• 名古屋市守山区
  • パナソニック ホームズ

住宅ライターの「守山センチュリーゲート」取材レポート

村田明音

住宅ライター
村田明音

そのうちTOP > 守山センチュリーゲート > 続々と住まいが完成している【守山センチュリーゲート】の今をレポートします!
2019年01月18日

続々と住まいが完成している【守山センチュリーゲート】の今をレポートします!

【守山センチュリーゲート】の街びらきが行われたのは、昨年7月のこと。
その後も建築工事は着々と進み、すでに入居されているご家族の姿もみられるようになってきました!

その広い敷地内には「パナソニック ホームズ」の住宅展示場「街かどモデルハウス」も誕生し、少しずつ、“街”としての姿ができているようです。

そんな【守山センチュリーゲート】の“今”をレポートしたいと思います。

いよいよ“街”らしくなってきた【守山センチュリーゲート】

取材をした12月下旬も、次々と新しい家の建築が進められていた【守山センチュリーゲート】。

通りによっては両側のお家が完成しているところもあり、
全200区画が完成したあとの街の様子が、よりイメージしやすくなったと感じました。


▲通りは大きく弧を描くようになっています。
道がゆるやかにカーブしていると車もスピードが出にくいですし、街区の中の道なので住民以外の車はほぼ通らないことが考えられ、安全性が高そうです。
また道幅もしっかり確保されているので、どのお家も日当たりが良く、車庫入れをしているときに「道を塞いで迷惑をかけてしまう」なんてこともなさそうですよ。

 
▲通りによって、門柱や外観のテイストが異なる街並み。
きれいに家が建ちならんだことによって、それぞれの通りの雰囲気の違いもより分かりやすくなりましたよ。

全ての通りやお家に個性があり、通りを一つ進むたびに「次はどんな街並みかな?」と楽しく見学することができますよ。
どの通りのどの家が良いか、ますます家選びが楽しくなってしまいそうですね!

「街かどモデルハウス」も誕生しました!

2018年10月末に【守山センチュリーゲート】内に「街かどモデルハウス」がオープンしました!
「街かどモデルハウス」は、「パナソニック ホームズ」の最新設備や仕様、特徴的な間取りなどハイグレードな暮らしを体感することができる、ひと味違ったモデルハウスになっているんです。


▲【守山センチュリーゲート】の「街かどモデルハウス」は、メインゲートの近くに建っています。
延床面積はなんと142.69㎡!大きな窓や、ガラスのバルコニーがスタイリッシュな雰囲気です。

「パナソニック ホームズで注文住宅を建てたい」という人が、最新設備や仕様を確認・体感したり、
【守山センチュリーゲート】で住まいの購入を検討している人も、もちろん見学することができますよ。


▲リビングルームは、開放感たっぷりの吹き抜けになっています!
天井まで続く石張りの壁がスタイリッシュかつ重厚感を醸していて、まるでミュージアムのような雰囲気。

こちらのモデルハウスのコンセプトは「KodoMotto」。
家事がラクで子育てがもっと楽しくなる間取りや設備と、上質でスタイリッシュな空間が提案されています。

 
▲写真左:リビング、ダイニング、キッチンをあわせた広さはなんと25.9帖!
広々とした空間だからこそ実現できる、最新設備のアイランドキッチンが採用されています。
キッチン台の下はすべて収納になっていて、たくさんの食器やお鍋などもスッキリと収納できそうです。
カップボードの壁はタイルにも凝っていてとってもオシャレでしたよ!
写真右:約4帖ある洗面室。洗面台の横にはパウダースペースもあり、家族3、4人が同時に身支度ができそう。忙しい朝も安心ですね。

 
▲写真左:リビングから直接階段を上がってすぐの2階ホールは、書斎スペースになっていました。
デスクの前の窓は吹き抜けになっていて、一人で作業をしているときでも、リビングにいる家族とのつながりを感じることができそうです。子どもの学習スペースにするのも良いですね。
写真右:8.1帖の寝室と、4.6帖の和室がひと続きに。和室は、まだ小さい子どもを寝かせて様子をみたり、普段は夫婦団らんの場として、来客時には客間として使うこともできそうです。
また、寝室には4.6帖の広々としたウォークインクローゼットも付いていますよ。

