• 分譲マンション
  • 大阪府守口市
  • NIPPO・近鉄不動産・長谷工コーポレーション

住宅ライターの「ル・サンク守口」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ル・サンク守口 > 基本プランに加え、3タイプのメニュープランの中から好きな間取りがE-label(えらべる)システム
2017年01月31日

基本プランに加え、3タイプのメニュープランの中から好きな間取りがE-label(えらべる)システム

さて、前回のレポートでは、
●全タイプに間取りメニュープランがある
●専門スタッフがギャラリーで対応してくれる
●インテリアカラーを4パターンから選択できる
●グレードアップメニューも豊富
●基本仕様や設備との差額のみで変更できる(一部追加費用あり)
●追加費用もローンに組み入れることが可能

という、【ル・サンク守口】の『E-label』(えらべる)システムについてご紹介しましたが、
今回クローズアップするのは、間取りのメニュープランについて。

【ル・サンク守口】では、AタイプからPタイプまでの全16タイプの間取りに対し、
それぞれ3種類のメニュープランが用意されています。

つまり、基本プランを含めると4つのパターンから、自分たちが暮らしやすい間取りを自由に“選べる”のです!
そこで今回は、横長リビングが人気のLタイプを例に挙げて、4つの間取りパターンを検証してみましょう。
※ル・サンク守口モデルルーム(Kタイプ)・・・・・・2017年1月撮影。

基本プランは、赤ちゃんのいるファミリーにぴったりな和室付きプラン

L-
▲こちらはLタイプの基本プラン。
専有面積は71.17㎡、バルコニー面積11.97㎡、アルコーブ面積3.37㎡の3LDKです。
ゆったりとしたウォークインクロゼットが各洋室に設置されているため、
収納スペースがたっぷり確保できるのがうれしいですね!

※図面をクリックすると拡大画像が確認できます。

ちなみに、LDKに隣接した和室は、小さな赤ちゃんのいるファミリーに好評のスペース。

お料理をしている最中や、ママ友が子ども連れで遊びにきたときにも、
畳のスペースがあればゴロンと寝かしつけることができるので、
「高さのあるベビーベッドを置くより安心」というママたちの声がよく聞かれます。
実家のお母さんが子育てのお手伝いに来てくれたときの宿泊スペースとしても快適に使うことができそうですね!

================================================

では、その他のメニュープランの間取りを見てみましょう。

メニュープラン①なら、憧れの書斎スペースを実現できます!

201701-MENU35
▲こちらはメニュープラン①の間取り。
基本プランにあった約4.5畳の和室をなくして2LDKの空間に変更、代わりに約3.0畳のDENを設けています。
洋室(2)のウォークインクロゼットがひとまわり大きくなっている点にも注目!

※図面をクリックすると拡大画像が確認できます。

DENというのは英語で巣・洞穴を意味する言葉で、
間取図上では“趣味を楽しむために使う部屋”といった意味合いで使われます。

「いつか自分の書斎を持つことが夢」という男性も多いようですが、
このDENスペースがあれば、男のロマンを実現可能!

書斎以外にも、家族共通で使えるパソコンを置くなどファミリースペースにしたり、
勉強部屋として使うことによって、今話題の“リビング学習”が実践できるため、
子どもたちの学力向上が期待できるかもしれません。

メニュープラン②なら、何かとモノが増える子育てファミリーも快適!

201701-MENU36
▲つづいてこちらはメニュープラン②の2LDKの間取り。
先ほどのメニュープラン①ではDENになっていたスペースが、ゆったりとした納戸となっています。
また、基本プランと比較すると、リビング・ダイニングは約12.1畳→約13.8畳と1.7畳大きくなり、
空間の奥行きを感じるL字型に変化している点にも注目しましょう。

※図面をクリックすると拡大画像が確認できます。

子育て中のパパ・ママたちに住まいへの不満に関するアンケートを取ってみると、
「一番困るのは、収納スペースがどんどん足りなくなること」という意見をよく聞きます。

確かに、子どもたちが幼稚園で作ってきた作品や、入学・進学にまつわる思い出の品などは
なかなか簡単に捨てられませんよね?

どんどん増えていく“家族の想い出”を大切に保管するためのスペースとして
この納戸を活用してみるのも良いかもしれません。

メニュープラン③は、部屋数重視のファミリーにオススメ!

201701-MENU37
▲そして、こちらはメニュープラン③の3LDKの間取り。
基本プランと違っているのは、リビングサイドの居室が和室ではなく、約4.6畳の洋室になっているところ。
「子ども2人分の勉強部屋と夫婦のための主寝室が欲しい」と考えている
部屋数重視のファミリーにオススメしたいプランです。

※図面をクリックすると拡大画像が確認できます。

リビングと洋室(3)の間は引き戸になっているため、『E-label』(えらべる)システムを利用して、
引き戸のデザインに遊び心を加えると、リビングの印象もガラリと変わりそうです。

201612--00000019
▲ちなみに、こちらはKタイプモデルルームの引き戸(有償)。
お洒落なフラワーモチーフのクリアガラスになっているので、戸を閉めても圧迫感がなく、
リビングがいっそう明るく華やかに感じられます。

※ル・サンク守口モデルルーム(Kタイプ)・・・・・・2017年1月撮影。

間取りのメニュープランの選択を含め、
E-label(えらべる)システムには期限あり!

いかがでしたか?
【ル・サンク守口】の豊富なメニュープランがおわかりいただけたでしょうか?

今回ご紹介したLタイプだけでも、メニュープランをあわせると全4種類。
全16タイプすべてのプランをチェックすると、64通りもの多彩な暮らし方が提案されていますから、
あなたがずっと探し続けていた間取りが見つかるかもしれません。

ただし、今回ご紹介した間取りのメニュープランを含めて、
『E-label(えらべる)』システムの無償対応には期限があります。

詳しくは【ル・サンク守口】マンションギャラリーで確認してみてくださいね!

201701-DSC09547
▲『守口市』駅前、京阪百貨店駐車場で後悔されている【ル・サンク守口】マンションギャラリー。
週末土・日は夜20時までナイター見学も可能です!

※ル・サンク守口マンションギャラリー外観・・・・・・2017年1月撮影。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

PAGE TOP