• 分譲マンション
  • 東京都足立区
  • 京阪電鉄不動産

住宅ライターの「ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト > 共用部レポート(2)ゲストが宿泊できるオーナーズスイートなどを紹介します
2017年08月31日

共用部レポート(2)ゲストが宿泊できるオーナーズスイートなどを紹介します

8月末の入居開始を控え、共用部のインテリアの搬入・整備などが進む「ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト」。
共用部レポートの2回目となる今回は、「フォレストゲート」を入ってすぐの場所にある「オーナーズラウンジ」や「オーナーズスイート」を中心に紹介していきたいと思います。

取材した8月下旬は共用部の準備が整えられている真っ最中でしたが、熟練の職人さんの手により、マンション内は日々整備が進められています。
これまで完成予想CGでしか見られなかった部分も、今なら実物を見て確かめられますから、マンションの暮らし心地を判断するにはとても良い機会といえるかもしれません。

「オーナーズラウンジ」は、カフェのような居心地のいい空間です

さてそれでは、完成した共用施設の一部をレポートしていきたいと思います。

こちらは「王子神谷」駅や「環七新田」バス停に近い「フォレストゲート」を入ったところにある「オーナーズラウンジ」です。

  
▲目の前の大きな窓からパティオ(中庭)の緑が見える「オーナーズラウンジ」。
ナチュラルな色調のソファーやテーブル、シェルフが置かれていて、居心地のいいカフェのような空間になっていました。
天井の間接照明も、温かみのある雰囲気づくりに一役買っていますね。

 

こちらの「オーナーズラウンジ」はエントランスから1階住戸やエレベーターホールへ向かう動線から少し奥まった場所に設けられていますし、人の出入りが頻繁になりそうなメールコーナーやミニショップとはパティオを隔てた別の棟になりますから、落ち着いて過ごせそう。

気分転換やお友達とのお喋り、待ち合わせなどの場としても使えそうですね。

取材時にちょうど見学に訪れていた方が「わあ、素敵だね!」「ここ、いいなぁ~」としばらく立ち止まって見ていらっしゃったのが印象的でした。

遠方の親戚やお友達の宿泊に。「オーナーズスイート」も用意されています

また、いくら新築マンションといっても、遠方に住む親戚やお友達に泊まってもらうとなると、準備など結構大変なものですが(笑)そんな時に便利な「オーナーズスイート」も、私が「いいな!」と思った共用施設のひとつです。


▲「オーナーズラウンジ」は、前回紹介した「キッズワールド」と同様「フォレストコート」の1階部分にあるのですが、こちらの共用廊下にはシックなアートが飾ってあり、どことなくホテルのような雰囲気。

 

 
▲広々としたベッドルームと、洗面室、バスルーム、トイレが設置されている「オーナーズスイート」。床は絨毯張りで、アクセントクロスがおしゃれな印象です。
ちょうど家具や寝具が搬入されたばかりのタイミングで撮影したのですが、これからテレビや簡易冷蔵庫なども入るそうですよ。

 

玄関を入ってすぐの場所にはシューズインクロークがあり、ベッドの横にも大きなウォークインクロゼットも用意されていました。荷物が多い方も、快適に宿泊してもらえそうですね。

 
▲テラスにも出られるようになっていて、コンパクトなビジネスホテルよりもずっと快適!
リネン類のお手入れやお部屋のお掃除は管理会社の方が行ってくれますので、泊める側も、泊まる側も気兼ねなく、気持ちよく過ごせるのではないでしょうか。

 

こちらの「オーナーズスイート」、利用は無料ですが、別途リネン代がベッド1台につき1500円必要とのこと。歯ブラシや石鹸などがセットになったアメニティセットの販売もあるそうですから、予約ができれば、急な宿泊にも対応できそうです。

 

こういった宿泊施設がマンション内に用意されていると、自宅に来客用の寝具を用意しておかなくていいという気軽さもあります。
「来客用の布団ってかさばるんだけど、いざという時のことを考えるとなかなか処分もできないし……」と困った経験がある方は、ゲスト用の宿泊スペースがあるマンションを検討してみてもいいかもしれませんよ。

大規模マンションならでは! 他にもさまざまな共用施設があります

さらに、ちょっとした食品や日用品などのお買物に便利な「ミニショップ」や、Wi-fiも使える「スタディサロン」などがマンション内に用意されています。(整備作業中だったので、写真が撮影できなくてごめんなさい!)

こういったさまざまな共用施設は、戸数の少ないマンションや一戸建てではなかなか採用できない大規模マンションの特典です。

 
▲敷地内に約12,000本もの樹木がある「ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト」。中でも「グランドエントランス」の前にあるシンボルツリーのケヤキは、ひときわ存在感があります。
樹形や葉の付き方にまだ若さを感じますが、これから住む人と共に大きく育っていきそう。家族の記念日写真などをここで撮ったら、素敵な思い出になるかもしれませんね。

 

  
▲また、「グランドエントランス」の近くにはメールコーナーがあり、大型の宅配ロッカーも用意されています。
宅配ロッカーはタッチパネル式で、センサーに住戸の鍵をかざすと、着荷したロッカーがパカッと開く仕組み。

 


▲また、私自身もマンションに暮らしていて、日ごろ「助かるな~」と感じているのが、24時間365日、好きな時にゴミ出しができるということ。特に毎日のようにおむつを捨てていた時期や、ホームパーティーの後で空き缶・空き瓶がたくさん出た時、悪天候の日などは、「マンションで良かったなぁ」と思いました。

「ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト」は屋根付きのゴミ置き場があるので、雨の日も傘を持たずにゴミ出しができます。敷地内なので夜も真っ暗にならず、安心感がありますね。

 

さて、5月からお届けしてきた「そのうち」も、今回で最終回。
皆さんが「住みたい」と思う「その、うち!」を見つけるお手伝いができていたら、嬉しいです。

 

取材時に、「ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト」の販売スタッフさんにお聞きしたところ、建物が完成して実物が見られるようになってから、販売も好調に進んでいるとのこと。
「いいなぁ」と思うポイントがあったら、なるべくお早めに、現地インフォメーションセンターへお問い合わせしてみた方が良さそうですよ!

※掲載の写真はすべて2017年8月に撮影したものです。
※共用部利用の際は管理規約に従う必要があります。共用施設のご利用には予約が必要なものがあります。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP