• 分譲戸建て
  • 愛知県名古屋市緑区
  • 住友林業

住宅ライターの「フォレストガーデン潮見が丘レジデンス」取材レポート

田野 綾子

住宅ライター
田野 綾子

そのうちTOP > フォレストガーデン潮見が丘レジデンス > 指定校「旭出小学校」までの道のりを歩いてみました
2017年03月12日

指定校「旭出小学校」までの道のりを歩いてみました

住まい選びのチェック項目はいろいろありますが、
子育てファミリーが気になるものの1つが教育環境ではないでしょうか?

子どもたちはどんなルートで学校へ通うのか?
通学指定校の「旭出小学校」までの道のりをレポートします。

旭出小学校・・・徒歩4分(約300m)

「旭出小学校」までは徒歩4分で到着します!

出発です!

  
▲新しい看板が設置された現地からスタート。緑高校の横をすすみます。

 
▲正面に「旭出小学校」が見えてきました。通学路の大きなマークが標されています。


▲東門へ到着です。

通学路に変更がなければ【フォレストガーデン潮見が丘レジデンス】の子どもたちは
東門から登校するこのルートが通学路になるのだとか。
「旭出小学校」のメインの門がこの東門です。

「旭出小学校」の正門側は「いこいの道」と呼ばれる道路です

正門側も見てみましょう!


▲こちら側が正門です。このまま真っ直ぐ進むと東門にぶつかります。

 
▲広い校庭のまわりはネットでぐるりと覆われていますから、安心・集中して部活動に取り組みことができますね。
また、正門側の道路はクランクになっていて車はスピードが出せないようになっています。

 
▲ベンチの横の銅像。シャボン玉をふく女の子と猫のデザインです。


▲水飲み場などもあります。

《明るく清くたくましく》が校訓の「旭出小学校」はあの武将とも関りが!?

「旭出小学校」は昭和49年に鳴海小学校から独立しました。

この「旭出」の名前の由来をご存知ですか?

永禄3年(1560年)の「桶狭間の合戦」で、織田信長が今川義元の本陣へ急ぐ途中に「旭出」の地で日の出を迎えました。
これを勝ち戦の前兆と喜んで士気を鼓舞したという故事に由来しているんですって。


▲校章にも日の出がデザインされていますね。

平成28年度は各学年3クラス、
野球、ソフトボール、器楽、サッカー、バスケットボールなど部活動も盛んな学校ですよ。

東門のルートも正門のルートも住宅地の中の道を通る通学路ですから
冬場の日没が早い時などでも安心感がありますね。

『フォレストガーデン潮見が丘レジデンス』と「旭出小学校」の中間あたりに「旭出公園」があります。
ベンチで休憩をしていると遊びにきた子どもたちが、
大きな声で「こんにちは!!」と言いながら前を通り過ぎていってくれましたよ。


▲学校のスグそばです。

また、現在「旭出小学校」の北東に新たな保育園も建設されています。
ますます子育てしやすいエリアになっていきそうですね。

撮影日…全て2017年2月

田野 綾子

住宅ライター
田野 綾子

内装工事から電気工事まで家づくりに関わるあれこれを経験してきた、元ガテン系。
現在は住まい作り手と購入する人をつなぐ存在として、ライター業のほか、住宅関連の番組制作などでも活躍中。
数十年の住宅との関わりをもとにレポートします!

PAGE TOP