• 分譲マンション
  • 静岡県沼津市
  • ヨシコン

住宅ライターの「エンブルネクスト沼津杉崎町」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > エンブルネクスト沼津杉崎町 > 現場所長インタビュー【4】マンションの“作り手”としての想い

現場所長インタビュー【4】マンションの“作り手”としての想い

前回のインタビューでは、ふだんわたしたちがなかなか目にすることのない
『杭工事施工報告書』や『土質標本』など貴重な資料を開いて
“マンションの基礎づくり”について詳しく解説してくださった馬淵建設株式会社の佐藤克典所長。

インタビュー最終回の今回は、佐藤所長の『作り手としての想い』、
そして【エンブルネクスト沼津杉崎町】完成への想いをうかがってみました。
※写真はすべて【エンブルネクスト沼津杉崎町】現場事務所にて撮影・・・・・・2015年11月撮影。

Q10:佐藤所長が個人的に“完成が楽しみ”と考えている箇所は?

「このマンションは、間口が8.0m~8.8mと一般的なマンションもワイドな設計になっているので
どんな風に開放感たっぷりの住戸が完成するのか、
部屋内の仕上がりや窓からの眺めも楽しみではありますが・・・

何といっても“見栄えがするだろうなぁ”と思うのは『エントランス』の設計ですね。

エントランスは床や壁がタイル張りになっていて、
落ち着いた雰囲気のダークグレーのトーンで統一されているため、
竣工して照明が点灯したときには、かなり目を惹く外観になるのではないでしょうか?

入居者の皆様に“ステキなマンションに帰ってきたな”と誇りに感じていただけるような
見栄えのあるエントランススペースに仕上がると思います」(佐藤所長談)。

1512182222
▲「それともうひとつ、外観は全体的にダーク系の落ち着いたカラーになっているのですが、
各フロアの間にホワイトの横ラインのアクセントを加えることで、白ラインが外観デザインを引き締めています。
周辺ではあまり見かけない、とてもモダンな印象の外観になると思いますよ」と佐藤所長。

※外観パースは図面を基に作成したもので、実際と多少異なる場合があります。

Q11:最後に、読者の皆様へメッセージを!

「何をする場合でも“物事の基礎が大事”と言われるように、建物の基礎は“マンションの命”です。

残念ながら、お客様にはわたしたちがおこなっている基礎工事の現場をご覧いただくことはできませんが、
スタッフひとりひとりがプロ意識を持って、実直にモノづくりに取り組んでいることは、
管理責任者であるわたしからハッキリとお伝えすることができます。

わたしたちの作業は、設計担当者が作った図面を手にしてはじめて仕事に取りかかることになるため、
もちろん、図面と現場で状況が違う・・・というケースもありますが、
そういう場合はすぐに工事を止めて、管理者へ報告し、状況の改善を検討する流れになっています。

幸い、今のところ【エンブルネクスト沼津杉崎町】の現場では
そのような報告事例はなく、現場全体がスムーズに流れていますから、
来年春の建物の完成を楽しみにしていただきたいですね」(佐藤所長談)。

201511DSC09395
▲「お客様に満足していただけるマンションを作りあげるために
スタッフ一同“品質第一”で作業に取り組んでいます。どうか安心してください」と佐藤所長。
インタビューへのご協力、ありがとうございました!

いかがでしたか?

全4回にわたって【エンブルネクスト沼津杉崎町】の現場責任者である
馬淵建設株式会社の佐藤克典所長にお話をうかがってきましたが、
「設計図面には3Dでカタチが描いてある訳ではありません。
設計図面を見て“どうやってカタチにしていくか?”を考えるのがわたしたち現場の仕事であり、
プロフェッショナルのチカラが求められる部分です」と佐藤所長が語ってくださった通り、
多いときには100人を超えるスタッフの方が現場へ入り、
それぞれの皆さんが独りずつプロの技術を持ち寄り、
そして、大きなカタチを作りあげていくもの・・・・・・それが『マンション』なんですね!

ぜひ皆さんも、マンションギャラリー見学の際は、
モデルルームの美しい室内仕様や間取り・設備だけに注目するのではなく、
佐藤所長をはじめとしたスタッフの皆さんの毎日の“モノ作りの現場”にも
思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

201511DSC09385 201511DSC09387
▲なお、前回のインタビューの際に佐藤所長が解説してくださった
『杭工事設計計画書』および『施工報告書』については
マンションギャラリーにも保管されていて、閲覧可能になっています。
「ぜひ見てみたい!」という方は、販売スタッフの方におたずねください。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP