• 分譲マンション
  • 静岡県沼津市
  • ヨシコン

住宅ライターの「エンブルネクスト沼津杉崎町」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > エンブルネクスト沼津杉崎町 > 新しく生まれ変わる沼津駅周辺!鉄道高架事業が計画されています

新しく生まれ変わる沼津駅周辺!鉄道高架事業が計画されています

JR『沼津』駅から徒歩6分。
【エンブルネクスト沼津杉崎町】の建設が進められている現地周辺は、
静岡県と沼津市が取り組む『沼津駅周辺総合整備事業』のエリアに位置しています。

中でも、将来の快適な暮らしに大きく関わってきそうなプロジェクトが
交通渋滞の緩和を目的とした『沼津駅付近鉄道高架事業』について。

今回は『沼津駅付近鉄道高架事業』の概要についてクローズアップしてみましょう。
※静岡県『沼津駅付近鉄道高架事業』ホームページより引用した鉄道高架事業完成予想図。

沼津中心街を南北に通り抜ける『三ツ目ガード』がすぐそばに

201601DSC09883
▲こちらは【エンブルネクスト沼津杉崎町】の現地近く、『三ツ目ガード南』交差点付近の様子です。
敷地の東側が、沼津の主要幹線道路のひとつである国道414号『学園通り』に近接しています。

201601DSC09891
▲その『学園通り』の先には、『沼津』駅へと続くJRの線路や車両基地・貨物基地などがあるため、
現状は、たくさんの線路を支える『三ツ目ガード』の下をくぐって南北に通行しなくてはなりません。

201601DSC09884
▲こちらが『三ツ目ガ-ド』です。通常は写真の通りスムーズに走行しているのですが、
朝晩の通勤・帰宅時間帯には、たびたび渋滞が発生する場所として知られ、
交通渋滞の改善が長らく行政の課題になってきました。

そこで、交通渋滞の緩和や利便性の向上を目的として
計画されているのが『沼津駅付近鉄道高架事業』です。

駅南北の交流がスムーズに・・・事業開始が待ち望まれます

IMG_6276
▲こちらは事業完成後の街並みの模型を撮影したもの。
まずは、『沼津』駅近くにあってその存在が課題となっていた
車両基地・貨物基地を別の場所へ移動することで、空いたスペースに新たな『都市計画道路』を整備。
さらに、JR東海道本線・御殿場線の線路を『高架化』することによって、
地上の交通網を南北で分断することなく行き来できるようになるため、
周辺の交通渋滞の緩和や、駅南北の生活・商業のスムーズな交流が可能になるのです!

この事業は、貨物駅の移転先を確保した後におこなわれるため
現段階では工事のスタート時期が未定ですが
事業の完了と、それによる街並みの進化が待ち望まれます。

201601DSC09894
▲ちなみに、現在【エンブルネクスト沼津杉崎町】の敷地東側には、
車の通り抜けができないこんな広々とした道路が走っているのですが・・・

201601DSC09901
▲『都市計画道路』のが完成すれば、
『沼津』駅北口ロータリーからまっすぐに延びる『七通線』(上の写真)とつながって、
綺麗に整備される予定なのだとか!

いかがでしたか?
“これから変わっていく『沼津駅周辺』の街並み”に思いを馳せると、なんだかワクワクしますね!

街の風景や機能がガラリと変わってしまう壮大な工事のため、
完了までには時間がかかりますが、
ぜひ皆さんも『これから変わっていく街の姿』をイメージしながら
【エンブルネクスト沼津杉崎町】の契約を検討してみてはいかがでしょうか?

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP