住宅ライターの住まい選びコラム

そのうちTOP > 住宅ライターの住まい選びコラム > 50代から60代は「第二の住宅購入適齢期」?
2016年01月21日

50代から60代は「第二の住宅購入適齢期」?

「50代以上の購入者さんが多いですね」

このところ、マンションの販売担当の方々からそんな声をよく耳にする。
50代から60代にかけての年代で、住み替え・買い替え(多くは、郊外の戸建てから便利な場所にあるマンションへ)の動きが活発なようだ。

今回は、50代以上で住み替えをおこなうメリットや背景について考えてみたい。

50代とはどんなライフステージにある世代なのか?

「50代以上」と言ってもやや幅があるが、ここでは「55歳」を例にとってみよう。

芸能界で活躍する方々で55歳くらい(1961年生まれ)というと
俳優の中井貴一さん、柳葉 敏郎さん、映画監督の三谷幸喜さん、歌手の徳永英明さんなど。女性では、賀来千香子さん、浅野温子さん、高橋ひとみさんなどが挙げられる。
まだまだ若々しく、華やかな年代だなあ・・・という印象ではないだろうか?

実はこの年代、経済的な背景とライフステージの両面から「マンションへの住替え適齢期」となりやすい。
55歳の方のライフイベントと経済の節目を示した例が、こちら。


▲20代でバブル景気を経験。結婚出産を機に、当時かなりの高金利で住宅を購入。
55歳の現在、子どもが大学を卒業して独立し夫婦2人暮らし。
5LDKの戸建ての部屋が余っている。
マイホームは築20年を超え、住み続けるなら大がかりなリフォームが必要。
買い替えをするなら、まだ元気で働いているので住宅ローンも利用可。
しかも昔とは比べものにならない低金利でローンが組める。

・・・・・このような背景から
「これから先を見据えた、二度目の住宅購入」に踏み切る方が非常に多いようだ。

50代からの住替えのポイントは「これから先のライフスタイル」

50代以上の住替えでは、何を重視して住まい選びをすると良いのだろうか?
(もしくは、今の住まいのままで良いという判断をすべきだろうか?)

最大のポイントは、
・定年後(10年後)はどんな暮らしをしたいか
・住まいの手入れや管理は10年先も問題なくこなせるかどうか
・将来、車を手放したとしたら生活がどうなるか
など、これから先のライフスタイルを中心に考えるということ。

主にマンションで、50代以上の住替えニーズが高まっているのは
総合的に考えて、
・バリアフリー環境が整っている
・カギ1本でしっかりと防犯できる
・庭の清掃やゴミ出しなど戸建てならではの負担が減る
などの点が重視されているようだ。

 
▲玄関の鍵一本で高い防犯性が保てるマンション。最近は、セキュリティ会社と提携し、玄関や窓が不正に開けられたときに通報されるなどの防犯システムが採用されていることが一般的。
 
またマンションの中でも
・駅から近く、車がなくても買い物や外出に不便がない
という好立地の物件ほど、50代以上の住替え人気が高まる傾向だ。

 
▲(左)浜松市の駅近マンション。地方都市でも主要駅が近いエリアでは同様の住替えラッシュ傾向が見られる。(右)良いものを知る世代だからこそ、お洒落なレストランやショッピングエリアにも近いことも重視される。

 
住替えの時には、
・住み慣れた場所から離れること
・たくさんの荷物を整理すること
など、少しハードルの高い決断が必要になるかもしれないが
だからこそ、元気なうちに済ませておくべきも言える。

50代・60代は「第二の住宅購入適齢期」「住替え適齢期」なのだ。

50代・60代は「シニア」ではなく。

ちなみに、50代はもちろんのこと、60代、それ以上の方であっても
「自分自身のことを『シニア』だととらえていない」し、
「『シニアにおすすめ』などと言われたら振り向かない」というのは
イマドキの一般常識。

確かに、
> 俳優の中井貴一さん、柳葉 敏郎さん、映画監督の三谷幸喜さん、
> 歌手の徳永英明さんなど。女性では、賀来千香子さん、浅野温子さん、
> 高橋ひとみさんなど
と挙げた方々も、
あと10年経ったからと言って「シニア」なんてお呼びしたら叱られそうなくらい
その言葉からほど遠い。

女性誌などではアラフィフ~アラカンという呼び方もされているが
マンションの広告などで「アラフィフにおすすめの間取り」などと言うのは若干軽すぎる気も・・・

何かうまい呼び方はないものか、と思いつつ
今回はそのまま「50代」「60代」という表現を採用した。

50代・60代での“華麗な”住替え。

かつてのその年代よりも、ずっと若々しくお洒落な方々だからこそ
年齢を重ねたライフスタイルの変化に合わせて
自分らしい住まいと暮らし方を、
しなやかに自由に選択できているのでは?と感じている。

高橋登志子

住宅ライター
高橋登志子

ラジオの中継レポーター、新築マンション営業職を経て現職。不動産広告制作に携わる傍ら、住宅ライターとして活動中。東海エリアのマンションチラシウォッチが趣味。

取材リクエスト

住宅ライターの取材レポートをご希望の事業主様、販売関係者様はこちらからお問い合わせください。

そのうち ご意見募集

  • 掲載されている情報については、 掲載日時時点のものですので、 実際に物件が販売済みになっている場合もございます。
  • このサイトでは、 住宅ライターが実際にマンションやその周辺を取材し、 または調査したことを独自の目線で記事にしています。感じ方には個人差がありますので、 直近の状況や印象については、 現地でご確認ください。
PAGE TOP