• 分譲マンション
  • 大阪府池田市
  • 神鋼不動産

住宅ライターの「ジークレフ池田石橋」取材レポート

林 景子

住宅ライター
林 景子

そのうちTOP > ジークレフ池田石橋 > 【ジークレフ池田石橋】ついに外観お披露目となりました!
2019年02月28日

【ジークレフ池田石橋】ついに外観お披露目となりました!

筆者が【ジークレフ池田石橋】の取材をはじめたのは、2017年12月。当時仮囲いに囲まれた現地は、躯体工事が始まったばかりでした。

取材に訪れるたび、少しずつ高さを増していく姿にワクワクしていたのですが、あれから1年余り・・・ついに先日養生シートが外され、マンションの外観がお披露目されました!

今回はそんな【ジークレフ池田石橋】の外観と共用部エントランスなどをご覧いただきましょう。

エントランス前・内の看板や花は常設しておりません。

静穏な住環境にマッチした、落ち着きあるシックな外観デザイン

皆さんは街で知らないマンションを見て「素敵なマンションだな」と思ったことはありませんか?私は住宅ライターという職業柄か、ついマンションの外観やエントランスなどを見てしまいます。

【ジークレフ池田石橋】は街行く人の目を惹く洗練されたデザイン。マンション周辺の静穏な住環境にとても合っていると感じます。

 
▲最寄り駅である阪急「石橋」駅方面から歩いて現地に向かうと、その外観が徐々に見えてきます。見えた瞬間に「かっこいいマンション!」と率直感じた同マンション。ダークカラーのタイルが施されているので、シックで落ち着いた大人っぽい印象。
写真右/以前も少しご紹介しましたが「G-clef」とはト音記号のこと。”音楽を奏でるような素敵な暮らしを”という意味のこもったブランド名にピッタリのスタイリッシュで存在感のある外観デザインです。

 
▲南向きと東向きからなるL字型の同マンション。ガラス手摺りを2色使用していて、その重厚感ある佇まいに爽やかなアクセントを加えています。

 

外観は、当たり前ですが帰宅するたびに目にします。外観が美しいと、見るたびにニヤリとしてしまいそうです(笑)。自慢の住まいとなるので、友人を呼ぶ機会も増えるかもしれませんね。

エントランスがまた素敵!格子がモダンな雰囲気もプラス

 
▲駅からマンションに帰ってくると、エントランスの入口がなかなか見えてきません。これはエントランス前のアプローチに格子があり東側から来る人の目隠しのようになっているのです。この格子がモダンな雰囲気を醸しています。


▲外観はダークな色合いでしたが、エントランスホールはモノトーンと天井に木があしらわれ、少し優しい雰囲気に。ここにも格子がデザインされモダンな雰囲気をプラスしています。

 
▲マンション西側の廊下は、敷地内の駐車場との境に樹木が植えられています。ここに緑の目隠しがあるだけで、無機質な駐車場がパッと明るく気持ちよくなりますね。

敷地内に帰属公園あり!多彩な植栽が表情豊かにお客様を迎えます


▲マンション敷地内には、公園もつくられました。手洗い場やベンチもあり、小さなお子さんとちょっと遊ぶのにもピッタリ。住民の皆さんの憩いの場になりそうですね。

  
▲マンション南側を中心に多彩な樹木が植えられています。「シマトネリコ」「レッドロビン」「ヤブラン」「サツキ」など、花をつけたり葉の色が変わったりする植物が植えられているので、季節を感じることができるのも嬉しいですね。季節の移り変わりはもちろん、年経るごとに成長する植物の姿が楽しみとなりそうです。

 

==============================

 

いかがでしたか?
シックで落ち着いた佇まいの【ジークレフ池田石橋】の存在感ある外観デザイン。本当にカッコイイので、まだ検討中のみなさんもご覧いただきたいと思います。モデルルームの見学がまだという方は、ぜひ合わせてお楽しみください。

写真はすべて2019年2月撮影
林 景子

住宅ライター
林 景子

テレビやラジオのリポーター経験から取材好きに。
現在は、住宅や子育てなどに関するライターとしても活動中。
自宅の壁や家具、小物などに自ら手を加える”D.I.Y女子”でもある。

PAGE TOP