住宅ライターの住まい選びコラム

そのうちTOP > 住宅ライターの住まい選びコラム > 実物を確かめてから選べる安心感!完成済みマンションのメリットを考える
2017年08月02日

実物を確かめてから選べる安心感!完成済みマンションのメリットを考える

「買う」か「借りる」か?にはじまり、
買うなら「マンション」か「一戸建て」か?そして「新築」か「中古」か?
…など、大きなことから細かなことまで挙げ出せばキリがないほど
住まい選びには“迷いドコロ”が沢山ありますね。
そして、それぞれにメリット・デメリットはあるので
何に重きを置いた住まい選びをするのかが大切なのだと思います。

住まいに求める条件や好みは人それぞれでも
しっかり納得した上で「間違いのない住まい選びをしたい!」との想いは共通ではないでしょうか?
だって、住まい購入は一生に一度あるかないかという程の大きな買い物ですから。

(規模によって期間は違うものの)長い時間をかけて建設されるマンションだと
建物竣工の何年も前から分譲が始まることも珍しくありませんが、
その場合、現地の確認や棟外モデルルームで設えを見ることはできても
実際の建物&お部屋を確認することはできないので、あくまで完成後のイメージで住まいを選ぶことになります。

しっかり納得した上で…となると、具体的に・リアルに新生活を思い描きたいもの。
やはり“実物”を確認できると安心感が大きいと思いませんか?

そこで、今回から数回にわたって、
『完成&入居済マンションを選ぶこと』をいろいろな面から考えてみたいと思います!

■魅力その1
外観も共用部も、我が家からの眺望も陽当たりも風通しも音も…
実際の建物を確認できるから、すべて隅々までチェックOK!!

当たり前といえばそうですが(笑)
パンフレットなどで「完成予想図」として描かれていた外観や共用部も植栽も、
完成物件ならば、CGや模型などではなく“実物”として見ることができます。

 

建物の“見た目”はもちろんのこと、
エントランスの雰囲気や、どんな植栽がどう建物を彩っているのか、
中に入るとわかる天井の高さや陽光の入り具合、セキュリティや駐車場の使い心地など
“想像とのズレ”が生じることなく、その全てをリアルに体感できます。

もちろん、実際に確認できるのは住戸内も同じこと。

窓の外の景色は?自然光の差し込み方は?風の通りは?音はどう?…などから
生活動線やキッチンに立った時の目線、質感、戸や扉の開け閉めしやすさなども
五感で、というか「この住空間を自分がどう感じるか?」を第六感でも確認できるのです。

「何かこの部屋好きだなぁ~!」「なんか雰囲気イイね♪」というように
自分の肌に合うかどうかを確かめられる、と言えばいいでしょうか??
言葉では表現しにくい“感覚”でも住まいをチェックできるのは完成物件ならでは。

手持ちの家具をここに置いて…など、より具体的に暮らしをイメージしながら
現実的な住まい選びができることは大きな安心感に繋がるのではないでしょうか。

■魅力その2
どんなご家族が住むマンションなの?管理は行き届いている?
先輩居住者の属性や暮らしぶり、管理状況もチェックOK!!

完成&入居済のマンションならば、
既に新生活を始められているご家族の様子をうかがえるのも大きな魅力だと思います。

検討している住戸の上下階やお隣がどんなご家族なのかも分かりますし、
特に子育てファミリーは、年齢が近いお子さんをお持ちの家族が多いと心強いですよね!
お子さん自身もマンションにお友達がたくさんいると嬉しいでしょうし、
親の方も、教育環境や通学校のこと、あの病院が良いとか…情報収集もしやすいものです。

また、管理員さんはどんな方でどんなサポートをしてくれているのか?とか
お掃除は行き届いている?常に美しく保たれている?などもチェックできます。

言ってみれば、建物完成時は「箱」だったマンションに
人が入ることで命が吹き込まれ「住まい」になっていくものだと思うので、
家族の暮らしが営まれている様子そのものを確認できることも完成物件のメリットです。

■魅力その3
自分達の都合に合わせて新生活をスムーズにスタートOK!
しかも、現在の低金利で資金計画が立てやすいメリットも!

竣工前の物件ですと入居開始を待つことになりますが、
完成済の即入居可能なマンションならば、
契約が整った後すぐにでも新生活を始められるメリットもあります。

「子どもの新学期に合わせて夏休み中に入居」とか「仕事の休みが取りやすい時期に引越しを」など
ご家族の都合や希望に合わせて入居時期を選べるワケです。

 

加えて、今は超がつく程の低金利時代ですが、
通常の住宅ローンは引渡し後の融資実行になるので
実行金利は建物が完成した後のものとなります。

先のことは不確かですが、金利は徐々に上昇傾向にあるようですから
完成が先の物件となると、その時の金利状況は今より不利な可能性も…。
↑住宅ローンの金利が1%も変われば、総支払額の差は百万単位で変わってきますから!

その観点からも、すぐに入居でき、今の低金利がほぼ実行金利となることは
資金計画や将来の人生設計を立てやすくしてくれると思うのです。

 

=============================================

ざっと「完成&入居済マンション」の大きなメリットを挙げましたが、
これから建設が始まる物件や竣工前物件には敵わない部分もあります。

受付期限がある無償の「カラーセレクト」や「プラン変更」の有償オーダーを希望される方、
真新しさや、「入居開始後一番早く入居したい!」などを求める方にはお勧めできませんが、
想像と現実のズレがない、堅実な住まい選びとなれば
完成済み物件ならではのメリットに注目してみるのも良さそうです。

加えて、金利に限らず販売価格も既に完成&入居済み物件は魅力的なんですよ!
価格面については次回お話ししますね。

野村 綾乃

住宅ライター
野村 綾乃

ラジオレポーター時代に“取材の面白さ”にハマり、フリーライターに。構成作家、住宅情報誌のライターとして活動中(かれこれウン年)。100以上の物件を取材した経験を基に楽しくレポート!
住宅ローンアドバイザーでもある。

取材リクエスト

住宅ライターの取材レポートをご希望の事業主様、販売関係者様はこちらからお問い合わせください。

そのうち ご意見募集

  • 掲載されている情報については、 掲載日時時点のものですので、 実際に物件が販売済みになっている場合もございます。
  • このサイトでは、 住宅ライターが実際にマンションやその周辺を取材し、 または調査したことを独自の目線で記事にしています。感じ方には個人差がありますので、 直近の状況や印象については、 現地でご確認ください。
PAGE TOP