• 分譲マンション
  • 静岡市葵区
  • ヨシコン

住宅ライターの「ザ・エンブル七間町」取材レポート

福岡 由美

住宅ライター
福岡 由美

そのうちTOP > ザ・エンブル七間町 > 注目の“タワーマンション節税”、いま駆け込み需要が増えています!
2016年11月12日

注目の“タワーマンション節税”、いま駆け込み需要が増えています!

先月、大きなニュースになっていたのが、
『20階建て以上の超高層マンションの固定資産税・相続税引き上げ』のニュース。

地上27階建てのタワーマンション【ザ・エンブル七間町】を購入検討している方の中でも
ドキッ!とされた方が多いのではないでしょうか?

そこで今回のレポートでは『これから高層マンションの税金の何がどう変わるのか?』について、
極力わかりやすく解説したいと思います。
※写真はイメージです。

タワーマンション節税ってなんだろう?!

みなさんは『タワマン節税』という言葉をご存知でしたか?

実はこれまで20階を超えるような超高層タワーマンションは『節税効果が高い』と言われていて、
東京をはじめとする大都市圏では、富裕層を対象にして
「節税対策のためにタワーマンションを購入しませんか?」
という不動産会社の営業が数多く行われてきました。

タワーマンションは、高層階へ上がれば上がるほど、
当然ですが眺望が良くなるため、そのぶん『分譲価格』も『資産価値』上がります。

一般的に、マンションというのは同じ専有面積の同じ間取りであっても、
“1階高さが上がると値段が100万円上がる”と言われていますから、
例えば2階で4000万円で分譲されている間取りが、22階にフロアが上がると
(単純計算で)分譲価格6000万円になったりするワケですから、
“良好な眺望の価値=住戸階数”に対する評価は高額なものなのです。

しかし、それはあくまでも『分譲価格』に関するお話。

マンションの各住戸にかかる『税金』を見てみると、
5階の住戸であっても、20階の住戸であっても、
同じマンションの中で床面積が同じ住戸であれば、階数に関係なく、
固定資産税や相続税などの税金は原則として一律同額となっていました。

そこで「タワーマンションを購入するなら、高層階を買ったほうが節税効果が高い」ということで、
富裕層の節税対策としてタワーマンションが活用されるケースが近年急増していたのです。

ここ数年で『タワマン節税』を選ぶ人が急増した理由のひとつには、
2015年1月から相続税が大幅に改正され、
相続税の支払い対象となる人たちが増えたことも影響しています。

2a1f989f62f104d7d6ccd197414eafd5_s
▲2015年の“相続税大増税”によって、相続税の課税対象者は1.5倍に増えたことが報じられました。
※写真はイメージです。

タワーマンションの税金、これから何が変わるの?!

こうした『タワマン節税』については、以前から
“不公平だ” “一部のお金持ちだけの特権になる”との声が挙がっていたのですが、
ついに先月、政府与党が『20階建て以上の高層マンションについて、
高層階の固定資産税と相続税を引き上げる』ことを発表しました。

「えっ?そうなの?!じゃぁ、【ザ・エンブル七間町】の高層階の購入も考え直さなくちゃ!」
と思った方、安心してください(笑)

実は、新税制が適用されるのは『2018年以降に引き渡される新築物件が対象』となるため、
2017年夏に引渡し予定(7月竣工予定)の【ザ・エンブル七間町】に関しては、
現行のままの税制が適用されることになります。

加えて注目したいのは『中古物件』となっても現行の税制適用を受けられるということ。

つまり、2017年内引き渡し新築物件と2018年以降引渡し新築物件では
『節税』『増税』がハッキリ分かれますから、2017年内引き渡し新築物件については、
“中古マンション市場に出回った際にも人気が集まる可能性”が高くなると考えられるのです。

これは将来の資産価値にも大きな影響がありそうですね!

201610DSC07531111
▲2017年7月の竣工に向けて着々と工事が進められている【ザ・エンブル七間町】。
現在は低層階部分の工事が進められていますが、この場所に27階建てのタワーマンションが完成します!

※ザ・エンブル七間町現地の様子・・・・・・2016年10月撮影。

中層階は現状維持、低層階は減税へ・・・

いかがでしたか?
気になる『高層マンションの税金引き上げ』について、
大まかな内容やイメージを掴んでいただけたでしょうか?

ちなみに【ザ・エンブル七間町】の担当者の方によると、
「先月『タワマン節税終了!』というニュースが正式に発表されてから、問い合わせが急増しているので
駆け込み需要が高まっているのを実感しています」とのことでした。

================================================

ただし、2018年以降引渡し予定の20階以上の超高層タワーマンションでは、
上層階は実質的な『増税』となりますが、
中層階は『現状維持』、低層階は『減税』となりますので、
低層階の住戸購入を検討している方は、減税部分についても注目してみてくださいね!

また、こうした『マンションの税金』について、もっと詳しく知りたいという方は、
【ザ・エンブル七間町】準備室/0120-445-078までお気軽にお問い合わせを。

福岡 由美

住宅ライター
福岡 由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

PAGE TOP