• 分譲マンション
  • 静岡県湖西市
  • ヨシコン

住宅ライターの「エンブルガーデン浜名湖」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > エンブルガーデン浜名湖 > 豊橋へ、浜松へ、快適クルマ移動が実現する湖西生活
2016年10月28日

豊橋へ、浜松へ、快適クルマ移動が実現する湖西生活

【エンブルガーデン浜名湖】の建設が進められている静岡県湖西市鷲津からは、
JR『豊橋』駅まで直線距離にして約18km、JR『浜松』駅までは約19km。

三河の玄関口である『豊橋』と、遠州の玄関口である『浜松』のちょうど中間地点に位置しています。

車で10分ほどの場所には『浜名バイパス』新居弁天インターチェンジがあるため、
カーアクセスの快適さを実感!

“浜名湖畔でのんびりと家庭生活を送りながら『豊橋』『浜松』でバリバリお仕事!”という
オン・オフの切り替えが行いやすい充実したライフスタイルが実現します。

そこで今回は、【エンブルガーデン浜名湖】の快適クルマ生活について検証してみましょう。

遠州灘を眺めながら『豊橋』へ、『浜松』へ、快適ドライブ

1610231111
▲まずはこちらをご覧ください。このマップからもわかりますが、
【エンブルガーデン浜名湖】は、まさに『豊橋』と『浜松』のちょうど中間点に位置!
浜名バイパスの新居弁天インターチェンジを利用すると、
浜松・豊橋・名古屋へのスムーズなカーアクセスが実現します。


実は、筆者はこの取材のあと、ちょうど浜松へ出かける用事があったので、
浜名バイパスを利用してJR『浜松』駅前まで車で移動することにしました。

201610DSC07067 201610DSC07078

201610DSC07074
▲こちらが【エンブルガーデン浜名湖】から車で約10分(約5.0km)の場所にある
最寄りのインターチェンジ『新居弁天インターチェンジ』。
インターチェンジといっても自動車専用道ですから、料金所はなく無料で高速走行できるのも嬉しいところです。

※ここからの写真撮影は助手席の同乗者が行いました。

201610DSC07080
▲この浜名バイパスは、豊橋浜松道路の一部で、静岡県浜松市西区から湖西市を結ぶ自動車専用道。
もともとは有料道路だったそうですが2005年から無料開放され、
湖西市民にとってはクルマ移動に欠かせない大切な“大動脈”となっています。
新居弁天インターチェンジから浜松方面へと向かうと、
途中左には浜名湖が、右には遠州灘が見えて、ドライブをしていても気分爽快!
とても気持ち良い時間を過ごせます。

新居弁天インターチェンジ付近の車窓からの風景・・・・・・2016年10月撮影。

201610DSC07110
▲浜松市西区の篠原インターチェンジには15分ほどで到着し、浜松市街へ。
その後、JR『浜松』駅前までの所要時間は30分ほどでした!

※浜松駅前の様子・・・・・・現地より直線距離にして約19km/2016年10月撮影。

pl-2014235093413
▲また、JR『豊橋』駅周辺へクルマで移動する場合は、
浜名バイパスから潮見バイパス~豊橋東バイパス~豊橋バイパスを乗り継いで豊橋方面へ。
最寄りのインターチェンジは豊橋バイパス(国道23号)『神野新田インターチェンジ』となります。
【エンブルガーデン浜名湖】から神野新田までは約30分、
インターチェンジを降りてから駅前までは約10分ほどで到着します。

※JR豊橋駅東口の様子・・・・・・現地より直線距離にして約18km/2014年撮影写真。

いかがでしたか?

“基本的に移動はクルマ”というライフスタイルが定着している湖西生活ですから、
“クルマで移動しやすい街づくり”が行われている点も魅力のポイントとなります。

【エンブルガーデン浜名湖】での新生活がスタートしたら、
お仕事に、お買い物に、レジャーに、
浜名バイパスを上手に使いこなしながら、快適クルマ生活を満喫してみてくださいね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP