• 分譲マンション
  • 静岡県焼津市
  • ヨシコン

住宅ライターの「エンブルエバー焼津」取材レポート

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

そのうちTOP > エンブルエバー焼津 > シニア世代におススメ!管理やセキュリティが充実しているから留守時も安心の分譲マンション
2016年08月26日

シニア世代におススメ!管理やセキュリティが充実しているから留守時も安心の分譲マンション

住まいを選ぶ際、一戸建てとマンションを比較してみたいという方も多いかもしれませんね。お庭やプライバシーが確保されているという点では一戸建てのほうが魅力的なイメージがありますが、セキュリティやお庭の手入れ、維持管理などの費用や作業はすべて個人負担となります。一方、分譲マンションの場合は共用部の仕様が豪華で、管理費や修繕積立金などを全世帯で負担することで警備会社によるセキュリティや管理会社による手厚い管理サービスを割安価格で受けることができます。今回は分譲マンションならではのセキュリティや管理についてご紹介しましょう。

オートロックで不審者をシャットアウト、留守中の非常時にも備えます

分譲マンションのセキュリティの定番となっているオートロックシステム。エントランスのモニターと音声で来訪者を確認し解錠できる、おなじみの設備ですが近年グンと進化しているので注目してみてくださいね。

セコム
▲エンブルエバー焼津ではセコムの「24時間セキュリティシステム」が導入されています。
こちらのオートロックシステムは外出時や在宅時の非常警報装置としての機能も備えています。室内で異常を感知すると警報音が鳴り自動で通報される仕組みになっているので、留守や就寝時でも素早く対応することができるんですよ。

さらに、エントランスはキーをかざすだけでエントランスドアを解錠できる非接触キーが採用されています。カギを差しこんで回す手間が不要なので荷物が多いときでもスムーズに操作することができるんですよ。

スマートキー

F-icsシステム
▲こちらのカギはF-ics+P(フィックス プラス ピー)が採用されていて、FeliCa icチップを使ったキーヘッド、icカード、などの認証キーをかざすだけの簡単操作で、集合玄関自動ドアの開錠、エレベーター呼び、フルタイムロッカーなどの操作が行え、毎日の生活がますます安心・便利になるシステムです。
宅配ロッカーを使ったサービスは、24時間利用できるため
留守がちな方にとっても便利だと思います。

また、室内に設置されているインターホンの性能もグレードアップしています。

インターホン
▲大画面の鮮明映像で確認することができ、ハンズフリーで対応できるのでお料理中など手が汚れているときなどでもサッと対応することができます。

エレベーターをはじめ、館内の各所には防犯カメラが設置されていてその画像は一定期間保存される仕組みになっています。

分譲マンションならではのコミュニティで人の目のある安心感

分譲マンションの場合、管理員室が設置されている有人管理であることもポイント。ヨシコンでは自社管理体制をとっているのでトラブルや不具合が発生した際でもスムーズに対応できるというメリットがあります。

因みにエンブルエバー焼津では平日朝9時から午後3時まで常駐しているとのこと。一人もしくは二人暮らしが当たり前のシニア世代にとってはエントランスに人の目があるというのも安心材料の一つですよね。

一戸建ての場合、お隣さんとの関係やご近所づきあいなども気になるところ。分譲マンションの場合、管理組合への参加などが義務づけられますが、同じマンションで暮らす人同士のコミュニティと考えれば程よいかかわりができることでむしろ安心して暮らせるかもしれませんね。

耐震ドア枠やドアスコープガードなど機能的で安心の玄関ドア

二重三重のセキュリティシステムで安心の暮らしをサポートする分譲マンション。各住戸の玄関ドアにも防災や防犯に関する様々な工夫がされているんですよ。                                                                      

こちらがモデルルームの玄関ドア。
054 プッシュプルハンドル
▲プッシュプルハンドルで開け閉めがしやすい機能的なデザインになっています。

また、パッと見ただけではわからない、こんな工夫も。

耐震ドア枠
▲耐震ドア枠とは大地震の際にドア枠が歪んで脱出できなくなるのを防ぐというもの。地震の際でも落ち着いて行動するための安心仕様です。

防犯性を高めるための工夫も満載。

ドアスコープ
▲室内ののぞき見や光の漏れを防ぎ、プライバシーを守るドアスコープカバー。

041 鎌デッド錠
▲二本の指で押し回ししないと解錠できないサムターンとバールなどのこじ開けを防ぐ鎌デッド錠で不正な解錠を防ぐことができます。

いかがでしたか?
先進のセキュリティシステムや防災対策など個人ではなかなか採用できない仕様が満載の分譲マンション。留守時の戸締りや将来的な健康上の不安などを抱えるシニア世代にとって、管理員さんがいてくれたり、管理組合といった程よいコミュニティがあるマンションは安心感を持って暮らせる住まいといえるかもしれません。皆さんもぜひ管理やセキュリティなど共用部の仕様・サービスなどにも注目してみてくださいね。

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

15年以上住宅業界漬けのコピーライター。
モデルルームを見ると間取りはもちろんタイルなど細部の仕様まで気になってしまう住宅&インテリアフェチ。気に入った家具がないと自宅マンションに造作工事を入れるほどのこだわりの持ち主。

PAGE TOP