• 分譲戸建て
  • 東京都小平市
  • 三井不動産レジデンシャル

住宅ライターの「ファインコート武蔵小金井コリドール・ガーデン」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ファインコート武蔵小金井コリドール・ガーデン > 新緑の季節に、街区内の3つの公園と、お庭の緑をレポート!
2017年06月07日

新緑の季節に、街区内の3つの公園と、お庭の緑をレポート!

前回の記事では、「ファインコート武蔵小金井コリドール・ガーデン」のモデルハウス「No.79」をレポートしましたが、今回は「No.79」の2階の窓からの眺めや、敷地内の公園、景観などについてお届けしていきます。

「ファインコート武蔵小金井コリドール・ガーデン」は、全体計画も見どころのひとつ。以前からこの場所にあったケヤキの大木や、敷地内の公園の緑、それぞれの住棟の植栽など、緑が豊富で、気持ちがいい街並みが造られているんです。
また、遠くから街全体を眺めた時のデザイン性や住棟配置の工夫も、注目したいポイントです。

(上写真…現地にて2017年5月に撮影)

2階の高さから眺めると、空の広さや街のデザイン性がより実感できます

「No.79」2階の洋室のバルコニーに出たら、とても開放的な眺めが広がっていて、思わず「わぁ! 綺麗ですね!」と声を上げてしまいました。

 


▲南向きの「洋室(3)」のバルコニーから、東方向の景色です。
赤みがかったブラウンの屋根がリズミカルに連なっていて、風情ある街並みになっています。全114戸と大規模ですが、画一的にならず、建物ひとつひとつがそれぞれに特徴のあるデザインになっていることもよく分かりますね。
大規模開発で周辺に戸建てが広がっているので、目線を遮る高い建物がなく、空が広く感じます。
(写真左上・右上・下:現地にて2017年5月に撮影)(※1)

豊富な植栽も見どころのひとつ。公園を歩いているような感覚に

また、5月に入ってから特に「いいなぁ」と感じられるようになったのは、敷地内の植栽です。

 


▲それぞれのお宅の庭にある植栽ではありますが、高さのある木と低木が組み合わせてあって、街路樹のような雰囲気が出ています。
敷地内の公園との連続性が感じられるのも素敵ですね。
(写真左上・右上・下:現地にて2017年5月に撮影)

 

 
▲また、プランによって異なる植栽や庭も見ておきたいポイント。
左は「No.71」の玄関へと続くアプローチ、右は「No.72」のリビング・ダイニング・キッチン側に設けられた芝生の庭です。
どのプランの住棟を選んでも、いつも暮らしの側に緑があり、気持ちよさや伸びやかさを感じられるのも「ファインコート武蔵小金井コリドール・ガーデン」のいいところだと感じます。
(写真左・右:現地にて2017年5月に撮影)

 

モデルハウスを案内してくださったスタッフの大門さんによると、「今でも充分緑が豊かだと思いますが、これから数年、数十年と経っていくと、植栽が育って、きっともっと綺麗な景色になると思いますよ。
以前に私が担当していた物件も、数年経ってから現地を訪れてみると、街ができたばかりの頃よりも緑量が増えて成熟した雰囲気になっていて、とても嬉しく感じることがあります」ということでした。

住んでからの街並みや景色の変化も、楽しみですね。

回遊性と開放感を生む3つの公園

また、「ファインコート武蔵小金井コリドール・ガーデン」の街づくりの大きな特徴が、3つの公園。
シンボルツリーのケヤキのある「ケヤキまんなか公園」、「日立国際電気前」バス停近くの「桜いりぐち公園」、「もみじ緑地」と、それぞれ個性ある公園が配置されているんです。


▲街区の入り口部分や大通りに面する場所だけでなく、中心部に、その名も「ケヤキまんなか公園」が配置されているのが大きな特徴のひとつ。
公園に接する住宅が多くなって開放感が生まれます。
また、こちらの公園を中心にしてあちこちに行き来することができ、回遊性が高まる効果も期待できるそう。

 

 
▲こちらが「ケヤキまんなか公園」。
以前から地域の人々に親しまれてきた既存樹のケヤキをシンボルツリーに、親しみを持ってもらえるような公園にしたそうです。
非常時にはかまどとして炊き出しに使えるベンチや、テントが設営できる東屋など、防災機能も備えているんですって!
(写真上・左下・右下:現地にて2017年5月に撮影)

 

 
▲既存樹のシダレザクラと、新しく植樹したソメイヨシノが綺麗な「桜いりぐち公園」。
これから木が樹齢を重ねていくと、より華やかな景色が楽しめそうです。

上の写真は緑が綺麗な5月中旬に撮影したもの、下の2枚は桜が咲いていた4月上旬に撮影したものです。
季節によって、こんなに違う景色が楽しめるんですね!
(写真上:現地にて2017年5月に撮影/写真左下・右下:現地にて2017年4月に撮影)

 

 
▲「もみじ緑地」も、風情のある公園です。本来はもう一軒家が建てられたところを、街としての魅力を高めるためにあえて公園にしたのだとか。
こちらの写真を撮影した4月中旬、既存樹のモミジがちょうど紅葉していました。
花と紅葉が一度に楽しめるなんて、ちょっと得した気分になれそう。
「もみじ緑地」にも、災害への備えとして防火水槽が設置されているのだそうです。
(写真左・右:現地にて2017年4月に撮影)

 

少し離れたところから見ても、公園の中に入って眺めても、「緑が綺麗で、空が広い街だなぁ」と感じられるのが、「ファインコート武蔵小金井コリドール・ガーデン」の街並みの良さだと感じます。

現在は、敷地西側の第4街区の建設が進められているところ。街全体が完成したら、もっと緑豊かな景色が楽しめそうです。

さて、次回は、資金計算について考えていきたいと思います。引き続き、お付き合いくださいね!

※掲載の写真はモデルハウス「No.79」を撮影したものです。家具・調度品等は販売価格に含まれません。
※1:現地「No.79」の2階相当から南東方面を撮影。眺望は階数、方向によって異なり、全ての住戸に該当するものではありません。なお、眺望等は将来的に保証されるものではありません。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP