• 名古屋市守山区
  • パナソニック ホームズ

住宅ライターの「守山センチュリーゲート」取材レポート

村田明音

住宅ライター
村田明音

そのうちTOP > 守山センチュリーゲート > モデルハウスレポート①:パナソニック ホームズこだわりの先進設備を随所に発見!
2018年07月27日

モデルハウスレポート①:パナソニック ホームズこだわりの先進設備を随所に発見!

【守山センチュリーゲート】のモデルハウスがついに完成しました!
現在公開中の3邸をさっそく見学させてもらいましたので、今回からその様子を2回に渡って見どころとともにレポートしたいと思います。

第1回目の今回は、私も見学しながら説明を伺って驚いた、家の様々な箇所に施された安全・快適に暮らすための設備や仕組みに迫ります。
【守山センチュリーゲート】の「その街には、次の100年の物語がある。」というコンセプトにしっかりと寄り沿った、いつまでも快適に暮らすための工夫が建物にもたくさん凝らされていましたよ♪

使いやすさ・お手入れのしやすさにこだわったシステムキッチン。

【守山センチュリーゲート】の建売住宅に設置されているキッチンは、もちろんパナソニック製。
シンプルで洗練されたデザインは、まるでキッチンスタジオのようですよ!
加熱に使う場所、作業をする場所、洗う場所など全てのスペースに余裕が感じられ、使い勝手もとっても良さそう♪


▲K-4号地のキッチンはアイランドキッチン! そのほかにも、プランによってカウンターキッチンなど様々なタイプのお家があります。どの家にしようか、迷うのも家選びの楽しみの1つですね。


▲【守山センチュリーゲート】にはIHコンロのお家と、ガスコンロのお家の両方がありますが、今回見学させて頂いたのはIHコンロのタイプ。IHコンロはフラットなので、吹きこぼれや油の汚れもサッと拭き取ることができ、常にきれいなキッチンを保つことができそうで嬉しいですね♪ ガスコンロのタイプと、好みに合わせて選んでくださいね。

 
▲幅・奥行きともに広々としたシンクもとっても使いやすそう。大きなお鍋などの調理器具もゆったりと洗うことができそうです。水栓には、浄水機能も標準装備されていますよ。

こちらのK-4号地のアイランドキッチンのシンクの下には、コンセントもついていました!
カウンターキッチンの場合は、カウンターの立ち上がり部分にコンセントが設置されている場合があるのですが、アイランドキッチンはその場所がないので、こちらに設置されているとのこと。
ここにコンセントがあれば、ミキサーなどの調理家電を使うときにもとっても便利!
使う人のことを考えられた、嬉しい工夫だと思いました。

調理やお手入れに便利な設備が、必要な場所にしっかりと揃っているという印象のキッチン♪
「ちょっと凝った料理にも挑戦してみようかな」と、毎日のお料理が楽しくなりそうですね。

家中の空気をきれいにする換気システム!

キッチンの足下に、何やら蓋が開きそうな場所を発見。
「床下収納かな?」と思ったのですが、なんとこちらは家中の空気を換気してくれるシステムになっていました!


▲床の蓋を開けると、中はこのようになっています。

外から空気を取り込み、家の床下をゆっくり通すことで、地熱を利用し、夏は外気より涼しく・冬は外気より暖かくすることができるんです!また、空気中に含まれる花粉やホコリなどを沈下してもくれますよ。
さらに、上の写真のシステムの真ん中に設置された黒い「HEPAフィルター」を通すことで、PM2.5やPM0.5などの微粒子も除去されるんですよ。


▲「HEPAフィルター」を通ってキレイになった空気は、床下や壁の裏、天井裏を通って、各部屋の天井に設置された給気グリルから各部屋に流れ込み、最終的にトイレなどの排気口から外へと排出されるシステムになっています。

この換気システムにより、窓を閉め切った状態でも2時間に1回家の空気が入れ替わる設計になっていて、さらに「HEPAフィルター」を通した空気が供給されるぶん、窓を開けて空気を取り込むときよりもキレイな空気を取り込むことができるんです。
季節によって入れ替える空気の量を変えることもできるので、冬に寒い外気が入りすぎてお部屋の中が寒くなってしまうことも防げますよ。
 

また、壁にも一工夫があり、北海道の「稚内珪藻土」が採用されています。
最近は雑貨店などで珪藻土で作られたバスマットやコースターなども良く見かけますが、濡れてもすぐ乾くことからも分かるように、大量の湿気を吸放湿して、調湿機能に優れていることが特徴!
パナソニック ホームズでは、全国の珪藻土を綿密に調査して、住宅業界で初めて北海道の「稚内珪藻土」を採用したんですって。

「稚内珪藻土」は一般の珪藻土の約3倍以上の吸放湿性能を発揮するというデータもあり、お部屋の湿度のコントロールだけでなく、結露やダニ・カビの心配も少なくなって、春夏秋冬を通して快適な空間で毎日を過ごすことができそうですね♪

永く安心して暮らせる家。

パナソニック ホームズが目指すのは、「価値が持続する家」。

そのためのこだわりの1つとして挙げられるのが構造です。
今回見学した3つのモデルハウスは鉄骨の家だったのですが、揺れによる変形を抑え、万が一地震が繰り返し起こってしまったときにも耐えられる強さを持っているんですって!


▲現地で頂いたパンフレットにも耐震構造について詳しく説明されていました。
大きな地震があったときでも安心できる、心強い家だと感じましたよ。

また建物が美しく有り続けられるよう、外壁タイルにもこだわりがあるんです!


▲オリジナルの高性能タイル「キラテック」が採用されています。
光触媒という技術により太陽から出ている紫外線の力でホコリや塵の吸着を抑え、油汚れも落ちやすくなっているので、雨で自然に汚れを洗い流してくれるんですって!

「明るい壁の色に憧れるけど、汚れてしまいそうで心配…」という方も、「キラテック」が採用された家なら汚れがつきにくく、汚れてしまっても雨水でセルフクリーニングしてくれるので、メンテナンスの手間も軽減されますし、キレイな家は資産価値も維持できそう♪

また、タイルやタイルの接着性については、60年の高耐久性(※)が確認されています。
一般的に戸建ての家は約10年で外壁塗装などのメンテナンスが必要と言われていますが、その必要もしばらくなさそうなのも嬉しいポイントですね。 ※促進耐候性試験の結果より

これは、「住んでからお金がかかりにくい家」とも言えそうです。

 
パナソニック ホームズの技術を集結させた、先進の住まいはいかがでしたか?
次回は、モデルハウスのそれぞれの間取りやデザインのこだわりポイントについて紹介していきます!
お楽しみに。

村田明音

住宅ライター
村田明音

住宅ライター。女性誌の編集や広告営業を経て、ライティング会社を設立。マンションや一戸建て、リノベーションなど住宅分野に幅広く関わっている。旅行先でも、物件や町の住みやすさをついチェックしてしまう。

PAGE TOP