• 分譲マンション
  • 静岡県焼津市
  • ヨシコン

住宅ライターの「エンブルエバー焼津」取材レポート

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

そのうちTOP > エンブルエバー焼津 > 指定通学校「大富小学校」への通学ルートをレポート

指定通学校「大富小学校」への通学ルートをレポート

街の開発が進み便利になっている焼津南部エリア。
周辺を散策しているとお子さんを連れたファミリーをよく見かけます。このレポートの読者のみなさんの中にも小学生のお子さんがいらっしゃるというご家族も多いかもしれませんね。そんな子育てファミリーの皆さんにとって気になるのは教育施設や子育て環境ではないでしょうか。そこで今回は指定通学校である「大富小学校」への通学ルートと周辺環境をご紹介したいと思います。

指定小学校は大富小学校・大富中学校

今回新しく分譲マンションが誕生する住所の指定通学校は大富小学校と大富中学校。

大富小学校は児童数は約750名という市内有数の大規模校です。

大富小学校
▲2013年に創立140年を迎えた伝統のある大富小学校(現地より約2.6km)

学校ホームページによると焼津市と合併する前の旧大富村のまとまりのよさが残っていて、学校やPTA・子ども会・自治会・スポーツ少年団・民生委員・公民館との交流もさかんなのだそうです。

大富幼稚園
▲大富小学校のお隣には焼津市立大富幼稚園があります。最近改築され園舎もキレイになっています。

大富中学校
▲大富中学校(現地より約1.4km)

※距離及び所要時間は小学校通学路を利用した場合のものです。

大富中学校はマンションが建設される祢宜島方面から大富小学校へ通う児童の通学路にもなっているんですよ。

大富小学校への通学ルートをチェック

大富小学校では子ども会が通学ルートを決定し、子ども会単位で通学しています。


▲ブルーのラインが建設地界隈の児童が利用している通学ルートです。

通学路のポイントをチェックしておきましょう。

2スタート 1スタート

3エディオン左折
▲スタート地点は建設地北東角。
ここから北へ向かい、エディオンの交差点を左折します。

この辺りは道も整備されていて歩道も十分な幅がありますし、見通しもよさそうです。

5交差点手前  6つきあたり右折
▲いちょう通りを横断し、つきあたりを右に曲がったらすぐに左折。

8水路沿い直進 10通学路看板
▲水路沿いを西へ進みます。途中子ども会による注意書きがありました。

11地下通路 045 (2)
▲車通りの多い国道150号線を横断する際はこちらの地下通路を利用します。
地下通路は自転車用のスロープも設けられています。通路内も思ったより明るくカーブミラーもあるので安心して通行できそうでしたよ。

階段を上ると見えるのが大富中学校。

049 12中学校沿い

13敷地内
▲グラウンドに沿って南へ向かい中学校の敷地内を歩きます。お兄さんお姉さんに交じっての通学もこの大富学区ならではですね。

18生垣
▲この辺りは細かい分岐が続きますがこの区間は生垣に囲まれた細い道で車が通行できません。なんだかトトロに出会えそうな雰囲気です。

20美容院左折 070
▲美容院の角を左へ曲がるとそろそろ小学校が見えてきます。

077
▲こちらの道も通学時間帯は歩行者専用道となるので安全に歩くことができますね。

ほどなくすると今回の目的地大富小学校へ到着です。

到着33分 校門
▲ここまでの所要時間は大人の私の足で33分。

小学校低学年のうちは少し時間がかかるかもしれませんが、子ども会の仲間やお友達と歩く楽しい道のりは子供たちにとってはあっという間なのかもしれませんね。
※信号待ちや撮影の時間は止めています。
約2.6キロのルートはやや複雑ですが実際に歩いてみると安全に通行できるルートが選択されていることがわかりました。

新学期や入学のタイミングで入居可能

住まい選びをする際、お子さんを転校させるにあたって入居時期についても悩まれる方は少なくないはず。新築分譲マンション【(仮称)焼津市祢宜島新築分譲マンションプロジェクト】の竣工予定は来年3月。学校や幼稚園などの春休み中に引っ越しができて、入学や進学といった節目に合わせた入居ができるというのもポイントです。

086
▲私が取材した4月8日はちょうど大富小学校の入学式。
お母さんに手を引かれ、通学路を確認しながら学校へ向かう親子連れの姿に出会うことができました。

制服
▲大富小学校には指定の制服があります。登下校時の通学路で制服姿の子どもに出会いましたよ。

また、新しい街並みが完成しつつある焼津南部の振興エリアの通学区という点では通学するお子さんにとっては溶け込みやすい環境と言えるかもしれませんね。

いかがでしたか?
先進の設備満載で都会的なファミリーライフを叶えるヨシコンの分譲マンションシリーズ。プランや価格も気になるところですが、教育環境やお子さんの進学や進級などを踏まえた入居時期など、ご家族に合った購入のタイミングについても考えてみてくださいね。

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

15年以上住宅業界漬けのコピーライター。
モデルルームを見ると間取りはもちろんタイルなど細部の仕様まで気になってしまう住宅&インテリアフェチ。気に入った家具がないと自宅マンションに造作工事を入れるほどのこだわりの持ち主。

PAGE TOP