• 分譲マンション
  • 神奈川県横浜市青葉区
  • 京阪電鉄不動産・菱重プロパティーズ

住宅ライターの「ファインレジデンス市ヶ尾ディアスタ」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ファインレジデンス市ヶ尾ディアスタ > 住宅ライターが取材を通じて感じた【ファインレジデンス市ヶ尾ディアスタ】魅力のまとめ
2017年08月31日

住宅ライターが取材を通じて感じた【ファインレジデンス市ヶ尾ディアスタ】魅力のまとめ

今年の5月以来4ヶ月にわたり、
【ファインレジデンス市ヶ尾ディアスタ】の生活環境についてご紹介してきた当レポートも、
いよいよ今回が最終回となりました。

そこで今回は、4ヶ月間じっくりとこの物件を取材した住宅ライターの目線で、
【ファインレジデンス市ヶ尾ディアスタ】の“3つの魅力のポイント”をまとめてみました。
※建設中の現地の様子・・・・・・2017年8月撮影。

住宅ライターが感じた魅力のポイント①駅徒歩2分はやっぱり強み!


▲【ファインレジデンス市ヶ尾ディアスタ】の魅力を語る上で、やはり絶対的な“強み”となっているのは、
東急田園都市線『市が尾』駅西口から徒歩わずか2分という“超・駅近立地”でしょう。
※以前のレポートでもご紹介しましたが、
『市が尾』駅は“『渋谷』までドアtoドアで約30分ちょっと”という快適さも持ち合わせています。

※市が尾駅西口の様子・・・・・・現地より徒歩2分(約160m)/2017年4月撮影。



 
▲一般的に“超・駅近”の物件というのは、ガヤガヤとして駅前の街並みの中にあり、
「便利だけど、ちょっと喧喧騒然としたイメージ」を連想しがちですが、
上図からもわかる通り『市が尾』駅のまわりはその多くが『第一種低層住居専用地域』。
いかにも田園都市線沿線の住宅街らしい、空が広く静かで落ち着いた街並みが駅周辺にも広がっています。

※横浜市行政地図情報提供システムより引用した市が尾駅周辺用途地域。
概略データとなりますので、詳しくは横浜市行政地図情報提供システム『i-マッピー』をご確認ください。
※下2点:『市が尾』駅周辺の街並み・・・・・・現地より徒歩2分(約150m)/2017年8月撮影。


加えて、これは筆者自身が感じたことですが、
田園都市線沿線は、土地の起伏が豊かなエリアなので、
駅によっては“急な坂道”に悩まされることが多いのに対し、
ここ『市が尾』駅の周辺は土地の起伏が緩やかで、
駅から現地までの道のりも、ほぼ坂を感じないフラットアプローチになっています。

●住宅地としての安定した人気を集める田園都市線沿線
●駅から徒歩2分
●坂のないフラットアプローチ

という条件が整っている点は、入居した後の暮らし心地の良さはもちろん、
将来『売却』や『賃貸運用』を考えた際にも、
きっと“不動産としての価値”を実感できる物件なのではないか?という感想を持ちました。

住宅ライターが感じた魅力のポイント②買い物施設が駅周辺に充実!

これは、①の『駅徒歩2分・超駅近物件』にも関連づけられることですが、
駅に近い物件だけあって、周辺には日常生活に必要な買い物施設が充実しています。



  
▲『市が尾』駅の改札を出ると、そのまま駅ビル商業施設『エトモ市が尾』に直結!
書店、ファッション雑貨店、合鍵と靴の修理ショップ、100円ショップ、ファストフード店などが揃っているほか、
深夜1時まで営業の『東急ストア』や、こだわりの品揃えが魅力の『成城石井』、
ロープライスがうれしい『西友』など、3つのスーパーを使い分けることができるのです。

※エトモ市が尾(市が尾東急ストア)・・・・・・現地より徒歩2分(約120m)/2017年5月撮影。
※成城石井市ヶ尾店・・・・・・現地より徒歩1分(約40m)/2017年5月撮影。
※西友市ヶ尾店・・・・・・現地より徒歩4分(約270m)/2017年5月撮影。


ちなみに、“スーパーが近所に一ヶ所だけではなく、いくつかの選択肢がある”ということは、
“商品の質や値段を比較して選択できる”ということにつながるため、
家計の健全な節約を考える上でも大切なポイント。

さらに、“駅に近く、徒歩圏内に生活施設が充実している”ということは、
将来シルバー世代になって車を手放す決断をした場合でも、快適な生活を続けられるということですから、
『今』だけでなく『未来』を考えたときにも、“利便性を実感しながら永住できる住環境”と言えるでしょう。

住宅ライターが感じた魅力のポイント③向上心を育む教育環境


先日の『教育環境レポート』でもご紹介しましたが、
【ファインレジデンス市ヶ尾ディアスタ】の公立通学校は、
教育熱心な親御さんが多く、児童も勤勉意欲が高いことで知られる『市ヶ尾小学校』。
マンションからは徒歩9分と、低学年の小さなお子さんでも通いやすい距離にあります。

※市ヶ尾小学校・・・・・・現地より徒歩9分(約680m)/2017年8月撮影。

 
▲また、『市が尾』駅の西口・東口には“塾ビル”と呼びたくなるような
進学塾・学習塾が集まる建物がいくつかあり、
改めてこのエリアにお住まいの皆さんの“教育意識の高さ”が窺えます。

※学習塾がズラリと並ぶ市が尾駅前の街並み・・・・・・現地より徒歩2分(約160m)/2017年8月撮影。

 
▲さらに、駅前の掲示板を見ると『英会話レッスン』や『イタリア語講座』、『ギター教室』など、
大人を対象とした個人レッスンの生徒募集の告知がズラリ!
子どもたちの教育だけでなく、“大人になってからも知識や趣味を深めたいと考えている
向上心の高い方が多いエリアなんだなぁ”と感心させられました。
こうした住環境は、子どもにとっても大人にとっても、良い刺激になりそうですね!

市が尾駅東口の様子・・・・・・現地より徒歩2分(約160m)/2017年8月撮影。

================================================

いかがでしたか?
筆者自身が取材を通して感じた3つの魅力のポイントは、
①田園都市線沿線駅徒歩2分の快適さと資産性
②徒歩圏内に生活施設が充実する暮らしやすさ
③子育て中から子育てを終えた後まで向上心高く暮らせる住環境


ぜひ皆さんも、これらのポイントを意識しながら、ぜひゲストサロンを訪れ、
【ファインレジデンス市ヶ尾ディアスタ】の魅力をじっくりと検証してみてくださいね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

PAGE TOP