• 分譲マンション
  • 神奈川県横浜市青葉区
  • 京阪電鉄不動産・菱重プロパティーズ

住宅ライターの「ファインレジデンス市ヶ尾ディアスタ」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ファインレジデンス市ヶ尾ディアスタ > 『市が尾』駅東口で公開中のゲストサロンへ行ってみよう!
2017年06月17日

『市が尾』駅東口で公開中のゲストサロンへ行ってみよう!

これまでのレポートでは、東急田園都市線『市が尾』駅から徒歩2分の
【ファインレジデンス市ヶ尾ディアスタ】の住環境についてクローズアップしてきましたが、
今回からご紹介するのはモデルルームを含めた『ゲストサロン』の見どころについて。

『ゲストサロン』は、『市が尾』駅を挟んで現地とは反対側の駅東口にありますが、
みなさんはもうお出かけになりましたか?

物件に関する詳しい情報やモデルルームの設備・仕様を細かくチェックできるだけでなく、
前回のレポートでもお伝えしたような『団体信用生命保険』のこと、『住宅ローン』のことなど、
“ちょっと気になるお金の話”も担当者に気軽に相談することができます。

今回は「まだゲストサロンに行っていない!」という方のために、
“ゲストサロンの歩き方”についてご紹介します。
※ファインレジデンス市ヶ尾ディアスタ ゲストサロン・・・・・・2017年6月撮影。

見ごたえたっぷりの『ゲストサロン』へは、
予約を入れてからの来場がオススメ!



 
▲ゲストサロンへ向かう場合は『市が尾』駅の駅ビル『エトモ市が尾』の中を通り抜けて東口へ。
緑の並木道が続く美しい市ヶ尾の街並みを眺めながら『西友』方面へ進むと、
その目の前にゲストサロンがありますから、すぐにわかります。

※東急田園都市線市が尾駅東口の風景・・・・・・現地より徒歩3分(約200m)/2017年6月撮影。

 
▲ゲストサロンへ到着したら、まずは入口で受付を済ませましょう。
ちなみに、じっくりと見学したい場合は、事前に予約を入れてから来場するのがオススメです。
※来場予約はフリーダイヤル:0120-669-321まで!(10:00~18:00/火曜・水曜定休)
物件ホームページの来場予約フォームからも予約可能です。

※以下すべてゲストサロン内の様子・・・・・・2017年6月撮影。

  
▲受付を済ませたら商談ルームへ。希望の間取りや予算について担当者と話をするときは、
パーテションでしっかりと間仕切りされた空間で対応してもらえるので、他の来場者の目も気になりません。
また、小さな子ども連れのファミリーも気兼ねなく来場できるよう、
アニメDVDやおもちゃで遊べるキッズルームも用意されていますよ!




 
▲60分の1サイズの模型が設置された展示コーナーでは、
【ファインレジデンス市ヶ尾ディアスタ】の全体の雰囲気、周辺の建物や公園の桜並木との距離感のほか、
外壁タイルのサンプルを参考に、外観の素材感などを確認することができます。
これは筆者が個人的に楽しみにしているポイントですが、
この物件の意匠性の素晴らしさは、何と言っても“外観のタイル張りの美しさ”にあり!
ゴツゴツとした赤レンガのような風合いの細長いボーダータイルは、粘土を焼いて作った『せっ器質タイル』。
45二丁掛けの『磁器質タイル』と2種類のタイルを組み合わせることで、重厚な趣の外観が完成します。
春の桜の風景や、街路樹の新緑の風景のなかでもひときわ目を惹く存在になりそうですね!

お洒落なモデルルームは76.55㎡《Gタイプ》のメニュープラン


▲そして、ゲストサロン来場の際の“最大のお楽しみ”と言えば・・・やっぱりモデルルームの見学です!
※以下すべてGタイプ(メニュープラン4/オプションあり)モデルルームを撮影したもの。


▲モデルルームは76.55㎡のGタイプ。
基本プランは左の図のように2つのウォークインクロゼットとシューズインクロゼットがついた3LDKですが、
モデルルームではメニュープラン4(有償)の
2LDK+ウォークインクロゼット+シューズインクロゼットにアレンジされています。
基本プランとメニュープランではどのように住み心地が変わるのか?についても
しっかり間取りを見比べながらチェックしてみましょう。


 

  
▲「圧巻!」だったのは、モデルルームのLDサイドに設置されたこのクロゼット!
(基本プランではウォークインクロゼットと納戸だったスペースを変更しています)
このコーディネートのように、インテリアショップで販売されている衣装ケースや布団ケースを
上手に活用すると、機能的な収納スペースが完成します。
これなら余計な収納家具を置く必要がなく、居室空間の有効スペースをしっかり確保できますね!


  
▲他にも、玄関にはゴルフバッグなどもしまっておける大型『シューズインクロゼット』や、
コートをかけておくことができるハンガーパイプ付きの『物入れ』が。
(特に花粉症の季節には、玄関でコートをかけることができると便利ですね!)


 

  
▲洋室(2)の棚付き『クロゼット』や、主寝室のスケルトンタイプの『ウォークインクロゼット』など、
収納スペースをチェックしていくだけでも、すべてご紹介しきれないほど。
「あ、こんなところが収納になってる!」「ここにも収納があるから便利!」と、
扉を開けるたびに嬉しい発見がいっぱいです。


今回ご紹介したモデルルームの仕様については、
一部オプションの有償メニューとなっているものも含まれています。

「どのアイテムがオプションか?」の確認も含めて、
ぜひじっくりと【ファインレジデンス市ヶ尾ディアスタ】のゲストサロンを訪れ、
モデルルームを見学してみてくださいね!

さて、次回のレポートでは、来場者の皆さんに好評の“人気の設備”について詳しくご紹介します。
どうぞお楽しみに!

※モデルルーム写真内の家具・調度品類他オプション仕様は販売価格には含まれません。実際とは異なる場合がございます。設備・仕様はタイプにより異なります。
福岡由美

住宅ライター
福岡由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

PAGE TOP