• 分譲マンション
  • 静岡県静岡市清水区
  • ヨシコン

住宅ライターの「エンブルエバー清水駅前」取材レポート

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

そのうちTOP > エンブルエバー清水駅前 > 世界遺産へも気軽におでかけできる清水駅前に暮らそう!
2017年02月27日

世界遺産へも気軽におでかけできる清水駅前に暮らそう!

ヨシコンの新築分譲マンション【エンブルエバー清水駅前】が建設される清水区について皆さんはどれだけ知っていますか?「ちびまる子ちゃん」の舞台であること、J1復帰を果たしたサッカークラブ清水エスパルスのホームタウンであることはご周知の通り。観光地としては三保の松原がユネスコの世界文化遺産に登録されたことで世界的にも知られるようになったのは記憶に新しいかもしれませんね。今回はそんな地元清水区を代表する観光地「三保の松原」を探訪してみたいと思います。

清水に住むなら是非知っておきたい地元の歴史と文化

2005年4月1日、静岡市の政令指定都市移行と同時に、旧清水市の全域が清水区として発足。清水は、古くから駿河湾奥・三保湾に位置する港町として、清水港を中心に海運の中継地として発展してきました。JR「清水」駅が清水港に近いのは港を中心とする産業で栄えてきた歴史背景も大きく影響しているんですね。

みなと口 みなと口案内
▲こちらは清水港へのアクセスに便利な清水駅の通称「みなと口」。

ドリームプラザバス
▲みなと口からはエスパルスドリームプラザへの無料シャトルバスが発着しています。

清水区の観光資源として外せないのが「三保の松原」。世界文化遺産の登録以来、外国船員からの人気も高まっていて、ここ最近ではクルーズ客船の寄港も多いのだそうです。

因みに清水駅~三保の松原へのアクセスはバスの他、水上バスの利用も可能。清水駅から三保まで船(水上バス)を利用する場合もみなと口が便利です。

 
▲船の乗船券の券売機と乗り場は、清水魚市場「河岸の市」内に設置されています。船の待ち時間や帰りに「河岸の市」で食事やお買い物をするなら水上バスがおススメ!

水上バス案内 033

水上バス乗り場
▲三保までの所要時間は30分程度。
「三保」→「三保松原入口」へバスで10分程度です。

 

JR清水駅からバスを利用して三保の松原へ!

今回はバスに乗って世界遺産に登録された風景を見に行って見たいと思います。

西口バス
▲利用したのは静岡市民にお馴染みのしずてつジャストライン。
清水駅前「江尻口」に近い3番のりばから発着する三保山の手線。

バス時刻表
▲「三保の松原入口」停を通るバスは日中10分間隔で運行されているので時間を気にしなくてもよさそう。

この路線は清水区役所や波止場フェルケール博物館、エスパルスドリームプラザといった主要施設が沿線にあるため、ダイヤも充実しています。利用者も多いのですが、清水駅が始発なので座ることができましたよ。

「JR清水駅前」~「三保の松原入口」停までの所要時間は平日午前中で約25分でした。

三保松原入口
▲「三保の松原入口」停を下車したところで三保の松原への案内図を確認。ここから徒歩15分です。

 三保の松原案内
▲降りたバス停近くの「御穂神社入口」交差点を反対側へと渡り、住宅街を抜けると御穂神社に突き当たります。私は神社の敷地に沿って道路を歩きましたが神社の中をお参りしながら散策してもいいかも。

神の道
▲御穂神社の鳥居の正面にあるこちらの歩道は「神の道」。樹齢200年から400年といわれる大きな松の木たちはとても神々しい雰囲気を漂わせています。

062 松林越しに海
▲約500mの神の道の先に見えてくるのが「三保の松原」です。

ユネスコ看板
▲入口近くにユネスコの看板も発見しました!

069
▲松林を抜けると目の前に海が開け、左手には富士山がみえてきます。

富士山を見るなら冬の晴れた午前中がおススメという情報通り、雲一つない青空にくっきりときれいな姿を見せてくれました!

三保の松原について知っておきたい基礎知識

清水港を抱えるような格好でカギ型にでっぱっている三保半島。この地形は、安倍川から海へと流された土砂が太平洋の荒波に運ばれ、日本平の山を削りながら何百年にわたり流された土砂が、静岡海岸、清水海岸に砂浜を作り、出来たとされています。

三保の松原一帯は実は平安時代から景勝地として親しまれていたそうで、日本最古の和歌集である『万葉集』にも記載があるのだとか。また、駿河湾を挟んで望む富士山や伊豆半島の美しい眺めは歌川広重の『六十余州名所図会』などの浮世絵にも描かれているんです。

三保の松原には、天女が羽衣をかけたと言われる「羽衣の松」が祀られています。

羽衣の松
▲こちらの「羽衣の松」は実は三代目。初代は300年以上前の宝永大噴火のとき海に沈み、二代目は老朽化のため、2010年に引退したとのこと。現在の松の枝ぶりもかなり立派です。

047
▲「羽衣の松」は、道中にあった「御穂神社」の御神木とされているんですって。つまり三保の松原と御穂神社を結ぶ「神の道」は参道ということだったんですね!

ところで三保の松原の前に広がる海岸で、白い帯をまいたような石を見つけると願い事がかなうというジンクスがあるってご存知ですか?


▲ハチマキ石と呼ばれているそうで受験のお守りにする人もいるそうですよ。私もみつけちゃいました。

いかがでしたか?
古くから人々に愛されてきた地元の原風景。駅前の快適な暮らしを満喫しながら気軽に世界遺産に親しむことができる環境ってステキだと思いませんか?皆さんもぜひ三保の松原の散策を楽しんでみてくださいね!

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

15年以上住宅業界漬けのコピーライター。
モデルルームを見ると間取りはもちろんタイルなど細部の仕様まで気になってしまう住宅&インテリアフェチ。気に入った家具がないと自宅マンションに造作工事を入れるほどのこだわりの持ち主。

PAGE TOP