ほかにも、子ども部屋にぴったりの洋室が2部屋あり、ファミリーで快適に暮らす工夫がたくさん施されていました。
どの部屋もリアルな暮らしをイメージしてコーディネートされているので、インテリアの参考にもなりそうでしたよ!
プロのコーディネートや間取りのアイデアを、新しい我が家に取り入れるのも良いですね。

全館空調を体感!家全体が一定の温度に保たれていて快適です

「街かどモデルハウス」を見学していて、ひとつ気づいたことがあります。

取材した日は12月下旬で外も寒かったのですが、建物のなかはぽっかぽか!

リビングには大きな吹き抜けがあり、また玄関や洗面所も広々としているのにも関わらず、
家の中に足を踏み入れた瞬間から、お部屋の中はもちろん、玄関や廊下、洗面所に至るまで、家の隅々まで温かいんです!!

その理由を尋ねると、「全館空調で家中を温めているからですよ」とのこと。

「街かどモデルハウス」には、「パナソニック ホームズ」が開発した業界初(※)の全館空調システム「エアロハス」が導入されているんですって。
※2017年3月、パナソニック ホームズ調べ。粒径0.3μmの粒子を99.97%除去するHEPAフィルター搭載の全館空調システムとして、工業化住宅業界初。

 
▲「街かどモデルハウス」の階段をのぼった先にあるこちら(写真左)。
一見するとクローゼットのようですが、実は、全館空調システム「エアロハス」の設備(写真右)が入っているんです!


▲「エアロハス」の扉を開けていただくと、中には、全館空調用のエアコンのほか、以前のレポートで紹介した「HEPAフィルター」による空気の換気・浄化システムも入っています。
「超高性能HEPAフィルター」が4枚も搭載されているので、広いお家の空気もばっちりきれいになりますよ。

 
▲写真左:温度調節などは、リビング・ダイニングの壁に備え付けのタッチパネルで一括操作ができるんです!部屋ごとにある程度は温度が調整できるので、暑がりの方も寒がりの方も快適に過ごせそうですね。
寒い部屋や暑い部屋まで、わざわざエアコンを付けに行く手間が省けるのも便利そう。
写真右:各部屋の天井にはこのような吹出口があります。
室内に届けられる熱気・冷気は、超高性能HEPAフィルターで浄化されたきれいな空気なので、花粉症の方や小さなお子さんがいるご家庭にも嬉しいですね。


▲吹き抜けで開放感のあるLDKは憧れですが、実際に住むことを想像すると「冬は寒そう」と考えてしまいませんか?
「エアロハス」は空間全体を温めるため、天井と床の温度差はほとんどなく、このように大きな吹き抜けの家でも快適な空間が実現できるそうですよ。

また、自然の力と先進技術を組み合わせているので、一般的な全館空調より電気代を約半分に抑えることができるのも嬉しいポイント!

「パナソニック ホームズ」の住まいづくりに対する技術力の高さを、また一つ感じることができました。

 
いかがでしたか?

これまでのレポートでも「パナソニック ホームズ」の最新設備や素敵な間取りについて興奮気味に(笑)紹介してきましたが、さらに、ハイグレードなものがあったなんて…!!
「こんなお家に住んでみたい」と羨ましくなってしまいました!

【守山センチュリーゲート】でも注文住宅が建てられる区画がありますので、
「こんなお家に住みたい!」「この部分だけでも取り入れたい!」という方は、
ぜひ現地のスタッフさんに相談してみてくださいね。

【守山センチュリーゲート】には、まだまだこれからたくさんの住まいが誕生していきます。
ぜひ一度、街の雰囲気や実際の暮らしを体感しに、足を運んでみてくださいね♪

村田明音

住宅ライター
村田明音

住宅ライター。女性誌の編集や広告営業を経て、ライティング会社を設立。マンションや一戸建て、リノベーションなど住宅分野に幅広く関わっている。旅行先でも、物件や町の住みやすさをついチェックしてしまう。

PAGE TOP