• 分譲マンション
  • 大阪府高槻市
  • 伊藤忠都市開発株式会社

住宅ライターの「クレヴィア高槻ガーデンテラス」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > クレヴィア高槻ガーデンテラス > クレヴィア高槻ガーデンテラス担当者インタビュー③現場所長 中西利行さん
2016年10月28日

クレヴィア高槻ガーデンテラス担当者インタビュー③現場所長 中西利行さん

ひとつのマンションが完成するまでには、
専門の知識や技術を持った様々な人たちが“モノづくり”に携わります。

今回から2回に渡ってご紹介するのは、
【クレヴィア高槻ガーデンテラス】の建設現場で所長を務める
長谷工コーポレーションの中西利行さん。

“マンションをつくり続けて、この道ひとすじ39年”という中西所長に、
工事の進捗状況や、マンションづくりへの想いについてお話をうかがってみました。
※以下、すべてクレヴィア高槻ガーデンテラス現場事務所にて撮影・・・・・・2016年9月撮影。

Q1:まずは工事の進捗状況と今後のスケジュールについて教えてください。

「今年の4月から準備工事に入り、そのあと基礎工事へと移って、
現在(※)は2階と一部3階部分の躯体工事を行っているところです。
※インタビューを行った9月末時点の進捗状況です。

これからは徐々に躯体が成長していく段階で、
今後、実働14日のピッチでワンフロアずつ階数が増えていきます。

足場がなくなって建物本体が姿を現すのは2017年5月頃の予定。

その頃になると、街を歩いている人たちにも“ああ、新しいマンションができたんだな”と
ご覧になっていただけるような状態で、外観のお披露目となります。

今年は長雨や台風が多かったのですが、幸い今のところ遅れもなく工事は順調ですから、
予定通り2017年8月のお引渡しに向けて、スタッフ一同頑張っていきたいと思います」(中西所長談)。

201610DSC06836
▲「新人時代から含めると、30棟ぐらいマンションをつくってきましたね」と中西所長。
長谷工コーポレーションの社名が、まだ“長谷川工務店”だった時代から
ずっと関西エリアでマンションをつくり続けているというベテランマンションマンです。

Q2:クレヴィア高槻ガーデンテラスの工事現場の特徴は何かありますか?

「大きな特徴と言えば、開放的な敷地ですね。

敷地の周囲が完全に住宅地に囲まれている場合は、
工事の音や振動、車両の通行など近隣住宅への配慮が必要になるため、
工事のスケジュールにも様々な制約が発生することがあるのですが、
この【クレヴィア高槻ガーデンテラス】の場合は、民家に接しているのは敷地の東側だけで、
目の前が大きな道路に面しているので、作業がわりとやりやすいな、というのが感想です。

もちろん、東側の住宅の皆様には極力ご迷惑をおかけしないよう配慮を行っていますが、
住民の皆様にもご理解をいただいているので、工事が進めやすくとても助かっています。

工事現場に入るスタッフは最大で100人ぐらい、通常は60~70人のスタッフが出入りしますから、
朝礼等でスタッフ一同への注意喚起を促すことも所長としての大切な努めです。

事故を起こさないこと、
品質を第一に考えること。

そして、スタッフみんなで和気あいあいと、明るい雰囲気で作業を進めることもモットーにしています。

現場へ出たときは、職長さんを中心にいろいろな職人さんたちと会話をすることで、
コミュニケーションを図りながらスタッフの体調についてもさりげなく確認を行っています。

もう暑さのピークは過ぎましたが、真夏の工事現場では熱中症との闘いですし、
体調不良のまま現場へ入ることは不用な事故を招きかねませんから、
スタッフが明るい雰囲気の中で元気に作業をしているかどうか?という点は
いつも確認するよう心がけています」(中西所長談)。

Q:工事作業を進める上で“達成感を感じる瞬間”はどのタイミングですか?

「やっぱり、足場がはずれて外観がお披露目となるときですね。

特にこの【クレヴィア高槻ガーデンテラス】の場合は外観デザインに特徴があるので、
『つま壁のタイルの仕上がり』は、今から個人的に楽しみにしているポイントです。

実は、マンションの外壁タイルというのは、
近くで見るとキレイでも、少し離れて全体を眺めてみるとムラが出てしまうことがあるんです。
光の反射によっても見え方が違ってきますので、
そのあたりは、足場を外す前からずっと気にしながら作業を行っています。

一般的なマンションの場合、つま壁の部分にはバルコニーや共用廊下が配置されていて
なんらかの突起があるため、タイルの張り方にも多少の融通が利くものなのですが、
【クレヴィア高槻ガーデンテラス】のつま壁は、最上階と2階にしか突起がありません。

つまり、突起がないということはまっ平なタイル壁が晒されるので、外壁タイルがとても目立ちます。

いかに美しくタイルが張られているか?
仕上げの精度が求められますから、ここは職人さんの腕の見せ所となりますね」(中西所長談)。

mainimage1111
▲つま壁というのは上の赤い矢印の部分。
確かに、バルコニーなどの突起がない“平らなタイル壁”ですから、
外から眺めたときに一番目立つポイントになるんですね!
まさかここが“職人さんの精巧な技の見せ所”になるとは・・・中西所長にお話を聞くまで気付きませんでした!
みなさんも、このつま壁の仕上がりを楽しみにしながら来年5月のお披露目を待っていてくださいね!

さて、次回は中西所長へのインタビュー続編。

【クレヴィア高槻ガーデンテラス】の地盤や構造・工法の特徴について。
そして、これからマンション購入を考えている皆さんへのメッセージをご紹介します。
次回もどうぞお楽しみに!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

PAGE TOP