• 分譲マンション
  • 静岡市葵区
  • ヨシコン

住宅ライターの「ザ・エンブル七間町」取材レポート

福岡 由美

住宅ライター
福岡 由美

そのうちTOP > ザ・エンブル七間町 > 静岡の春の風物詩『第61回静岡まつり』が開催されました!
2017年04月07日

静岡の春の風物詩『第61回静岡まつり』が開催されました!

先週末、3月31日(金)~4月2日(日)の3日間、
静岡都心に本格的な春の訪れを告げる『静岡まつり』が開催されました!

1日・2日の土日には、『静岡まつり』のメインストリートである御幸通りと、並行する呉服町通り、
そして、【ザ・エンブル七間町】のお膝元の七間町通りで交通規制が行われ、
音楽パレードや大御所花見行列などの恒例行事が盛大に行われました。
※以下すべて、静岡まつり会場の様子・・・・・・現地より徒歩10分(約800m)/2017年4月撮影。

御神輿からの菓子撒きをお目当てにしている人も!



 
▲筆者が『静岡まつり』の会場に訪れたのは、最終日の2日日曜日午後。
ちょうど各町内の御神輿が歩行者用道路に沿って練り歩いている真っ最中でした。
街の角を曲がるたびに、あちこちからお祭りの笛の音や軽快な太鼓のリズムが聞こえてきます。


この『静岡まつり』は、1957(昭和32)年にスタートし、
東日本大震災が発生した2011(平成23)年を除いて、毎年開催されてきました。

今年で何と61回目!
毎年4月の第1金曜日から3日間開催される“静岡市最大のイベント”です。
※今年は暦の都合で3月31日の金曜日から開催。

「“大御所”徳川家康公が大名や旗本などを引き連れて花見を楽しんだ」
という故事に倣って、いつも桜の咲く頃に行われるのですが、
今年の静岡は残念ながらソメイヨシノの開花が例年よりも遅く、
『静岡まつり』の最終日にようやく開花宣言となったため、ちらほらと花開く中でのお祭りとなりました。



 
▲こちらは呉服町通りの行列。旗本に扮した男性や町娘に扮した子どもたちなど、
参加している人たちは照れくさそうにしながらもどこか嬉しそう(笑)


ちなみに、メインイベントとなる『大御所花見行列』に参加したい場合は、
毎年2月の〆切りで募集がかけられるそうですから、
“静岡市民”として一生に一度は参加してみたいですね(笑)
※参加料金はひとり1000円、お大老・老中・後詰奉行役は乗馬の練習費が追加されるため含め1万2000円が必要です。


▲おや?【ザ・エンブル七間町】からもほど近い七間町通りの『静岡伊勢丹』前を通りかかると、
なにやら御神輿のまわりにものすごい人だかりができていました!



▲どうやら『菓子撒き』の真っ最中のようで、
御神輿からカラフルな包装紙に包まれたラムネやキャンディが勢い良く撒かれています。
基本的には子どもたちが優先ですが、
オトナの皆さんも真剣な眼差しで“お菓子キャッチ”にチャレンジしていました(笑)
なんだかほのぼのとして微笑ましいお祭り風景です。


 
▲他にも、『新静岡』駅近くの御幸通りでは、『静岡』駅前へと向かってこんな盛大な音楽パレードが!

 
▲また、お馴染みのイベント広場『青葉公園』には屋台とテーブルがズラリと並び、
お祭りムード満点の中でご当地グルメやビールを堪能するグループで盛り上がっていました。

祭りの喧騒を眼下に眺めながら静寂をキープするザ・エンブル七間町


▲ところで、【ザ・エンブル七間町】が面している七間町通りは、
マンションのすぐ北側を走る昭和通りの交差点までが交通規制エリアとなっています。
実は、七間町通りの昭和通り側エリアは『静岡まつり』のメインストリートからほんの少し離れているので、
お祭りの賑わいを近くに感じながらも、大勢の祭り客がぎっしりと行き交うことはなく、
上の写真のように静かな街並みが広がっていました!
(どうやらふだん七間町通りを歩く人たちがお祭り会場のほうへ流れて行ってしまったようですね・笑)


今回『静岡まつり』当日に現地を訪れてみて、
“賑わいのど真ん中”ではなく、“賑わいを少し離れて眺めることができる住環境”
というのがとても心地よく感じられました。

================================================

盛大なお祭りの喧騒を間近に眺めながらも、交通規制エリアからは外れているため、
『静岡まつり』の開催中も通常通りの生活が可能となる【ザ・エンブル七間町】。

ぜひ皆さんも、今年7月の竣工に向けて
着々と工事が進められている【ザ・エンブル七間町】の現地を訪れて、
静岡都心に位置する快適な住環境を確認してみてくださいね!
マンションギャラリーは建設地とは異なり、東名『静岡』ICそばで公開中です

福岡 由美

住宅ライター
福岡 由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

PAGE TOP