• 分譲マンション
  • 神奈川県藤沢市
  • 野村不動産・新日鉄興和不動産・URリンケージ・長谷工コーポレーション

住宅ライターの「エアヒルズ藤沢」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > エアヒルズ藤沢 > カームコートは遂に完売!週末のギャラリーも賑わいを見せています!
2017年12月15日

カームコートは遂に完売!週末のギャラリーも賑わいを見せています!

師走も半ばを過ぎ、慌しい年末モードに突入された方が多いと思いますが、
ここ【エアヒルズ藤沢】マンションギャラリーでは、
来年、平成30年を『マンション購入元年』にしようと、
新生活への夢を膨らませて来場する皆さんで連日賑わっています。

そこで、今回はマンションギャラリーの様子と販売状況について写真でご紹介します!
※以下すべて、エアヒルズ藤沢マンションギャラリー・・・・・・2017年12月撮影。

遂に、南西向きの『カームコート』が完売!


▲ギャラリー内の商談スペースに入って最初に驚いたのは、このバラの数!
ピンクのバラ、赤いバラがずらりと並び“成約済み住戸”が表示されています。
(しかし、改めてこれだけのバラが並ぶと圧巻ですね・笑!)



▲【エアヒルズ藤沢】には3つの住居棟がありますが、
その中でも南西向きに位置する『カームコート』は、遂に完売となりました!


しかし「えっ?もう完売なの?」と驚かれた方も、どうぞご安心を!


▲南向きの『フロントコート』や、東向きの『グリーンコート』には、
次期分譲に備えて、低層階にも高層階にも“まだまだ売り出し前”の住戸が揃っています!
ちなみに、実際に現地をご覧になった来場者の方の中には、
「現地を見学する前は南西向きの住戸を希望していたけど、
実際に見てみたら明るさや開放感も十分だったので東向き住戸に希望を変えた」という方もいらっしゃるほど。
完売した住棟だけでなく、各棟それぞれに魅力がありますので、
一度現地の様子を確認してから、次期分譲に向けて希望住戸を検討されることをオススメします!



▲こちらが東向き『グリーンコート』。すでに工事幕が外され、
スタイリッシュな外観デザインを実際に確認できるようになりました!

今週末はマンションギャラリーで多彩なイベント開催!
キッズルームがあるので子ども連れでも安心!



 
▲一方こちらは商談スペース。
ご覧の通り、各テーブルがパーテーションで区切られているため、
プライバシーをほどよく守りながら、打ち合わせを進めることができます。


この日は説明会が行われていたということもありますが、
商談スペース内のテーブルはすべて満席!

特に週末は混み合いますから、モデルルーム見学希望の方は、
事前に予約を入れて来場すると、物件の魅力をじっくりチェックできますよ!
※予約・問い合わせは・・・0120-808-360まで。

=============================================

なお、ちょうど今週末、12月16日土曜日・17日日曜日は、
マンションギャラリーで開催されるイベントが盛りだくさん予定されています。

■知って得するマンション購入セミナー
今は買い時なのか?買い時ではないのか?
マンションのベストな買い時や、今後の不動産マーケットの動向、
不動産購入で得られる『将来リスクヘッジ』について専門家が解説。

■藤沢の魅力とは?現役ママによる子育て座談会
『主婦が幸せに暮らせる街、全国1位』の藤沢の子育て環境について藤沢在住の女性担当者が詳しく紹介。
※「この座談会に参加したから、安心して住まい選びができた」という契約者の方も多い人気イベントです。

■我が家の家計は大丈夫?FPによるライフプラン個別相談会
人生の三大出費『住宅・教育・老後』について、専門家が個別アドバイス。
※「住まいを買う」ということは「人生のお金とじっくり向き合うチャンス」ですから、
この機会にプロの診断を受けてみては?

■いずれも①10:00~ ②13:00~ ③16:00~(その他、時間相談可能)から開催/予約制。


▲「でも・・・うちは小さな子どもがいるから、出かけにくいなぁ・・・」と心配されている方も安心して来場を。
マンションギャラリーには絵本やおもちゃが用意されたキッズルームがあり、
イベント開催時は専門のシッターさんが預かってくれますよ!


【エアヒルズ藤沢】の入居開始予定は来年、平成30年の9月。
ぜひみなさんも『平成30年はマンション購入元年』を叶えるために、
マンションギャラリーを訪れて“理想的な運命の1邸”を探してみてくださいね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP