• 分譲マンション
  • 神奈川県藤沢市
  • 野村不動産・新日鉄興和不動産・URリンケージ・長谷工コーポレーション

住宅ライターの「エアヒルズ藤沢」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > エアヒルズ藤沢 > 大道小学校へ徒歩8分、藤ヶ岡中学校へ徒歩7分、教育施設充実の文教エリアに位置しています!
2017年10月31日

大道小学校へ徒歩8分、藤ヶ岡中学校へ徒歩7分、教育施設充実の文教エリアに位置しています!

藤沢・鵠沼・鎌倉の湘南エリアは、かつて公立高校の区分で『鎌倉湘南学区』に分類され、
神奈川県下でも“学力の高いエリア”とされていたことをご存知でしたか?

実際に、藤沢市は横浜・川崎・鎌倉と並び私立進学を目指す家庭が多く、
JR『藤沢』駅周辺にも多くの学習塾・進学塾が集まっています。

そこで今回は【エアヒルズ藤沢】の教育環境についてクローズアップしてみましょう。
※通学指定校/大道小学校・・・・・・現地より徒歩8分(大人の歩行速度1分=80mで換算したもの/約580m)/2017年10月撮影。

教育熱心な校風で知られる大道小学校まで徒歩8分


▲【エアヒルズ藤沢】の通学指定校となっているのは、市立『大道小学校』。
マンションからは、東側に隣接する道路をまっすぐ進むと到着するシンプルな道のりで、
徒歩8分と低学年の子どもたちにも通いやすい距離にあります。
JR『藤沢』駅周辺の市街地にもほど近い場所にありながら、静かな環境とゆったりとした運動場が広がっており、
穏やかな教育環境の中でのびのびと学校生活を送ることができそうです。


この『大道小学校』は昭和30年創立。学級数は3~4クラスと平均的な規模の学校ですが、
先生方も保護者の皆さんも教育熱心な姿勢である点が特徴で、
中学受験を目指している生徒さんも多いのだとか。

また、昨今は給食の食べ残しが社会問題になっていますが、
ここ『大道小学校』の場合は「栄養管理がしっかりしていて、メニューが豊富で、給食がおいしい!」との評判も。

“勉強は理解するまでしっかり行う” “モリモリ食べて心身ともに健康なカラダづくりを行う”
といった校風が定着している点は、親御さんとしても安心できるのではないでしょうか?

ゴージャス設備が評判、藤ヶ岡中学校まで徒歩7分


▲一方、こちらは徒歩7分の場所にある市立『藤ヶ岡中学校』。
うっとりするような豪邸が建ち並ぶ藤ヶ岡エリアのヒルトップに位置しているだけでなく、
校舎自体も「ここは市民ホール?」と見間違えてしまいそうなほどゴージャスな外観。
校門周辺の植栽も丁寧に手入れが行き届いており、
「こんな学校に毎日通えたらステキだなぁ・・・」と思わずうっとりしてしまいました。

※藤ヶ岡中学校・・・・・・現地より徒歩7分(約520m)/2017年10月撮影。

この『藤ヶ岡中学校』は昭和36年に創立した半世紀を超える歴史を持つ中学校ですが、
平成12年に現在の新校舎が完成したため、教室の冷暖房も含め先進の設備が導入されています。

現在の学級数は6クラスと比較的大規模な学校ながら、PTAの皆さんの結束が強い点が特徴で、
「藤ヶ岡おやじの会」では地域の見回りや学校イベントに参加するなど、
パパたちも積極的に教育活動に参加しているそうです。
(藤沢市では学校支援や奉仕活動を行う男性保護者の団体“おやじの会”活動が盛んに行われています)

県下有数の進学校、有名私立付属校などが集まる文教エリア


▲ちなみに、藤沢市では現在、小規模保育事業所や認可保育所の再整備を進めていて
来年度の平成30年4月には579名の定員拡大予定となっていることを発表(※1)。
“待機児童ゼロ”へ向けての取り組みが進められています。
実際に【エアヒルズ藤沢】の周辺にも幼稚園・保育園が多数点在しているため、
「これから新しいマンションで子育てを・・・」と考えているファミリーにとっては心強い立地と言えそうです。

※現地周辺の主な教育施設マップ/クリックすると拡大画像を確認できます。

また、このほかにも、
●慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部・・・・・・現地より約9.1km
●湘南高等学校・・・・・・現地より約2.3km
●日本大学藤沢中学校・高等学校・・・・・・現地より約5.3km
●湘南白百合学園中学・高等学校・・・・・・現地より約3.6km
●横浜国立大学付属鎌倉小学校・中学校・・・・・・現地より約7.7km

などなど、県下有数の優秀な進学校や有名一貫校が身近な場所にあるため、
こうした文教エリアの環境の中に身を置くことによって、まわりのお友達からも影響を受けながら
子どもたちの中で自然に“勉強への関心・向上心”が育まれるかもしれません。


▲子どもたちが学力を伸ばし、今後の進路の選択肢を広げるためには、
本人の努力はもちろんのこと、“置かれている教育環境”がとても大事だと言われますし、
その環境を選んであげることができるのは、保護者であるパパとママです。
ぜひみなさんも【エアヒルズ藤沢】の充実した教育環境について注目しながら、
藤沢での子育て生活をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか?

※建設中の現地の様子・・・・・・2017年10月撮影。

※1/平成29年6月、藤沢市子ども文教常任委員会資料より。
福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

過去の記事

PAGE TOP