• 分譲マンション
  • 大阪府池田市
  • 神鋼不動産

住宅ライターの「ジークレフ池田石橋」取材レポート

林 景子

住宅ライター
林 景子

そのうちTOP > ジークレフ池田石橋 > これからも長~いお付き合い!事業主『神鋼不動産』について調べました
2018年09月14日

これからも長~いお付き合い!事業主『神鋼不動産』について調べました

マンションは、購入したらそこで“おしまい”ではありません。
購入後の生活が本番!

今回はこれから長いお付き合いとなる
【ジークレフ池田石橋】の事業主『神鋼不動産株式会社』についてレポートします。

神鋼不動産は神戸製鋼グループの会社!生活にかかわる幅広い事業を展開しています


▲『神鋼不動産』は、神戸製鋼グループの不動産ビジネスの中核企業。


▲不動産開発・分譲はもちろん、リフォームや仲介、賃貸、ビルマネジメント、マンション管理、保険代理業に至るまで、住まいや生活に関するさまざまな事業を展開しています。

 

入居後にリフォームを考えた場合や、引っ越しを余儀なくされた場合でも、
神鋼不動産なら、さまざまなサービスがあるので安心。
何かあれば、相談できる場所があるのは心強いですよね。


▲1965年、阪神間で初めての民間マンションを建設したのは神鋼不動産。
つまり神鋼不動産は、分譲マンションのパイオニアともいえる存在なんです!

  
▲それから50年余りの年月の中で、神鋼不動産が手掛けた分譲マンションは、なんと1万戸以上!

この数字からも、信頼と実績を感じることができますね。

神鋼不動産だからこそできる安心の「製販管」の一貫体制!


▲マンション建設は、土地の選定・用地取得からはじまり、その後商品の企画、設計・プランニング、施工管理が行われます。
そして販売、さらに入居後の管理など、さまざまな業務があります。
これらを別々の会社が担うことも少なくありませんが、
【ジークレフ池田石橋】は、
すべて『神鋼不動産』による「製販管」一貫体制で行います!

「製」(製造)
お客様の声をダイレクトに聞き、さまざまなニーズを反映した住まいをつくっています。
「販」(販売)
責任と誠意をもって商品説明をし、お客様に住まいを届けています。
「管」(管理)
万全のアフターサービスで暮らしを支えています。

「製販管」の自社一貫体制だからこそ、
お客様の声が現場に届きやすく、
またしっかりとした情報をお客様に届けることができるのです。

自信と責任感を持って住まいづくりをしているのも、
購入される皆さんにとって心強いですね。

ハウジングブランド「ジークレフ」ってどんな意味!?

「G-clef(ジークレフ)」というブランド名が
神鋼不動産のマンションにはじめてつけられたのが1974年。
他社に比べても長寿ブランドです。

さてそんな「ジークレフ」とはどんな意味があるのでしょう?


▲実はジークレフとは『ト音記号』のこと。
家族みんなで音楽を奏でるように、素敵な暮らしを・・・などといった意味が込められています。
とても美しいブランド名ですよね。

そんなハウジングブランド「ジークレフ」は、ひとつずつ仕立ての良さにこだわって
デザインや品質、省エネ、管理やアフターサービスなどにこだわりを持ち、
それら全てがジークレフクオリティ。

良い家をつくることはもちろん、
快適な住まいのその先にある、
一人ひとりの幸せに充ちた暮らしの実現に向けた
「高い品質と信頼性」を提供する、それがジークレフクオリティとも言えます。

 

そんなジークレフクオリティを感じることのひとつが「ジークレフ オーナーズ倶楽部」です。


▲「ジークレフ オーナーズ倶楽部」は神鋼不動産が分譲したマンション・戸建を所有または入居されている方を対象とした会員組織です。

入会費や年会費無料で会員だけが受けられる特典や割引、イベントやプレゼントなどが盛りだくさん!
リフォームや住み替え、売却に関する割引も充実!
定期的に届くという会報誌も拝見しましたが、
お店情報や暮らしに役立つ情報などバラエティに富んだ内容でしたよ。

 

今回『神鋼不動産』について取材をしてみて、
こだわりや自信、きめの細やかさも至るところで感じ、
改めて製販管を全て一貫体制で行うことの強みを感じました。

マンション購入と入居は、大きな期待に加え少しの不安がありますよね。
「神鋼不動産」のサポート体制なら、
その“少しの不安”を払拭してくれるのではないでしょうか。

次回のレポートでは
「神鋼不動産」の販売担当者さんにインタビューした模様をお届けします。お楽しみに!

林 景子

住宅ライター
林 景子

テレビやラジオのリポーター経験から取材好きに。
現在は、住宅や子育てなどに関するライターとしても活動中。
自宅の壁や家具、小物などに自ら手を加える”D.I.Y女子”でもある。

PAGE TOP