• 分譲マンション
  • 大阪府吹田市
  • アートプランニング

住宅ライターの「グランカサーレ北千里」取材レポート

森下 裕美子

住宅ライター
森下 裕美子

そのうちTOP > グランカサーレ北千里 > 住まい探しの第一歩!マンションギャラリーへ行ってみよう
2016年09月15日

住まい探しの第一歩!マンションギャラリーへ行ってみよう

阪急千里線「北千里」駅の駅前商業街区に誕生する【グランカサーレ北千里】。
現地近くには、マンションギャラリーがオープンしています。

「見学は初めて」という方は、マンションギャラリーってどんな場所なのか、モデルルームを見る以外にどんなことがわかるのか、いろいろと気になりますよね。
今回は、マンションギャラリー見学の内容について、その一部をご紹介しましょう!

見学は気軽に!でもチェックポイントは押さえて

【グランカサーレ北千里】のマンションギャラリーは、北千里駅からもほど近く、駐車場も整備されているので便利。
※詳しくはこちら(公式サイト現地案内図へリンクします)

気軽に行ける場所にありますが、スムーズな見学のためにできれば事前の予約がオススメ。
“予約していなくても案内してもらえるかもしれないけど、予約しておけば待ち時間もなくスムーズ”という点では、美容院などと同じ感覚ですね!

2DSC06081
▲中に入ると明るい雰囲気の受付カウンターがあります。ここで受付を済ませると、席へ案内してもらえます。

3DSC06256
▲個別のブースでは、アンケートを記入してから見学をスタート。
「広さ」「部屋数」といった希望条件、そして予算についても遠慮せずにここではっきりと伝えることで、自分に合ったプラン紹介や資金計画についてのアドバイスがしてもらえます。
「自己資金」「年収」といった項目についても、できるだけ詳しく記入しておくと住宅ローンのシミュレーションなどがスムーズなので、事前にチェックしておくとベターです。

模型で外観の雰囲気や全戸南向きの良さを実感

見学のハイライトはやはり「モデルルーム」ですが、住宅ライターとしておすすめしたいのが
模型コーナーを詳しく確認すること!

・まわりの建物との関係は?
・自分の希望住戸はどのあたりにある?
・車、徒歩の動線は?
・敷地はどれくらいゆとりがある?
などの検討に必要な情報が、一目瞭然だからです。

DSC06646
▲模型を見てまず実感するのは、東西に長い恵まれた敷地形状であること。
南面がワイドな敷地だからこそ、全戸南向きを実現し
かつ間口が全戸約7.9m以上というワイドスパンのプランをつくることができるのです。
南に向いた間口が広いことから、室内へたっぷりと光が届くのがイメージできます。

 
また、建物が南側の道路ギリギリではなくゆとりを持って建てられており
南面の開放感がいっそうアップしていることもわかります。

5kakou (7)
▲南面にはゆったりとした植栽帯が設けられ、バルコニー面は道路からセットバックしています。
南西端に設けられたメインエントランス前にも、ポケットパークのようなゆとりの空間が!
住まう方々だけのプライベートな迎賓空間が、その奥に広がります。
模型に添えられた黒い矢印は、南側にある府営住宅との距離が約47mもあることを示すもの。
日当たりの良さもプライバシー性も確保されそうです。

6kakou-(2)
▲車の出入りは敷地東端から。歩行者と車の動線がはっきりと分けられ、安全性の高い設計です。
これも、東西に長く接道している敷地条件の賜物。

 
ちなみに【グランカサーレ北千里】には、キッチンを備えたパーティールームがつくられるそうです。
そんなパーティールームを始め、共用空間の場所・住戸との動線も、模型で確かめておきましょう!

カラーセレクトが充実!キッチンパネルカラーは基本カラ―+8種類

さてもうひとつ注目したいのは、内装カラーのセレクトコーナー。
【グランカサーレ北千里】では、選択肢がたくさん用意されているため
好みに合った住空間をつくることができるのです。

8DSC06113 9DSC06118  
▲こちらは、基本の4種類のカラーを展示したコーナー。
左の写真は、モデルルームでも採用されている【ダーク】。木目が美しく、重厚感のあるカラーです。【ミディアム】【ナチュラル】は、さまざまなインテリアと馴染みやすく、定番の人気カラー。一番右の【ホワイト】は、きれいな色味と合わせれば北欧テイストに、アイアンを用いたインテリアと合わせればフレンチ風に、と演出次第でグッと印象が変わりそうなカラーです。

 
基本の4種類のカラーセレクトに加え、
●バスルームのカラー
●バスタブの形
●キッチンの面材カラ―
●キッチンのカウンター高さ
●キッチン吊戸棚の有無
●洗面化粧台の扉カラー
も選ぶことができます。

中でもキッチンのカラーについては、別途8種類も用意されていて、
基本カラ―と合わせて合計9種類の中から選べるという充実ぶり。

10DSC06106
▲たとえば、キッチンカラー【レッド】を選び、リビングのアクセントカラーも同じ赤色で統一するというのも洒落ています。個性が強すぎるかしら?と思われるかもしれませんが、テーマカラーがあると家具やインテリア小物もセレクトしやすく、まとまりもよくなります。

 
この内装のカラーセレクトについては、お部屋が完成してしまう前に契約するからこそ手に入る嬉しい特典。工事の進み具合によって締切日が設けられているので、好みのカラーでコーディネートしたいという方は、検討スピードをちょっと早めてみてくださいね。

まとめ
いかがでしたか?マンションギャラリーではこのほか、重厚な雰囲気のエントランスホールを描いたパネルなども見ることができ、ラグジュアリーなマンションライフをいち早くリアルにつかむことができます。
さて次回はモデルルームを見ながら【グランカサーレ北千里】の室内の特色を紹介します。
森下 裕美子

住宅ライター
森下 裕美子

住宅パンフレット、販売サイトなど、マンション・戸建てに関わらず数多くの物件における広告、PRなどに携わる住宅ライター。
京阪神を中心に、滋賀県から和歌山まであちこちに出没。関西を知り尽くしている。「大阪市内に新築マンションを購入した経験をもとに、購入者目線でレポートしたいと思います!」

PAGE TOP