• 分譲マンション
  • 神奈川県藤沢市
  • 野村不動産・新日鉄興和不動産・URリンケージ・長谷工コーポレーション

住宅ライターの「エアヒルズ藤沢」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > エアヒルズ藤沢 > 現地には、期間限定『眺望体感スペース』が登場!実際の眺望を体感できます!
2017年11月25日

現地には、期間限定『眺望体感スペース』が登場!実際の眺望を体感できます!

さて、前回のレポートでは3つの住居棟のうち、
東向き『グリーンコート』の外観が確認できるようになったことをご紹介しましたが、
もうひとつ、【エアヒルズ藤沢】の現地では、
ぜひ皆さんに“今のうちに”見ていただきたい場所があります。

それは・・・南西向き『カームコート』の目の前に登場した『眺望体感スペース』です!

今回は、マンションギャラリーの小合さんにご案内いただき、
筆者も実際に『眺望体感スペース』に上ってみることにしました!
※以下すべて眺望体感スペースと現地からの眺望・・・・・・2017年11月撮影。

江ノ島のシーキャンドルや、富士山も一望するワイドな眺望!

 
▲この『眺望体感スペース』は建設中の現地敷地内にあるため、
勝手に上がることはできず、必ずマンションギャラリーのスタッフの方に案内していただくことになります。
「ちょうどこの『眺望体感スペース』の位置は、マンションの3階相当に位置しています。
実は、わたしも初めてこの場所に上がったときは、
“こんなに気持ち良い眺望が楽しめるの?”とビックリしました(笑)」と小合さん。


その“ビックリするほどの気持ち良い眺望”がこちら!!!!!


▲わぁ~!藤沢市街をぐるりと一望!確かに気持ち良い眺望ですね!
通常、マンションの3階ぐらいといえば低層フロアで、
窓辺に見えるのは近隣住戸の屋根だったりするものですが、
この【エアヒルズ藤沢】は標高約32mの高台に位置しており、目の前が南垂れの地形となっているため、
低層フロアの住戸からもこんなにワイドな眺望を満喫できるのです!


 


▲案内してくださった小合さんによると、
「この場所からだと、右手の森に隠れてしまって残念ながら見えないのですが、
ちょうどあの森の向こう側には『富士山』が眺められますし、
江ノ島の目印である『シーキャンドル』もはっきり見えます。
上層階からは水平線が見えるようになって、湘南の海が眺められますよ!」とのことでした。
この3階部分の眺望でも十分開放感が感じられますが、
『富士山』や『湘南の海』が毎日の風景の一部になるとは・・・なんとも贅沢ですね(笑)



▲ちなみに、この『眺望体感スペース』はちょうどバルコニーのサイズに合わせて作られており、
奥行き約2.0mのアウトドア空間のゆとりも確認できます。
これだけのスペースがあれば、ガーデンテーブルやチェアなどを置いて
“もうひとつのリビング”としてお洒落に演出できそうですね!



▲余談ですが、筆者個人的には西側の住宅地を一望する風景にも好感が持てました。
“静かで、穏やかな、ゆったりとした住環境”を実感できる眺望です。



▲いかがでしたか?
この『眺望体感スペース』は、工事の進捗に合わせて撤去される可能性もあるため
“この時期だけ”のスペシャル見学コースとなっています。
ぜひ皆さんもこの週末は【エアヒルズ藤沢】マンションギャラリーを訪れて、
「眺望体感スペースの見学希望!」とスタッフの方に伝えてみてくださいね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP