• 分譲マンション
  • 大阪府池田市
  • 神鋼不動産

住宅ライターの「ジークレフ池田石橋」取材レポート

林 景子

住宅ライター
林 景子

そのうちTOP > ジークレフ池田石橋 > 一戸建てvsマンションを検証!vol.2 ~バリアフリー、居住性など~
2018年08月30日

一戸建てvsマンションを検証!vol.2 ~バリアフリー、居住性など~

前回は費用や管理、セキュリティなどの面で、
一戸建てとマンションではどのような違いがあるのかを検証しました。

どちらにもそれぞれにメリットがあるので、
家族形態やライフスタイル、また将来設計などを踏まえて
検討しなければなりませんね。

今回は、とくに居住性について比べていきたいと思います。

段差のない「フルフラット設計」で安心と快適を実現!

【ジークレフ池田石橋】では、「フルフラット設計」が採用されています。


▲フルフラット設計とは、リビングやダイニング、居室スペースや水回り、バルコニーなど、住戸内の段差をほとんどなくしたバリアフリーな設計のこと。


▲写真は同物件のモデルルーム玄関を撮影したもの。
玄関で靴を脱ぐ文化の日本において、玄関に段差があるのが一般的(特に一戸建)ですが、同物件の玄関にはほとんど段差がありません。
また、土間部分と廊下部分は素材の違いと上がり框があることで、しっかりと分断されています。

 

住戸内にほとんど段差がないので、つまづきを軽減することができるのも大きなメリット。

そしてもうひとつの大きなメリットが、お掃除のしやすさです。

例えば掃除機をかけるとき、
フルフラット設計であれば、掃除機本体を持ち上げる事なく移動もラクラク。
そしてお掃除モップやワイパー、お掃除ロボットなどもスイスイ!

フルフラット設計ならお掃除負担の軽減と時短、そして省エネにもつながりますね。

近年増える一戸建てからマンションへの住み替え。その理由とは

マンション購入を検討され、
ギャラリー見学や相談にご来場されるお客様は、幅広い世代の方々。

中でも近年増えているのが、
一戸建てからマンションへ住み替えを検討する中高年の方々だそう。

その理由はさまざま。
・子どもが独立し、多くの部屋が必要なくなった
・広い家や2階建ては掃除が大変
・段差の多い一戸建てではつまづくことが多くなった
・庭の手入れが億劫になり行き届かなくなった
・車の運転に危険を感じるようになったので駅徒歩圏内に引っ越したい

など、そのほかにもいろいろな理由があるようです。

筆者は以前マンション住まいをしていて、現在は一戸建て(2階建て)で暮らしています。

もちろんどちらにも良さがありますが、
今、一戸建てに暮らしてみて、
以前のマンション生活の中で「あれは良かった」と思うポイントがいくつかあります。


▲住戸内だけでなく共用部もバリアフリーなのも、マンションの大きなメリットと感じています。
筆者の現在の住まいと実家(一戸建て)には、玄関までのストロークに数段の階段があります。
子どもが幼い頃のベビーカーの上げ下ろし、祖父母のお出かけの際など、この数段の段差に悩まされたことも幾度とあります。


▲洗濯物を2階のベランダに運ぶ作業は大変!
特に洗い立ての濡れた洗濯物は重く、毎日のことだからこそ洗濯かごを持って階段を移動するのは重労働です。
今後年齢を重ねると、ますます大変になるのではないかと思います。
マンションは、家事動線が短く階段の上り下りがないのが大きなメリットですね。


▲マンション暮らしで私が一番「良かったなぁ」と感じているのがセキュリティ面。
例えばオートロックシステムがあることで、訪問販売なども一戸建てに比べ少なく、また断ることが容易な点もメリットと感じます。
万全なマンションセキュリティは、何物にも代えがたい安心感でした。

一戸建てvsマンション さまざまな角度で比較してみて


▲駅徒歩10分、公園や商店街が身近にある立地と、スタイリッシュな佇まいを感じさせる外観。
セキュリティ対策も万全でフルフラット設計な【ジークレフ池田石橋】は、長く暮らすからこそ良いと感じるポイントがたくさんありますね。

 

2回にわたり、一戸建てとマンションを比較してきましたが、いかがでしたか。

さまざまな角度で比べてみると、
自分にはどちらが合っているかが見えてきますね。

今のライフスタイルだけでなく、歳を重ねてからの暮らしも考え、
一戸建てとマンションのメリットを比較したいですね!

林 景子

住宅ライター
林 景子

テレビやラジオのリポーター経験から取材好きに。
現在は、住宅や子育てなどに関するライターとしても活動中。
自宅の壁や家具、小物などに自ら手を加える”D.I.Y女子”でもある。

PAGE TOP