• 分譲マンション
  • 大阪府池田市
  • 神鋼不動産

住宅ライターの「ジークレフ池田石橋」取材レポート

林 景子

住宅ライター
林 景子

そのうちTOP > ジークレフ池田石橋 > 梅田まで直通17分!快適アクセスの「石橋」駅をレポートします
2018年01月19日

梅田まで直通17分!快適アクセスの「石橋」駅をレポートします

【ジークレフ池田石橋】の最寄り駅は、阪急宝塚線「石橋」駅。

前回のレポートでは、現地から「石橋」駅までの
しっかりと整備され、ほぼフラットなとても歩きやすい道のりをレポートしました。

同物件の場合、石橋駅西口を利用することになりますが、
石橋駅西口は『いしばし商店街』に直結しています。

駅周辺に商店街があるのは、お買い物やお食事にも便利で、
何より、笑顔と活気に満ちていて素敵ですよね!

さて今回は「石橋」駅の利便性についてレポートします。

「梅田」駅へは直通アクセス!急行なら17分で到着

阪急宝塚本線「石橋」駅は、
急行なら4つ目の停車駅です。

急行を利用すれば17分で「梅田」駅に到着!
普通でも22分~30分ほど。(※各駅での停車時間によって異なる)

梅田へは乗り換えすることなく直通なので
通勤通学はもちろん、ショッピングやグルメを楽しむなど
都心の大阪・梅田エリアへのアクセスがとっても便利です。


▲停車駅を見てもわかるように、「石橋」駅には通勤特急、特急日生エクスプレスも停車。18分~20分ほどで「梅田」駅に到着します。通勤や通学の時間帯には、さらに助かりそうです。


▲梅田方面の時刻表。停車する電車の量が多くてびっくり!
朝の通勤通学時間帯である7時台が19本、8時台が18本。次から次へとやってきます。
9時~16時の比較的本数の少ない時間帯でも12本。本数が多いと待ち時間が少なくて良いですね。


▲たくさんの電車が乗り入れる「石橋」駅。
皆さんは、”普通電車”の後すぐに”急行電車”が来る場合、「どっちが早く梅田に着くんだろう?」と疑問に思うことはありませんか?大丈夫です!電光掲示板でどの電車が梅田に早く到着するか、ちゃんと表示してくれます。

 

「石橋」⇔「梅田」間の片道乗車料金は220円。

そして「梅田」駅発の最終列車は0時25分、「石橋」駅には0:46分に到着します。
仕事やお酒の席でつい帰りが遅くなっても、終電が遅くまであるのは有難いですね。

「石橋」駅構内には“あって嬉しい”お店がいろいろあるんです!

「石橋」駅の構内には便利に使える“あって嬉しい”お店がいろいろありました!


▲左/西口に入る前にもコンビニがありますが、ホームにもあります。
右/ATMコーナーもホームに!電車の待ち時間にチャチャっとお金を引き出せるのは便利ですね。


▲カフェやお蕎麦屋さんなどもあるので、待ち合わせや乗り換え時、他にも朝少し早めに家を出てモーニング、帰りにお腹がすいて我慢できない時など、ちょっと寄って食べていけるのが嬉しいお店ばかりです。
ちなみにお蕎麦屋さんは立ち食いではなく椅子があるので、女性やお子さんでも安心して入店できます。


▲左/駅構内で一際良い香りを放っていたのが「ビアードパパ」。
甘い香りに誘われてつい買ってしまうという人も多そうです。毎日頑張っている自分に、そして家族に、ちょっとした手土産に、いろいろな使い方ができそうですね。
右/服やかばん、靴のお直しのお店もあります。特に女性はヒールのかかとのゴムが取れてしまうこと、ありますよね。そんなときにも大活躍してくれそうです。

梅田方面だけじゃない!「石橋」駅からは多方面へのアクセスが快適

阪急宝塚線は「梅田」駅と「宝塚」駅を結ぶ路線。
「石橋」駅からは「宝塚」駅へも、もちろん乗り換えなしの直通で行くことができます。


▲宝塚方面へは急行も各駅停車となるので、ほとんどの電車が18分ほどで「宝塚」駅へ到着。宝塚大劇場に憧れの宝塚歌劇を観に行くのもイイですね!


▲また「石橋」駅には「箕面」駅とを結ぶ阪急箕面線も。
紅葉と滝の名所である箕面公園や温泉など、箕面で行楽を楽しむことも気軽にできます。

 

さらに阪急宝塚線「十三」駅で乗り換えれば、京都や神戸へのアクセスも便利。
休日にちょっと京都や神戸にお出かけするのもいいですね♪

また阪急宝塚線で1駅の「蛍池」駅で大阪モノレールに乗り換えると、
『大阪空港(伊丹空港)』へも、なんと「石橋」駅から最短5分。
出張や旅行、帰省などで利用する大阪空港へのアクセスも良好です。

【ジークレフ池田石橋】の最寄り駅「石橋」駅。

大阪・梅田エリアはもちろん、宝塚、箕面、大阪空港、京都、神戸など
多方面へ快適にアクセスできるのは魅力的ですね!

ジークレフ池田石橋に住むことで、通勤・通学、レジャーなど、
「石橋」駅だからこそ叶う快適な暮らしが実現できそうだと感じました。

写真はすべて2017年12月、2018年1月に撮影
なお電車の所要時間には、待ち時間や乗換時間は含みません
林 景子

住宅ライター
林 景子

テレビやラジオのリポーター経験から取材好きに。
現在は、住宅や子育てなどに関するライターとしても活動中。
自宅の壁や家具、小物などに自ら手を加える”D.I.Y女子”でもある。

PAGE TOP