• 分譲マンション
  • 静岡県藤枝市
  • ヨシコン

住宅ライターの「エンブルレジデンス藤枝駅南」取材レポート

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

そのうちTOP > エンブルレジデンス藤枝駅南 > 再開発が進む藤枝駅南エリアに注目!~その2~生活施設が身近に充実

再開発が進む藤枝駅南エリアに注目!~その2~生活施設が身近に充実

再開発でキレイになったJR藤枝駅南口。

平日の昼間はゆったりと落ち着いた雰囲気を漂わせていますが、駅前のイルミネーションが灯される夕暮れ時ともなると部活帰りの学生や買い物袋を提げた主婦、帰宅するサラリーマンなどたくさんの人が行き交い、さまざまな人々の暮らしの情景が見えてきます。これは大型商業施設や学校、公園などが集まる藤枝駅ならではの特徴と言えるかもしれませんね。

前回は駅直結の「オーレ藤枝」をご紹介しましたが、藤枝駅南口近くにはほかにも便利なスポットが集まっています。
今回はそんな駅前の3分圏内にある商業施設をレポートしたいと思います。

アピタや複合商業施設のBiVi藤枝など、商業施設が徒歩3分圏内!

スクランブル交差点の南東角には生鮮食品や生活雑貨を扱う「アピタ藤枝店」があります。
地元紙のニュースによると、残念ながら「アピタ藤枝店」は今年6月の閉店が決定しているとのことですが
その後も建物をそのまま利用して、スーパーを中心とした商業施設とする方向で調整中だそうです。
(※店舗は未定)

アピタ
▲アピタ藤枝店・・・現地より約140m徒歩2分
アピタは閉店してしまいますが、その後のお店情報をキャッチでき次第ご報告したいと思います。
新しくマンションが完成する頃には駅前に新たな景観が生まれているかもしれませんね。

また、アピタの斜向かいにあるのが2009年にオープンした「BiVi藤枝」。
映画館「藤枝シネ・プレーゴ(4F)」、「藤枝市立図書館(3F)」のほか
飲食店や書店など多彩な店舗や施設で構成されているショッピングモールです。

Bivi
▲BiVi藤枝・・・・・現地より約240m徒歩3分

053
▲藤枝シネ・プレーゴは7つのスクリーンと総席数900席のいわゆるシネマコンプレックス(シネコン)。話題の映画を公開日に地元で楽しめるなんてちょっと贅沢な気分も味わえそうですね。

マンジャピエーノ2 ガーデンズ2
▲「BiVi藤枝」の近くには、おしゃれな雰囲気のレストランも。
休日は家族揃ってレストランでランチというのも、たまには良いですね。
※写真左/マンジャ ピエーノ(イタリアン)
※写真右/藤枝四川飯店&ガーデンズ(四川料理)

駅南公園 駅南公園3
▲広々とした「駅南公園」も、すぐ近く。芝生広場や噴水などがあり、潤いを感じる気持ちの良い空間です。
ターザンロープ(写真右)は、なかなか他ではないアトラクション遊具とあって、大人気!

わざわざ車を出さなくても、徒歩数分圏内で買い物や食事、公園遊び、そして映画まで楽しめる環境は
子育て世代にとっても、定年後など将来を見据えても、便利で安心なのではないでしょうか。

BiVi藤枝には子育てファミリーにうれしい遊び場や幼児教室も!

BiVi藤枝には商業施設ばかりではなく、幼児教室やおやこ館など、小さなお子さんがいるファミリーにうれしい施設もありましたのでご紹介しましょう。

2階にある「ふじえだおやこ館」ではお話し会や子育てサロン、栄養士さんを囲んでおはなしできるイベントなどが開催されています。掲示板にイベントの予告があるので気になるイベントをチェックして参加してみてもいいかも。

059 058

1歳から通える、小学館の幼児教室「ドラキッズ」では楽しいキャラクターと一緒に遊びながら学べるプログラムが用意されています。

どらキッズ
教室の入り口が「どこでもドア」になっていたりと遊び心もいっぱい。体験レッスンもあるそうなのでご興味のある方は覗いてみてくださいね。

055 065

絵本コーナーも充実した図書館は雨の日でもお出かけできる定番スポットになりそう。
私が取材した日は月曜日。残念ながら図書館は休館日でした。

045
▲その他駅南から延びる通りには多彩な商業施設の場所が記されているこんな看板も立っていますのでチェックしてみてくださいね。

駅南エリアでは地域の活性化のために設立された「まちづくり藤枝」によるまちおこしイベントも定期的に開催されているとのこと。みなさんも是非参加してみてはいかがでしょうか?

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

15年以上住宅業界漬けのコピーライター。
モデルルームを見ると間取りはもちろんタイルなど細部の仕様まで気になってしまう住宅&インテリアフェチ。気に入った家具がないと自宅マンションに造作工事を入れるほどのこだわりの持ち主。

この物件の他の記事
この物件の他の記事 PAGE TOP