• 分譲マンション
  • 東京都足立区
  • 京阪電鉄不動産

住宅ライターの「ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト > 月々いくらの返済額で買える?住まいの買い時は?について考えてみましょう
2017年07月31日

月々いくらの返済額で買える?住まいの買い時は?について考えてみましょう

マンションを買おうか迷っている方が気になっているポイントというと、「月々どれくらいの支払額で買えるのか」「将来も住宅ローンを返済していけるのか」ということに加えて、「今買った方がいいのか、もう少し待った方がいいのか」ということではないでしょうか。

私も約10年前にマンションを購入しましたが、実は同じようなことでずいぶんと迷いました。
でも、今当時のことを振り返ってみると、「あの時買っておいて良かった!」と思います。

今回の記事では、その理由や、「ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト」の月々の返済例と住宅ローン金利事情などを交えつつ、「今、マンションを購入すること」について考えてみたいと思います。

マンションって“今”買った方がいいの? “買い時”っていつ?

不動産市況をチェックしていると、毎年必ずといっていいほど出てくる「今はマンションの買い時かどうか?」というテーマですが、かれこれ20年近く住宅ライターとして活動するなかで、ファイナンシャルプランナーや不動産の専門家などにお話をお聞きしていると、皆さん口をそろえて「その人が『買いたい』と思った時が、マンションの買い時」と言います。

投資用の不動産とは違い、住むためのマンションは「暮らし」や「家計」と切り離せないもの。
市況に関わらず、家計がしっかりと管理でき、家族構成の変化や必要性などのタイミングで「買いたい」と思ったなら、その時に行動するのがベストということなんですね。

 

私が自分自身のマンション購入体験から実感しているのもまさにそこです。

我が家の場合は1人目の子どもが生まれたことがきっかけでしたが、分譲マンションの設備・仕様は、賃貸アパートのそれとは格段に違うもの。それまでよりもずっと広くなったリビングやキッチン、寝室で暮らせたこと、使い勝手のいいバスルームや洗面室、収納のおかげで育児が楽になったこと、建物の遮音性や断熱性、耐震性、セキュリティ面への不安がなくなったことなど、マンションを買ったことで暮らしそのものを楽しめるようになりました。

「ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト」は、月々どれくらいの支払額で買える?

とはいえ、今の家賃と比較して、月々の返済額があまりにも高くなってしまうようでは、購入を現実的に考えることは難しくなります。

「ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト」の返済例を見てみると……


▲住戸の一例ですが、南向き、67.81m2、3LDK+ウォークインクロゼット、テラス+専用庭付きのプランで、予定販売価格が2,898万円。
月々の支払額は、76,839円

現在の家賃と比較してみると、払える金額かどうか判断しやすいと思います。

 

ちなみに、「王子神谷」駅周辺の、3LDKの家賃相場(※1)は、136,300円。管理費や修繕積立金などを足しても、借りるより買った方が、月々の負担が軽くなるんですね。

>>家を買うメリットについては、こちらの記事でも特集しています。

頭金が貯まるのを待つより、すぐに購入した方が得なことも!

また、購入を検討し始めた時、気になるのが手持ちのお金のこと。
「頭金は、物件価格の2割は用意した方がいい」なんて聞いたことがある人も多いかもしれません。

確かに頭金を多く用意するほど、住宅ローンの借入金額を少なくすることができ、総支払額を減らすことができるのですが、「頭金を貯めなければ!」と頑張るあまり、先ほど述べたような“買い時”を逃してしまうのは、ちょっともったいないんです。

それは、今が“超低金利時代”といわれる時期だからというのも、理由のひとつ。

2016年に日銀が打ち出した金利政策などの影響により、住宅ローン金利は現在も低い水準で推移しています。
今マンションを買って、長期の固定金利で住宅ローンを組んでいれば、今後経済状況が変わって金利が上昇することがあっても、今の低金利時代の恩恵をずっと受けることができます。

 
▲「ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト」は、完成済みのマンションというところも注目ポイント。
住宅ローン金利は「実行時(引渡し時)」のものが適用されるので、“今”の水準の金利で住宅ローンを申し込めます。

 

先ほどの返済例を見ても、今の金利と物件価格であれは、頭金ゼロでも月々の支払額は抑えられます。

「まずは頭金をしっかり貯めてから」と先送りにしているうちに、物件価格や金利が上昇してしまい、結果的に総支払額が高くなってしまった……ということもあり得ますし、特に新築分譲マンションの場合は、販売開始から引渡しまで2年近くの年月を要することもありますから、重い腰を上げて物件探しを始めても、そこからさらに金利が変動してしまうことも考えられます。


▲何よりもったいないのは、頭金を貯めている間にも住居費はかかるということ。賃貸住まいであれば、その間ずっと家賃が発生します。

最新の設備が整った新築分譲マンションに暮らしながら、住宅ローンを返済しながら資産を形成していくのと、あと数年間「こんな家に住みたいなぁ」「住まいがもっとこうだったらいいのになぁ」と不満を抱えつつ、家計をやりくりして貯金に励むのと……。

結果的に総支払額が変わらなかったとしても、前者の方が、毎日気持ちよく暮らせそうです(笑)

 

とはいえ、家計の状況や住まいに求めることはそれぞれの家庭によって違うので、一概に「こう」とは断言できません。
「我が家の場合はどうなんだろう?」「本当に買えるのかな?」「損はしないのかな?」と気になることがあったら、一度「ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト」の現地インフォメーションセンターにお問い合わせしてみてくださいね。

プロの立場から、資金計画や市場動向、プラン選びのことなどをアドバイスしてもらえますよ!

※提携ローンのご案内…●取扱金融機関/提携都市銀行 ●融資限度額/100万円以上1億円以内(購入価格の100%以内・10万円単位) ●返済期間/1年以上35年以内(仮審査申込時の年齢が満20歳以上、借入時の年齢が満66歳未満で、完済時満80歳までの方) ●返済方法/元利均等返済および元金均等返済(ボーナス併用可) ●金利/変動金利0.625%(店頭表示金利年2.475%から全期間▲1.85%適用後の金利)金利は借入月の金利が適用されます。 ●取扱い手数料/32,400円(消費税込) ●保証料/融資額100万円あたり20,611円(元利均等返済で借入期間35年の場合の概算) ●事務代行手数料/86,400円(消費税込)(提携不動産会社分) ※融資額と返済期間により異なります。 ※借り入れのためには、年収等の一定の条件を満たす必要があります。※上記ローン概要は平成29年3月1日現在のもので融資条件は金利・金融情勢の変化などにより変更される場合があります
※1:住宅ポータルサイト3社(ライフルホームズ、SUUMO賃貸、CHINTAI)の「王子神谷」駅の3LDK物件の平均。2017年7月25日現在。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

住宅ライター。賃貸、分譲、中古も新築も、さまざまな住宅・不動産分野の記事を担当してきました。住宅最新トレンドや自分の足で調べた現場のことなど、自身の取材で得た情報を第三者目線で徹底的にレポートします。

PAGE TOP