• 分譲マンション
  • 大阪府茨木市
  • 伊藤忠都市開発

住宅ライターの「クレヴィア茨木」取材レポート

野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

そのうちTOP > クレヴィア茨木 > 今が買い時!?心地よいパークビューの71㎡超3LDKで検証!
2017年02月10日

今が買い時!?心地よいパークビューの71㎡超3LDKで検証!

竣工間近の【クレヴィア茨木】は、2017年3月入居開始予定。
この春、入園・入学・進級などを控えたご家族にも
良いタイミングで新生活をスタートできるのも嬉しいところです。

春休み中に新居へお引越しできるように、ぜひ早めに、
そして、多彩な住戸プランの中から選べる今のうちに、
ご家族のライフスタイルや好みに合う“運命の住まい”を見つけてくださいね。

パークビューのワイドリビングが爽快!豊富な収納も魅力のDタイプ

さて今回は、検討可能な住戸プランから
バルコニー側に上穂積一丁目第3児童遊園が広がっているDタイプをご紹介しましょう。

間取りはコチラ ↓↓↓

img_dtype_pc
▲Dタイプ/3LDK+WIC(ウォークインクロゼット)+N(納戸)
専有面積/71.03㎡ バルコニー面積/11.52㎡ アルコーブ面積/1.16㎡ 室外機置場面積/1.96㎡

SONY DSC
▲ワイドバルコニーの向こうは伸びやかな公園!眼下に公園を望む開放感たっぷりの住戸プランです

 

一番の魅力は、ワイドなリビング・ダイニング。
開口の広いセンターオープンサッシなので、一層の開放感がありますね!

SONY DSC SONY DSC
▲左/中央から両側に向けて大きく開けられるセンターオープンサッシ。バルコニーとの一体感もありますし、何と言っても室内の開放感がグッと高まります!
右/ガーデニングを愉しむのにも便利なスロップシンクのあるバルコニー。アウトドアリビングとしても活用できそうですし、テーブルセットを出して、公園を眼下に眺めながらお茶をするのも良さそう♪

 

主寝室にピッタリな洋室(1)には大容量のウォークインクロゼットが設けてありますし、
廊下には半畳の納戸があって、お掃除道具や家族の生活用品などをここに仕舞えます。
収納スペースが要所に設置されているので、スッキリと暮らせるのではないでしょうか。

また、洗面室はドアではなく「引き戸」を採用しているので
開閉時のデッドスペースもなくて良いなぁ~と。
タオル類や洗剤などを収められるリネン庫も便利だと思いますよ!

SONY DSC SONY DSC SONY DSC
▲木目調のカウンターがスタイリッシュな洗面室。三面鏡裏にもドライヤーフックやティッシュBOXスペースなどがある機能的な収納スペースがたっぷり!

Dタイプ・504号室(71.03㎡)4,470万円の返済例は・・・

そんなDタイプの5階住戸・504号室の販売価格は4,470万円。

例えば、頭金0円・ボーナス払いありで購入する場合の返済例を見ると、
毎月返済額は8万9,640円&ボーナス(年2回)払いは16万4,964円(※)。

月々8万円台で、パークビューの伸びやかな住まいがマイホームとなるのです!

 

この返済例からも実感しますが、
ホントに今は、住宅ローンを利用するのに恵まれた金利状況ですね。
↑長期固定金利の住宅ローン『フラット35年』ですら1%前後の金利水準ですから・・・

今の家賃と比べていかがでしょうか??

※頭金0円、提携銀行借入額4,470万円、ボーナス払い164,9640円、年利0.545%(変動金利・基準金利より通期引下げプラン▲2.230%)、35年返済(詳細は係員にお尋ねください) 

超低金利な今だから、マイホーム実現がグッと身近に?!

「超」低金利な状況ではありますが、
この先は金利が上がっていきそうな傾向とも言われています。

金利が1%変われば、総返済は大きく大きく変わりますから
「たかが1%・・・」というワケにはいきません。

 

例えば、4000万円を35年返済で借りた場合の総返済額は

金利1%なら・・・47,423,997円
金利2%なら・・・55,652,145円

なんと!その差額は約822万円!!!!!

同じ価格の物件なのに、同じ額を借りたのに、
こんなにも大きな差が生じてしまうのです。。。


▲このグラフからも分かるように、昨年1月のマイナス金利導入によって金利は大きく下がりました。
最近少し高くなってきていますが、まだまだ「超」がつくほどの低金利ですね!
参考までに、平成29年2月のフラット35(35年固定)の金利は1.10%です ※同物件提携銀行による
/フラット35の金利動向グラフ(住宅ローン情報サイト『住宅ローン金利動向予想』より引用)

 

一般的な住宅ローンの場合、売買契約完了後での申込みになるので、
住宅ローン金利は不動産を契約した月の金利ではなく
鍵の引渡し(建物が完成して、ローンが実行する月)になります。

例えば、1年後に完成予定の分譲マンション購入のためにローンを組むとなると
その物件の所有者になった時の、上昇(しているであろう?)金利で融資実行さえるワケです。

↑金利上昇傾向となれば、融資実行時期が遠くなるのは少しコワイ気も・・・(汗)

でも、同物件の金利が決定するのは2017年3月。
金利の上昇局面であることを考えると、入居日が近い事は大きなメリットになりそうですね。

 

とにもかくにも、現在は住宅購入に嬉しい金利状況なので
「世間では買い時」を迎えていると言えそうです。

この春から新生活を!とマイホームを検討中のご家族は、
いわば「家族の買い時」も迎えられているのではないでしょうか。

この双方が合うご家族は、
マイホーム実現!の良いタイミングを迎えられているのかもしれませんね。

SONY DSC
▲住宅ローンの選び方・組み方も人それぞれですから、大切な資金計画についてもマンションギャラリーで相談してみてください。スタッフの方が親身になって相談に乗ってくれますよ!

※室内写真はすべてモデルルーム。掲載写真はすべて2017.1撮影。
野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

ラジオレポーター時代に“取材の面白さ”にハマり、フリーライターに。構成作家、住宅情報誌のライターとして活動中(かれこれウン年)。100以上の物件を取材した経験を基に楽しくレポート!
住宅ローンアドバイザーでもある。

PAGE TOP