。
その理由は、一般的なマンションよりも天井が高く作られているからなんです。

DSC067331
▲ダイニングの上部に、このような印があります。
一般的なマンションは2450mmという天井高を採用しているところが多いのですが、
【グランカサーレ北千里】は2600mmという天井高。
この差が、圧倒的な開放感をもたらすんですね。

ディスポーザーがある機能的なキッチンはデザインもハイグレード

Aタイプのキッチンは、南面のバルコニーに出られる勝手口を備えた対面カウンターキッチン。
人造大理石(オプション仕様)をあしらった、高級感あふれるデザインです。

DSC06156
▲このタイプは、キッチンからバルコニーに出られる扉があるので出入りがしやすく、家事効率もあがります。

DSC06719 DSC06721

DSC06730[1] DSC06731[1]
▲ディスポーザーはどのマンションでも導入されているものではないため、実用的でありグレード感を感じる設備のひとつ。生ゴミをほとんど処理することができるので、ゴミ箱のニオイなどお悩みも解消できます。
収納は引き出し式でたっぷりあり、大きな鍋やこまごました調理道具などの片づけもラクラク。

 
DSC06715 DSC06713
▲バルコニーと反対側には、食品庫としても、物入れとしても使える収納を確保しています。
 右が扉をあけた状態です。

ワイドスパンに面したバルコニーは、スタイリッシュな木目シート貼り

ワイドな南面を活かした、広いバルコニーも見どころのひとつ。

DSC06703
▲Aタイプは奥行き約1.8m、間口が約9.0mもの広いバルコニーが南面にあります。
 一番広いもので、約14mのワイドなバルコニーを備えたタイプも。
 たくさんの洗濯物を干すだけでなく、ガーデニングなども楽しめます。

DSC06704
▲モデルルームはウッドデッキが敷かれていますが、ウッドデッキの下には標準でこの木目シートが貼られているので見た目もきれい。
バルコニーもフローリング調の色合いで統一されているため、リビングとの一体感がアップし、室内をより広く感じさせる効果も期待できます。

DSC06707 DSC06831[1]
▲キッチンからバルコニーに出る扉の横には、スロップシンクが設置されています。
 ゴミ箱を洗ったり、子どもの靴などを洗ったり、なにかと便利です。
 また、全戸にトランクルームも設置。 キャンプ用品やゴルフバッグなど、大きな荷物も片づけられます。

 

まとめ
いかがでしたか?
天井の高さ、キッチンの設え、バルコニーの仕様など、ポイントを絞って見てみても室内空間のグレードの高さがわかります。このほかにも、約8.0帖の広さを持つ主寝室や、収納が充実した洗面室、1620サイズのバスルームなど見どころはいっぱい。ぜひモデルルームで体感してみてください。

次回は、モデルルームをさらに細かくチェック!生活を快適にする設備のあれこれをご紹介します。
森下 裕美子

住宅ライター
森下 裕美子

住宅パンフレット、販売サイトなど、マンション・戸建てに関わらず数多くの物件における広告、PRなどに携わる住宅ライター。
京阪神を中心に、滋賀県から和歌山まであちこちに出没。関西を知り尽くしている。「大阪市内に新築マンションを購入した経験をもとに、購入者目線でレポートしたいと思います!」

PAGE TOP