• 分譲マンション
  • 静岡県沼津市
  • ヨシコン

住宅ライターの「エンブルネクスト沼津杉崎町」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > エンブルネクスト沼津杉崎町 > 現場所長インタビュー【2】エンブルネクスト沼津杉崎町の建物構造について

現場所長インタビュー【2】エンブルネクスト沼津杉崎町の建物構造について

【エンブルネクスト沼津杉崎町】の建設現場で
工事スタッフの皆さんやスケジュールを管理しながら現場の陣頭指揮をとる
馬淵建設株式会社の佐藤克典所長。

インタビュー2回目の今回は、このマンションの建物構造やその特徴について
わかりやすく解説していただきました。
※エンブルネクスト沼津杉崎町建設中の現地の様子・・・・・・2015年11月撮影。

Q4:他の物件とは違うこのマンションの特徴は?

「これは“このマンションの特徴”、というより、
“ヨシコンさんのマンションの特徴”でもあるのですが、
一般的なマンションと比較すると、スパン(間口)がとても広いという特徴があります」と佐藤所長。

img002
▲こちらがマンションの敷地配置図。
住戸部分を見てみると、よくありがちな“縦長”のお部屋ではなく、
横幅が長く正方形に近いプランが配置されていることがわかりますね?

「一般的なマンションの場合、間口は6.5m~7.0mというプランが多いのですが、
【エンブルネクスト沼津杉崎町】では、間口が8.0m~8.8mと、通常よりもかなり広くなっています。

そのため、サッシの横幅が広くなり、明るい開口部が確保されているという点は、
お住まいになる方にとっても魅力的な特徴と言えるのではないでしょうか?

また、南側には窓からの視界を遮るような建物がなく、キレイな公園が広がっているため、
間取図から想像するよりももっと開放感があり、室内が広く明るく感じられると思います」(佐藤所長談)。

Q5:建物の構造について教えてください

「建物の構造は『ラーメン構造』を採用しています。

ラーメンと聞くと中華料理のラーメンを想像する方が多いと思いますが(笑)、そのラーメンではありません。
『ラーメン構造』のラーメンはドイツ語の“枠”・“額縁”という意味に由来しています。

この『ラーメン構造』は、建物を壁で支えるのではなく、柱と梁で支える構造になります。

同時に『アウトフレーム工法』といって、大きな柱をバルコニー側へ出し、
室内の隅に柱のでっぱりが出ないような工法を採用していますから、
居住空間が広く感じられる効果もあります。

これは余談ですが、壁面が少ないと我々工事スタッフも作業がしやすくなるんです。

大空間の居住空間というのは、入居者の皆様にとっても快適だと思いますが、
工事の作業効率を考える上でも、“良い作業ができる空間”なんですよ」(佐藤所長談)。

15120511
▲【エンブルネクスト沼津杉崎町】で使用されているコンクリートは、
通称“100年コンクリート”と呼ばれる設計基準強度『30N/mm2』(※)以上の高強度コンクリートを採用。
地震の揺れに対して粘り強さを発揮する『ダブル配筋』が要所に採用されているなど、
耐震性能もしっかりと高められています。

※30ニュートン毎平方ミリメートル=1cm2の面積で約300kgの重さに耐えられるというコンクリート強度の値のこと。

Q6:『沼津』駅に近い立地ですが、騒音対策はどのようになっていますか?

「たしかに、ここ【エンブルネクスト沼津杉崎町】は、
地図で確認すると『沼津』駅にも近く、道路にも近接しているのですが、
現場に立ってみると閑静な住宅街という雰囲気で
“こんな便利な場所なのに静かだなぁ”というのがわたしの感想です。

ただし、沼津の中心街にほど近い立地という点に加え、
ワイドスパン設計で各住戸の開口部が広いという特徴もありますので、
居住性をより高めるために、防音効果や断熱効果を発揮する『ペアガラス』を採用しています。

『ペアガラス』というのは、いわゆる“複層ガラス”のことで、
2枚のガラスを重ね合わせ、そのガラスの間に窒素ガスを入れることで
空気対流を防ぎ断熱性を高める効果があります。

騒音対策だけでなく、夏冬の冷暖房効率を高める効果も期待できます」(佐藤所長談)。

201511DSC09380
▲現場事務所で、工事図面を指差しながら詳しく解説してくださった佐藤所長。
“マンションづくりへの熱い想い”を2時間に渡って語ってくださいました!
こんな風に『作り手の方の顔』が見えると、なんだか安心できますね!

いかがでしたか?
【エンブルネクスト沼津杉崎町】の建物構造の特徴についておわかりいただけたでしょうか?

「マンションづくりの作業は、その8割が“お客様から見えない部分”です。
その“見えない部分”をいかに丁寧にしっかりと作業するかによって、
マンションの品質が変わってきます」と佐藤所長がおっしゃるとおり、
わたしたちエンドユーザーには“見えない”のが、建物の基礎や地盤の部分。

次回は、昨今のニュースを受けて気になっている方も多いと思われる
『マンションの基礎づくり』についてお話をうかがいます。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP