• 名古屋市守山区
  • パナソニック ホームズ

住宅ライターの「守山センチュリーゲート」取材レポート

村田明音

住宅ライター
村田明音

そのうちTOP > 守山センチュリーゲート > 個性的な外観デザインと、ゆったり設計が魅力!新たに登場した「フロンティアステージ」
2018年10月19日

個性的な外観デザインと、ゆったり設計が魅力!新たに登場した「フロンティアステージ」

以前、ブルーアベニューの3棟のモデルハウスや住まいの設備についてレポートしました。
※以前のレポートはコチラ

以降も着々と工事が進められ、続々と新しい家が建ち始めている【守山センチュリーゲート】。
そして先月、新たなエリア「Frontier-Stage(フロンティアステージ)」の公開・分譲が始まりました。

そこで今回は、「ヴィオレアべニュー」と「メインストリート」が交わる場所に建ち、「フロンティアステージ」ひいては【守山センチュリーゲート】全体の顔ともいえる「H-1」号地のモデルハウスを紹介します!

個性的な外観デザインの家が並ぶ「フロンティアステージ」。

新たに誕生した「フロンティアステージ」は、立体的で凝ったデザインの家が集まるエリア。

家の形だけでなく、外壁の貼り方も工夫してデザインされているため、街としてのまとまりがありながらも変化に富んだデザインの住まいが続く、華やかなエリアでもあります。


▲1階部分と2階部分では異なる外壁材を使い、さらに玄関まわりだけ違う外壁を貼り分けることで、外観に変化をつけています。
バルコニーの数や場所、間取りもそれぞれの家によって変化に富んでいるので、家全体の形にも変化があり、正面・横・斜めと見る場所によって違う顔が楽しめるんですよ。

ちなみに外壁は、太陽光に含まれる紫外線で汚れを分解する光触媒機能を持つものが採用されていて、最小限のお手入れできれいな外壁を保つことができるんですって。長く住まうことを考えると、嬉しいポイントですよね♪

 
▲写真左:「H-1」号地があるのは、メインゲートやコモンヴィラに近い角地。
アイアンのストリートサインと街灯が迎えてくれます。外国の雰囲気も漂い、とってもオシャレ!
写真右:「ヴィオレアベニュー」の名の通り、植えられた紫色の花々が落ち着いた大人っぽい雰囲気を演出しています。自然石が用いられている門柱も素敵ですね。


▲玄関前のスペースは約3.0帖と広く、上にあるバルコニーがひさしの代わりになっているので、雨の日も濡れることなくお出かけの支度ができます。自転車やベビーカーなどを置ける広さも確保されていますよ。

1階は、ゆとりのある空間設計。家族が多くても快適に暮らせそう♪

それではいよいよ、モデルハウスの中を見学します!


▲こちらは1階の間取り図。SIC・押入れなど、収納もたっぷりありました。
またオレンジの丸で囲ったように光を取り込む窓がとても多いので、どこの部屋も明るく、開放感たっぷりでした!


▲リビング・ダイニングは18.0帖。
縦長のリビングは、6人掛けとしても使用できるぐらいの1.8mのダイニングテーブルや、幅1.93mのソファを置いても空間に余裕があり、数字よりも広々とした印象です!

フローリングはオークカラーのものを使用。
ベージュのなかでも柔らかい色合いなので、幅広いテイストのインテリアにマッチしそうです。

 
▲写真左:洗い物をするシンクと作業スペースをしっかり確保した広いキッチン。浄水機能のついた水栓や食器洗い機など、あるとうれしい便利な設備もバッチリ完備しています。
写真右:ダイニングに設けられたカウンターは2m近くあり、子ども2人が並んで勉強したり、アイロンがけや家計簿を書いたり…など、ちょっとした作業をするのにピッタリ。
カウンターの端には、可動式の棚も造り付けられ、モデルハウスのように小物や写真を飾ったり、本や文房具などのちょっとしたものをしまうのも良さそうです。


▲扉を開放すれば、LDKから続き間にもなる和室。窓が2つあり、通気性が抜群の明るい空間になっています。
休日、そよ風に吹かれながら、お昼寝をするのもいいかもしれませんね♪


▲洗面室も約3.0帖と広々!洗濯機を置いても、大人1人と子ども2、3人が一度に脱衣できるくらいの余裕がありそうそうですよ。
収納が多く、シャンプー・洗剤などの詰め替えはもちろん、タオルなどもしっかりしまえそうなのも嬉しいポイント。「フロンティアステージ」の他の住まいも、洗面室が広く作られているそうですよ♪

2階は、全部屋がバルコニー付き! しかも、南向きで明るいんです。

続いて2階を見学します。

▲「H-1」号地のバルコニーは2つあり、すべての部屋がバルコニーにつながっているんですよ♪


▲2つの部屋から出入り可能な広々としたバルコニー。
家族が多くても、布団と洗濯物の両方を同時に干せるくらいのスペースがあります。
シンプルな造りになっているので、フロアデッキを買ってきて敷いたり、ミニ家庭菜園を作ったり、デッキチェアやハンモックを置いたり…と、好きなようにアレンジして楽しめそうです。

 
▲5.5帖の洋室(写真左)は、隣の洋室とバルコニーで繋がっていて、8.1帖の洋室(写真右)の外には、もう1つのバルコニーがあります。

全部屋がバルコニーにつながっているということは、それぞれの部屋に背高の大きな掃出し窓があるということ。
大きな窓からの開放感はとっても清々しい気分になります!
また、布団もそれぞれの部屋からバルコニーに出して干すことができるので、家事もとっても楽になりそう♪

さらに、全部屋南向きに窓がついているのもポイントで、ポカポカ陽気が射し込み、冬も暖かく快適に過ごせそうだと思いました。

 
▲写真左:「フロンティアステージ」の住まいは、安全に上り下りできるよう、階段の勾配をあえてゆるく設計してあるのだそう。大人でも足がすっぽり収まるほどの幅があるので、急いでいて階段を踏み外す危険も減りそうです。
こういう細かな配慮も嬉しいですよね。
写真右:それぞれの洋室にも収納が設けられていますが、階段をのぼった先も、背高の物入れが用意されていました。掃除道具や学校の用具などをしまっておくのにも便利そうです。

今回紹介した「H-1」号地は、1階も2階も「どのお部屋もとっても明るい!」という印象を受けました。
その明るさと広々とした住まいを、ぜひ皆さんもモデルハウスで体感してみてくださいね。

「フロンティアステージ」には、自由度の高い設計を活かした個性的な住まいがこのあとも続々誕生予定!
次回は、現在分譲中の9つの区画のうち、「H-7」と「H-8」の住まいをご案内します。

「ここに住みたい!」と一目惚れしてしまうかもしれませんよ♪
お楽しみに!

村田明音

住宅ライター
村田明音

住宅ライター。女性誌の編集や広告営業を経て、ライティング会社を設立。マンションや一戸建て、リノベーションなど住宅分野に幅広く関わっている。旅行先でも、物件や町の住みやすさをついチェックしてしまう。

PAGE TOP