• 分譲マンション
  • 静岡市葵区
  • ヨシコン

住宅ライターの「ザ・エンブル七間町」取材レポート

福岡 由美

住宅ライター
福岡 由美

そのうちTOP > ザ・エンブル七間町 > 知っていますか?!静岡市葵区で暮らすと受けられる助成金あれこれ
2017年04月26日

知っていますか?!静岡市葵区で暮らすと受けられる助成金あれこれ

【ザ・エンブル七間町】は、静岡市の行政の中心地とも言える
『静岡市役所』『葵区役所』のすぐそばにあります。

 
▲マンションから市役所までは徒歩6分。
『静岡市役所(葵区役所と隣接)』の南エントランスに立って振り返ってみると
【ザ・エンブル七間町】の建物が見えるほどの近さです。
この距離なら、結婚・出産・進学など、様々な申請を行う際にも気軽に出かけられますね!

※以下すべて、静岡市役所・葵区役所・・・・・・現地より徒歩6分(約450m)/2017年4月撮影。

そこで今回は、意外と静岡市民でも知らない人が多い(?)
静岡市葵区で暮らすことによって受けられる様々な行政サービスについてまとめてみましたので、
ぜひ【ザ・エンブル七間町】の新生活の参考にしてみてください。

市役所にはもともと『天皇家の御用邸』があった?!


▲まずは行政サービスについて紹介する前に、このエリアのトリビアをひとつ!
『静岡市役所(葵区役所)』の北側で『静岡御用邸跡』と記されたこんな立派な石碑を発見しました。


実はこの『静岡市役所』一帯は、もともと明治時代に天皇家の御用邸だった場所。
(地元の方でも意外に知らない人が多いそうです)

天皇家の御用邸といえば『那須』『葉山』『須崎』がお馴染みでよくニュースでも耳にしますが、
戦前にはここ『静岡』をはじめ、『沼津』『熱海』『鎌倉』『神戸』などの各地に御用邸がありました。

『静岡御用邸』は明治33年に設置(昭和5年に廃止)されましたが、
残念ながら御用邸の建物は昭和20年の静岡大空襲で消失被害に遭い、
その後、この場所に『静岡市役所』が建設されたのだそうです。

 
▲ちなみに『静岡市役所』の本庁舎(左)は昭和9年に建てられた西洋風建築で、
国の登録有形文化財に登録されている重要な建物。
また、本庁舎と渡り廊下でつながっている17階建ての新館(右)には、
平成17年から『葵区役所』が設置され、まさに“静岡市行政の中枢的存在”となっています。

静岡市役所・葵区役所で申請できる各種助成金について

では、ここからは【ザ・エンブル七間町】のある静岡市葵区での新生活がスタートしたら
申請することができる主な助成金・補助金・市民区民サービスについてご紹介しましょう。

================================================
妊娠・出産・子育て関連
================================================

■出産育児一時金/葵区保険年金課
国保に加入している人が出産したときに、42万円の出産育児一時金が支給される制度。
請求と受け取りを本人に代わって医療機関等が行うこともできるため、
退院時に窓口での精算金として利用することもできます。

■不妊治療費助成制度/葵区健康支援課・子育て支援課
特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けた場合、治療にかかった費用の一部について
1回あたり30万円まで(回数によって上限が異なります)を受け取ることができます。

■子ども医療費助成制度/葵区子育て支援課
0歳児から中学校卒業までの子どもたちの入院・通院(院外処方箋による薬代含む)のサポートを行う制度。
通院の場合、1歳の誕生月まで全額助成、1歳~中学校卒業までは
保険診療自己負担額のうち1回500円を超える額と院外処方箋による薬代を助成
入院の場合は、0歳~中学校卒業まで保険診療自己負担額が全額助成されます。

================================================
静岡独自のユニークなサポート制度
================================================

■新幹線通学サポートを行う『新幹線通学費貸与事業』/静岡市役所企画局企画課
静岡市内の自宅から県外の大学等へ通学する30歳未満の学生が対象で、
新幹線通学定期代の一部について無利子で貸与されます。
貸与となるため卒業後に返還するルールになっていますが、
卒業後に静岡市へ戻って居住し市民税の所得割を完納した場合は、返還免除となります。


▲【ザ・エンブル七間町】からJR『静岡』駅までは徒歩12分。
東京・名古屋方面へ進学することを考えても、新幹線の駅まで“徒歩圏内”の快適立地のため、
遠距離通学の負担はあまり感じないかもしれません。

※JR『静岡』駅の風景・・・・・・現地より徒歩12分(約950m)/2016年4月撮影。

■元気静岡マイレージ/静岡市役所健康づくり推進課
市民の健康づくり活動を応援するための静岡独自の取り組みで、
健康づくり推進課・保健福祉センター等で『チャレンジシート付パンフレット』を取得し、
自身の健康増進やボランティア活動などでポイントをためると、
商品券や地元名産品などの商品がプレゼントされます。
※18歳以上/平成29年度のマイレージ活動は6月からスタートします。

■家庭用生ごみ処理機器購入費補助金交付制度/葵区地域総務課
『家庭用生ごみ処理機器』を購入した際に、
葵区役所の地域総務課へ機器購入の領収書を提示すると、
電気式生ごみ処理機→最大2万円、生ごみ堆肥化処理容器→最大4000円まで
に補助金が受けられるというユニークな制度もあります。

================================================

いかがでしたか?
今回ご紹介したのは、静岡市や葵区が実施している助成・補助金制度のごく一部。

こまめに市役所や区役所へ立ち寄ってみると、
今まで気づかなかった新しい行政情報もキャッチできますので、
“徒歩6分”という近さをおおいに活用して、行政情報にアンテナを張ってみてはいかがでしょうか?
※ただし、今回ご紹介した助成金・補助金・行政サービスについてはそれぞれ細則がありますので、詳しくは各担当課に問い合わせてみてくださいね!


▲七間町の中でもひときわ目を惹くタワーフォルムが特徴的な【ザ・エンブル七間町】の外観。
今年7月の建物竣工予定に向けて着々と工事が進められています。

※ザ・エンブル七間町現地の様子・・・・・・2017年4月撮影。

福岡 由美

住宅ライター
福岡 由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

PAGE TOP