• 分譲マンション
  • 静岡県静岡市清水区
  • ヨシコン

住宅ライターの「エンブルエバー清水駅前」取材レポート

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

そのうちTOP > エンブルエバー清水駅前 > 外観完成!棟内モデルルームグランドオープン直前の様子をレポート!【第2弾】
2017年03月30日

外観完成!棟内モデルルームグランドオープン直前の様子をレポート!【第2弾】

3月に入り、街並みに映えるスタイリッシュな外観がお披露目された、【エンブルエバー清水駅前】。前回のレポートでは棟内モデルルーム見学でチェックしていただきたい外観や共用部、眺望などリアルな建物の様子をご紹介しました。今回は気になる実際のお部屋の中をレポートしたいと思います。

棟内モデルルームで押さえておきたいポイントを事前にチェック!

今回オープンしたモデルルームは7階Cタイプの701号室。
まずは間取りを確認しておきましょう。

Cタイプの基本プランは2LDK+WIC(ウォークインクロゼット)+SR(サービスルーム)ですが、モデルルームは1LDK+WIC+SRに間取り変更されています。


▲【Cタイプ2LDK+WIC】
専有面積75.85平米
バルコニー面積13.87平米

オレンジ色の線で囲んだ部分の壁をなくし、21帖のワイドなLDKを実現しています。


▲こちらが棟内モデルルームのリビングダイニング。インテリアは仕上げ工事の最中でしたが開放感を実感できます。


▲棟外モデルルームのリビングダイニングを撮影した写真と比べると、窓側中央部に設置されていたスリット状の造作壁をなくすことでたっぷり自然光が取り込める明るい空間になっていることがわかりますね。

南面の窓から降り注ぐたっぷりの日差し。実際にどれくらい明るいのかを確認できるのも棟内モデルルームならでは。気になる時間帯に出かけてみるのもいいかもしれませんね。

基本プランで設置されていた洋室のクロゼットを残すことでリビングダイニングの収納力も確保しています。

 
▲掃除道具や季節物家電などもたっぷり入るクロゼット。壁面にすっきり収まっているので圧迫感がありません。

また、ビルの中に設置されていた棟外モデルルームでは眺望やバルコニーの開放感まで確認することはできませんでしたが、今回オープンしたモデルルームではリアルな景色や開放感を体感できます。


▲バルコニーからの富士山も必見!

こちらは洗濯物を干すだけではもったいないほどゆったりと広いバルコニー。
 
▲スロップシンクも設置されているのでガーデニングも楽しめそう。
使わないときはコンパクトに収納できる物干し金物や、床面の木目調シートも標準装備されています。

ヨシコンの分譲マンション「エンブルシリーズ」の特徴

エンブルシリーズでは永く快適に暮らしていただくため、プランニングに様々な工夫が凝らされています。


▲注目していただきたいのは間取り図で印がついている「玄関」、「廊下」、そして「リビングダイニングの柱」の3点。

例えば、共用廊下から少し奥まった玄関。

 
▲このように、ちょっとしたポーチのようなスペースを設けることでプライバシーに配慮されているんですよ。

また外部収納があるので、スポーツ用品やアウトドア用品など家の中に持ち込みたくないものをしまっておくことができます。万一に備えて防災グッズなども入れておくといいかもしれませんね!

南面LDには柱のでっぱりがないアウトポール設計を採用。


▲柱のないスクエアな空間は、広い印象を与えるだけでなく、家具のレイアウトがしやすいといったメリットがあります。

そして、注目していただきたいのは一般的な分譲マンションと比べて廊下が短いという点。
エンブルシリーズでは、居住スペースや収納などをより広く確保するため、極力廊下を短くしているんです。

棟内モデルルームを見学される際は、なんとなく素通りしてしまいそうな上記ポイントにも注目してみてくださいね。

設備や収納は実際に触れることで使い勝手が実感できる

モデルルームを見学する際、キッチンやバスルームといった水廻りや収納量って気になるところ。扉や引き出しなど気になるところは開けて中を見ることも大切なんですよ。

 
▲例えばキッチンに立ったとき、シンクの広さだけでなく水栓や食洗器にも手を延ばしてみるとシンク廻りのお手入れのしやすさも確認できるんです。

洗面室にもチェックしてほしいポイントが満載。


▲洗面化粧台は天板とボウルが一体化されたシンプルなデザインなので、お手入れも簡単!いつも清潔に保つことができそう。

 


▲パウダールームにはリネン庫やヘルスメータースペースのほか、三面鏡の裏の収納スペースが確保されているので小物類もすっきりとしまっておくことができます。

さらに主寝室に併設されているウォークインクロゼットにも注目!

 


▲扉を開けると大容量の収納空間が!これならご夫婦の衣類や帽子などはもちろん、大型のスーツケースも収納可能。

こんな収納があればお部屋を有効に使うことができそうですね♪  

いかがでしたか?竣工間近な分譲マンションだから見ることができる棟内モデルルーム。
実際の建物を確認して納得してから購入したいという方にとっては今がチャンス!
棟外モデルルームをすでに見学された方も、是非完成した建物に足を運んでみてください。きっと新しい発見があるはずですよ!

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

15年以上住宅業界漬けのコピーライター。
モデルルームを見ると間取りはもちろんタイルなど細部の仕様まで気になってしまう住宅&インテリアフェチ。気に入った家具がないと自宅マンションに造作工事を入れるほどのこだわりの持ち主。

この記事を読んだ方へのオススメレポート
PAGE TOP