• 分譲マンション
  • 静岡市葵区
  • ヨシコン

住宅ライターの「ザ・エンブル七間町」取材レポート

福岡 由美

住宅ライター
福岡 由美

そのうちTOP > ザ・エンブル七間町 > バス停がすぐ目の前!休日のお出かけは、ちょっとレトロな『駿府浪漫バス』で!
2017年01月13日

バス停がすぐ目の前!休日のお出かけは、ちょっとレトロな『駿府浪漫バス』で!

新年が明けて最初の土曜日、
【ザ・エンブル七間町】から徒歩5分の場所にある『静岡伊勢丹』正面入口で、
静岡市消防団の新春恒例行事『消防はしご演技』が行われ・・・・・・るはずでした。が!

201701-IMG_1452 201701-IMG_14551
▲午前中の『消防出初式』は行われたものの、午後からのイベントは雨のため中止に!
会場となる予定だった『静岡伊勢丹』入口一帯は、ご覧の通り
消防団の法被の代わりにたくさんの傘の花が開いていました。

※静岡伊勢丹・・・・・・現地より徒歩5分(約350m)/2017年1月撮影。

そこで!今回は取材テーマを急遽変更し、
雨の日の休日にオススメの交通手段『駿府浪漫バス』についてレポートします!

バス停までわずか30秒!1回100円で利用できる手軽な移動手段

【ザ・エンブル七間町】の現地から、
静岡随一の繁華街である『静岡』駅や『新静岡』駅までは徒歩だと約12分から15分程度。

フラットで歩きやすい道のりが続いているため、晴れた日であればラクラク歩ける距離なのですが、
雨の日のお出かけのときは、ちょっと歩いていくのが億劫になりますよね(笑)?

もちろん、タクシーでもワンメーターで移動できるため、タクシー利用もオススメではあるのですが、
「タクシーに乗るのはもったいない、でも、雨の中を歩くのはイヤ」
というときに利用したいのが、今回ご紹介する『駿府浪漫バス』です!

2411-1
▲この『駿府浪漫バス』は、『静岡』駅を起点として
静岡市中心街の歴史散策スポットやショッピングスポットを巡る循環バス。
冒頭の写真でもご紹介したとおり、ちょっとレトロなデザインのボンネットバスが目印になっています。
車内には、通過する街の歴史や地名の由来など、観光情報に関するアナウンスが流れるため、
観光バス的な意味合いも強いのですが、
【ザ・エンブル七間町】からは『静岡』駅方面へのお出かけの際などに“生活の足”として使えます。

駿府浪漫バス路線図/ホームページより引用したもの。

201701-IMG_1466 201701-IMG_14741
▲最寄りの停留所『七間町いかづち神社前』バス停(土日祝日限定のルート)は
【ザ・エンブル七間町】のすぐ目の前!
信号をスムーズに渡ることができれば、オトナの足なら30秒程度で到着するほどの近さです。

※ザ・エンブル七間町現地と七間町いかづち神社前バス停・・・・・・現地より徒歩1分(約70m)・・・・・・2017年1月撮影。

201701-IMG_1481
▲しかも、利用料金は1回100円(子どもは50円)というお手軽なワンコイン価格!
『七間町いかづち神社前』を出発したあとは、ドンキホーテ前にある『紺屋町』バス停や、
『新静岡セノバ』にも近い『御幸町』バス停などを経由して『静岡』駅前へ。
道路の渋滞状況にもよりますが、『静岡』駅前までは約15分で到着します。


たったワンコインで静岡中心街の主要スポットを経由してくれるので、
お年寄りの方のお買い物移動や子どもたちの習い事のときにも、便利に利用できそうですね!

201701-IMG_1489
▲ちなみに、JR『静岡』駅の乗降バス停はパルシェのすぐ目の前にあります。
食彩館で食材のお買い物をしたあと、のんびりバスに揺られながら帰宅するのもたまには良いかもしれません。


この『駿府浪漫バス』の運行時間は、10:00~16:00。
『七間町いかづち神社前』バス停は土日祝日のルートとなりますが、
毎時11分・41分と30分ごとの運行時間が決まっているので、この時間を頭に入れておけば、
発着タイミングに合わせてお出かけや待ち合わせの予定を組むことができそうですね!
※ただし朝10時台は41分のみの運行となります。

ちょっとお出かけが憂鬱になりそうな雨の日でも、
マンションの目の前から『駿府浪漫バス』を利用すればスムーズで快適な移動が実現します。

【ザ・エンブル七間町】での新生活がスタートしたら、
ぜひ皆さんも休日のお出かけのときに活用してみてくださいね!

福岡 由美

住宅ライター
福岡 由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP