• 分譲マンション
  • 静岡県湖西市
  • ヨシコン

住宅ライターの「エンブルガーデン浜名湖」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > エンブルガーデン浜名湖 > 一戸建てVSマンション?あなたならどちらを選びますか?
2016年10月30日

一戸建てVSマンション?あなたならどちらを選びますか?

「やっぱり庭付き一戸建てがわたしの憧れ」
「セキュリティの安心感ならやっぱりマンション」

住まいの購入を検討するとき、多くの方が
“一戸建てか?マンションか?”で一度は悩むのではないかと思います。

筆者自身も、子どもの頃は郊外の一戸建て住宅で過ごし、
社会人になってからマンションへと移り住みましたので、どちらの魅力も体験しており、
「いざ、住まいを買うとしたら、どちらが良いかな?」と考えたりもします。

そこで今回は、一戸建てか?マンションか?
それぞれのメリット・デメリットについて検証してみましょう。

①やっぱり“庭付き”に憧れが・・・でも、将来的には“面倒”に?

394970

一戸建て派の方が、一戸建てに憧れる理由の多くは“広い庭”にあるようです。

「子どもたちを庭でのびのびと遊ばせてあげたい」
「庭で趣味のガーデニングを楽しみたい」

リビングの外にゆったりとした家族団らんのスペースを確保できるという点は、
何といっても一戸建ならではのメリットと言えるでしょう。

しかし、近年ではその“庭”の清掃や維持管理が大変ということで、
長年過ごした一戸建て住宅を売却し、マンションへと移り住む高齢者の方が増えてきています。

「真夏の炎天下に草取りをするのが本当に大変」
「庭木の落ち葉のことでお隣にご迷惑をかけてご近所トラブルになりそう」
「庭をキレイにしておこうと思うとお手入れにお金がかかる」
などなど、“庭があることの煩わしさ”を体験したひとたちは、
「管理スタッフのひとが庭や玄関まわりをお手入れしてくれるマンションのほうが快適!」
という結論に至るケースも多いようです。

もちろん、“庭へのある暮らしへのこだわり”は、
シングル・ディンクス・子育て世代・子育てリタイア世代と、
それぞれのライフステージによって変わってくるものだと思いますが、
これから末永く暮らすことを考えて長い目で見た場合、
“庭のある暮らしにこだわらなくても良かったかも・・・”と
考えるようになる人が多い、ということも覚えておきましょう。

②セキュリティの充実度ではやっぱりマンションに軍配が?

351841

これは、実家の一戸建てを出てマンションで生活をして初めて筆者も実感したポイントですが、
やっぱり“最新のマンションのセキュリティ充実度”は、毎日の生活を送る上で何よりの安心感を覚えます。

近年は一戸建て住宅でも、ホームセキュリティを導入しているお宅が増えてきていますが、
個別にセキュリティ会社との契約を行うと、どうしても警備料金のコストは割高になります。

しかし、マンションなら、先進のセキュリティシステムをマンション全体に導入することで、
管理費は発生するものの月々のコストを抑えることができますし、
何といっても、敷地周囲の防犯カメラやエントランスのオートロック、そして、各住戸の防犯キーと、
“二段階・三段階のセキュリティゾーンに守られている”という安心感を改めて実感できます。

「自分ひとりではなく、マンション全体で自分たちの住まいを守っている」という安心感は、
やはり一戸建て住宅にはないマンション生活のメリットのひとつと言えるでしょう。

③売りやすく、貸しやすい、住まいという名の資産の“流動性”にも注目!

394974

ここで、“一戸建てか?マンションか?”を考える前に、
ぜひみなさんにちょっとだけ意識していただきたいことがあります。

それは、“住まいという名のあなたの資産が、将来売りやすいか?貸しやすいか?”ということ。

一戸建てにしても、マンションにしても、住まいを購入するということは
人生で一大事の“大きな買い物”ですが、
住まいは金額が大きいだけに、単なるショッピングではなく、
みなさんご自身の『資産形成』を行うことを意味しています。

資産を形成するということは、その後の運用についても考えなくてはいけません。

“その場所で永住すること”を想定するだけでなく、
“万一の時に、その資産(住まい)をどうやって活用するか?”を想定しておくことも大切なのです。

ちなみに、木造一戸建て住宅の場合は、
法定耐用年数とされている築22年を超えると建物の評価額はほぼゼロに等しくなり、
いざ売却を考えるときにも土地部分でしか評価されないことが多くなりますが、
マンションの場合は、土地に関しては持分比率によって持分が細かく分けられるものの、
建物の法定耐用年数は鉄骨造で34年、鉄筋コンクリート造で47年となっているため、
建物の資産性は長く維持しやすくなります。

また、マンションの場合は“売却”だけでなく、“賃貸物件としての運用”も行いやすい傾向にありますから、
資産の流動性の高さという点でもメリットがあると言えそうです。

そして、資産維持には欠かせない12年に一度必要とされる修繕工事や、美観の維持についても、
マンションの場合は管理組合の運営のもとで計画的に実施されていくため、
「建物の維持・管理のことを考えるのは苦手」という方にとっては心強いポイントとなるのではないでしょうか?

いかがでしたか?

今回は『一戸建てVSマンション』について、注目したい3つのポイントをご紹介しましたが、
やはり一戸建て・マンションそれぞれに特徴があります。

いまのあなたやご家族にとって“暮らしやすい住まい”とは何なのか?
未来のあなたやご家族にとって“暮らしやすい住まい”とは何なのか?

あなた自身が優先したい“住まいの条件”は、
庭なのか?セキュリティなのか?広さなのか?
間取りなのか?管理のしやすさなのか?耐震性なのか?資産の流動性なのか?
そんなことをじっくり検討しながら住まい選びを行ってみてください。

そして、来月上旬からは【エンブルガーデン浜名湖】のマンションギャラリーがグランドオープンしますから、
“一戸建て派”の皆さんも、ぜひマンションの魅力を体感しに見学に訪れてみて下さいね!

201610DSC06927
▲もうすぐグランドオープン予定の【エンブルガーデン浜名湖】マンションギャラリー。
次回は、マンションギャラリーのレポートをお届けします。どうぞお楽しみに!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

PAGE TOP